アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > やりがい十分!生産管理の仕事内容を紹介

やりがい十分!生産管理の仕事内容を紹介

  • シェア:

生産管理は製造業にとって不可欠なポジションであり、工場で働く人にとってもキャリアアップで目指す職種の1つです。しかし、実際にどのような仕事をするか分からない人も多いのではないのでしょうか。そんな生産管理の仕事内容や目指し方についてご紹介します。

製品の品質を管理する重要な職業

まずは生産管理の仕事内容や待遇について見ていきましょう。

生産管理の仕事内容

製品を作るときは、予定どおりに決められた量を完成させるのが原則です。そのためには原材料が滞りなく入荷し、工場が稼働して製品が出荷されなければいけません。

生産管理では、原材料の手配から製品の出荷までスケジュールを立て、進捗状況を逐一チェックするのが主な仕事内容です。その中には原材料の発注先や購入価格を決定したり、原材料や完成品の在庫を管理したり、生産工程を調整したり、品質をチェックしたりするなど、様々な業務があります。

すべてが予定どおりに進めば何も問題はありませんが、製造においては原材料が入荷しなかったり、工場が稼働しなかったりするなど、トラブルへとつながることもあります。たとえ生産過程に問題が無くても、製品を販売する営業側の都合で、生産を急がされたり、逆に減らすよう要請されたりする場合もあります。

そのたびに各担当者と話し合って調整するのも生産管理の仕事です。生産現場の監督ともいえるでしょう。製品の在庫は不足するのも多すぎるのも損失の原因となりますから、生産管理の責任は重大です。

近年はパソコン上で運用する生産管理システムもありますが、担当者の意向を汲み取って調節できるのは人間でなければできない仕事です。今後も製造業の重要なポジションとして重宝されるでしょう。

一般的な生産管理の待遇について

生産管理の勤務時間は会社の規模や工場の稼働状況などによって変わります。会社の規模が大きく、数人で業務を分担するのであれば、残業は少なく休みも暦どおりに取れるでしょう。

逆に会社の規模が小さくて、1人ですべての業務を受け持つのであれば、残業が多かったり、土曜日は出勤しなければいけなかったりするかもしれません。夜間も工場が稼働していれば、夜勤をする場合もあります。

それでも年間の休日は130日前後と、他の職種と比べて取りやすいほうだといえるかもしれません。

年収も会社によってまちまちで、正社員以外であれば200万円を下回るところもあります。一方、正社員であれば600万円を超えるところがあり、平均300万円台半ばくらいが1つの目安です。

生産管理にはどうやったらなれる?

次に、生産管理はどんな人が向いていて、どのようなスキルが必要なのか見てみましょう。

生産管理に向いている人

生産管理に向いているのは、コミュニケーション能力の高い人です。業務においては様々な担当者と接する機会が多いので、それぞれの担当者の間に入って調整役ができる人ほど活躍がしやすいでしょう。

生産管理の現場において、トラブルや予定変更などといったイレギュラーが発生することは珍しいことではありません。そんなときでも臨機応変に対応できる冷静さも求められます。生産のすべてを広い視野で捉えられる能力があれば、どこで調整すればいいか、すぐに判断できるでしょう。

一般的には、最初に工場や原材料の調達部門といった現場での仕事を経験してから、生産管理に配置するというキャリアパスが多いようです。未経験でいきなり生産管理を任されるのは、会社の規模が大きく、数人で業務を分担するところに限られるでしょう。そのようなところであれば、正社員以外の雇用も期待できます。

必要なスキル

先述のとおり、生産管理の現場では生産管理システムを導入している会社が多いため、ある程度のPCスキルを持っていることが望ましいです。資料の作成やデータの分析をするときもパソコンを使用するので、最低限のPCスキルは習得しておきましょう。

また、原材料の発注や在庫管理を行うときは、経理の知識も使えます。特に原価計算など工業簿記が範囲に含まれる簿記検定2級以上の能力を有していれば、より業務に役立てることができるでしょう。他にも、海外との取引がある会社の生産管理なら、語学力を磨くと働く上での可能性がさらに広がります。

もちろん関連部門と話し合う上で、業務に対する知識が無ければ意思の疎通ができません。だからこそ会社によっては、現場を経験させてから生産管理にしますが、すべての現場を経験するのは限度があります。独自に学ぼうとする意欲も持ちたいところです。

そんな生産管理の資格としては、「生産管理オペレーション」と「生産管理プランニング」があります。どちらも中央職業能力開発協会(JAVADA)による資格です。前者では生産の現場をまとめたり運用したりする能力、後者は生産を計画したり設計したりする能力が培われます。

3級と2級があり、1級は両方の分野が出題範囲です。試験はビジネス・キャリア検定の一環として、前期と後期の年2回実施されます。

両者については「中小企業診断士」という資格の学習範囲にも含まれているので、取得しておくと昇進や転職に役立つでしょう。経営のコンサルタントとしても活躍できます。

生産管理の求人を探そう

生産管理は工場勤務から目指すのが一般的です。では、未経験から目指す場合、求人はどのように探せばいいのでしょうか。

求人探しのコツ

生産管理は、製造業の職種であり、工場のあるところが主な勤務地となります。そのため、都心部など工場が少ないエリアに限定すると見つかりづらいかもしれません。

求人は全国各地でコンスタントに出ているので、やはり求人サイトを使って幅広く探すのが効率的です。求人サイトによって強みとする業種は異なりますから、製造業に強いところを利用すると良いでしょう。

先述のとおり、生産管理は会社の規模や人員配置によって、受け持つ業務の範囲や仕事量が異なります。どれくらいの仕事を任されるのか、業務内容や残業時間、休日の日数などを確認しましょう。

求人によっては、PCスキルさえあれば未経験可など、必要とされるスキルや経験が異なります。自分の経験を活かしたいのであれば、「生産管理+経験」といった具合にフリーワードで検索しましょう。年齢の上限が気になるときは「生産管理+年齢(または年代)」でも検索できます。

Workinでキーワード検索

Workinでもフリーワードで検索できる機能があり、そのエリアで生産管理の求人を探すのは難しくありません。見つからなければ、条件に合う求人が出たときに知らせてくれる「ありますよ!メール」という機能もあります。製造業に関するコラムも豊富なので、生産管理として働く上で役に立つでしょう。

まとめ

生産管理は製品を作る計画を立てて、予定どおりに納品できるよう、作業に関連するすべてを管理するのが、主な仕事内容です。そのため、幅広い知識とコミュニケーション能力を求められます。

工場で現場を経験してから配置されるだけでなく、会社によっては中途採用してくれるところもあるため、興味があるなら求人を探してみると良いでしょう

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop