沖縄県の掲載求人数32件、新着0

沖縄県の求人情報【2024年02月更新】

沖縄県のピックアップ

一生モノの技術を身に着けてしっかり稼ぐなら今がチャンス!
shopりらくる 首里石嶺店
charge/リラクゼーションセラピスト
place首里石嶺店りらくる首里石嶺店は県道241号線「石嶺」交差点から南に延びる大通り沿いに面した店舗です。周辺は閑静な住宅街となっており、落ち着いた環境の中で働いていただけます。また、「ゆいレール」が店舗前道路まで延長される予定となっており、交通アクセスも良好です。
access県道241号線「石嶺」交差点近く
pay平均月収33万円施術60分当たりの収入は、2,088~3,510円+個人指名料※個人指名料はお客様から指名を頂いた場合のみ発生【具体的には】週5日・1日9時間以上入店した場合の平均月収:33万円※2023年6~8月実績
セラピスト様の売上からシステム利用、店舗利用、保険など経費を差し引きお支払いします。
shopりらくる 北中城仲順店
charge/リラクゼーションセラピスト
place北中城仲順店りらくる北中城仲順店は、県道81号線沿いにあるお店です。周辺は閑静な住宅街で、落ち着いた環境で働くことができます。
access県道81号線沿い
pay平均月収33万円施術60分当たりの収入は、2,088~3,510円+個人指名料※個人指名料はお客様から指名を頂いた場合のみ発生【具体的には】週5日・1日9時間以上入店した場合の平均月収:33万円※2023年6~8月実績
もみほぐしの実務経験が250時間以上の経験者は、技術チェックの後システム等のレッスンだけで契約可!
shopりらくる 那覇店
charge/リラクゼーションセラピスト
place那覇店ゆいレール「古島」駅から徒歩17分のところにあります。途中、スーパーがあるのでお買い物に便利です。お店の周辺は閑静な住宅街なので、静かで働きやすい環境です。
accessゆいレール「古島」駅徒歩17分
pay平均月収33万円施術60分当たりの収入は、2,088~3,510円+個人指名料※個人指名料はお客様から指名を頂いた場合のみ発生【具体的には】週5日・1日9時間以上入店した場合の平均月収:33万円※2023年6~8月実績
pickupピックアップを見る

沖縄県のよく見られている求人情報

お気軽にご応募下さい!
shop沖縄第一交通株式会社
charge沖縄第一交通株式会社のタクシー乗務員
place 沖縄県那覇市字天久1190番地
accessゆいレール「県庁前駅」「美栄橋駅」よりバス
pay月給200000円~■正社員・嘱託社員・管理職候補■基本給+歩合給+各種手当(無事故手当、精勤手当、時間外手当、深夜手当)にて20万円以上可能
間接的ではありますが、私たちは少しでも患者様の力になりたい、元気づけたいと考えて仕事に取り組んでいます!
shop琉球大学医学部付属病院
charge手術等器材の洗浄滅菌業務
place 沖縄県中頭郡西原町上原207受動喫煙対策:敷地内禁煙
accessゆいレール 首里駅 バス 15 分ゆいレール 儀保駅 バス 30 分
pay時給870円~1110円13:00以降は時給1110円
shop幸せのパンケーキ ウミカジテラス沖縄店
chargeパンケーキカフェでのホールスタッフ
place901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174-6 ウミカジテラス 32受動喫煙対策:店内禁煙
accessゆいレール 赤嶺駅 車 10 分那覇空港から車で約15分 ※那覇空港・赤嶺駅から路線バスをご利用下さい
pay時給980円~※週3日+1日6時間以上…時給1,000円※週3日+1日6時間未満…時給980円
20代・30代・40代の男女活躍中!専門知識や経験は不要です!
shop株式会社エヌ・アイ・シー
charge補聴器の提案、販売/ヒアリングアドバイザー
place沖縄県沖縄市の担当エリアとして活動して頂きます。
pay月給235000円~月給23.5万円(一律固定手当含む)+歩合
お気軽にご応募下さい!
shop株式会社鏡原第一交通
charge株式会社鏡原第一交通のタクシードライバー
place 沖縄県那覇市識名三丁目6番17号
access沖縄都市モノレール線(ゆいレール)安里駅徒歩27分
pay月給180000円~210000円●正社員<給与例>月収17万~25万円以上可能(基本給+業績歩合+諸手当)那覇地区にて月収20万円以上は十分に可能。月収25万円以上の乗務社員も多数在籍!!諸手当:精勤手当・無事故手当・託児手当【未経験者】入社後は業務に必須となる2種免許の取得と自社研修を行って頂きます。2種免許取得期間+研修期間は日当5,000円支給。<35歳以下の方対象!>★35歳以下で未経験者は乗務後1年間月収18万円~21万円の給与保障制度あり★
20代・30代・40代の男女活躍中!専門知識や経験は不要です!
shop株式会社エヌ・アイ・シー
charge補聴器の提案、販売/ヒアリングアドバイザー
place沖縄県浦添市の担当エリアとして活動して頂きます。
pay月給235000円~月給23.5万円(一律固定手当含む)+歩合
publish求人掲載のお申し込みはこちら

沖縄県ってどんなところ?


他とは異なる独自の農業文化


沖縄県は日本の最南端に位置する都道府県です。1年を通して暖かい気候が続くため、沖縄県には、国内の他の都道府県とは異なる独自の農業文化があります。まず、沖縄県を代表する作物として、さとうきびが挙げられます。沖縄県農林水産部によれば、2012年のさとうきびの産出額は、県内農業産出額の16.6パーセントを占めるほどです。沖縄県は、「さとうきび増産プロジェクト」を発足し、さとうきびの生産拡大や品質向上に取り組んでいます。

沖縄県は、真冬でも最低気温が15度程度あるという温暖な気候を活かして、トロピカルフルーツの生産を行っています。2011年の農林水産省のデータによれば、国産マンゴーの48パーセントが、沖縄県で生産されています。また、パパイヤとシークヮーサーの生産量においても、全国1位のシェアを誇ります。国内の他の地域では栽培が難しい南国果物を生産できることは、沖縄県の大きな強みだといえるでしょう。これらのフルーツは、生のまま出荷されるほか、商品に加工して販売されています。国産果物を原料としたジュース、ドレッシング、菓子などは、全国的に高い商品価値があります。

気温の年較差が小さい沖縄県は、花の栽培にも最適です。沖縄県では、 切花や鉢花などの観賞用の植物である「花き」の生産も盛んで、全国で2位の生産量を誇ります。特に大きな生産シェアを持つのは、菊、洋蘭、切り葉などです。沖縄県では、品評会、展示会、フラワーアレンジメント教室などを開催して、花きの販売促進と生産拡大を目指しています。

アロエ、ウコン、グァバ、ボタンボウフウなどの植物は、薬用作物と呼ばれています。沖縄県では、このような薬用作物の生産も盛んです。例えば、名護市はウコンの産地として、与那国町はボタンボウフウの産地として知られています。これらの薬用作物は、サプリメントをはじめとする健康食品やお茶に加工され、消費者のもとに届きます。近年は、国民の健康意識が高まっているといわれています。国産の薬用作物に対する需要は、ますます高まっていくことでしょう。


意欲的に農業に取り組む農業者を支援


沖縄県は、1993年に「農業経営基盤強化促進法」を制定しました。それに合わせて生まれたのが、「認定農業者制度」です。これは、意欲的に農業に取り組んでいる農業者を認定して、様々なサポートをしていくというものです。この制度は、農業法人や専業農家だけでなく、兼業農家や、これから農業を始めようとしている新規就農希望者も対象となります。農業の裾野を広げることによって、県全体の農業が活発化していくと期待できます。認定農業者になるための道のりは、「農業経営改善計画」を作成することから始まります。現在の経営を見直し、5年後の目標を立て、それを達成するための改善策を示すことが求められます。農業経営改善計画を市町村に提出し、認められれば、認定農業者になることができるのです。認定農業者が受けられるサポートとして、低金利の融資、農地を有効活用するための対策、農業の担い手を確保するための支援などがあります。市町村、農業委員会、農業協同組合などを始めとする各関係機関・団体からのサポートを受けることによって、農業経営を持続・改善・拡大させることができるでしょう。

また、沖縄県は、バイオ燃料の活用を促進する事業も行っています。その主な取り組みは、沖縄県産のさとうきびを原料とするバイオエタノールを混合したガソリンを普及させることです。生物資源から生まれたバイオエネルギーは、温室効果ガスを削減する効果があるとして、近年高い注目を集めています。沖縄県では、既に、バイオエネルギーを用いたガソリンを供給するガソリンスタンドが登場しています。バイオエネルギーが普及していけば、沖縄産のさとうきびの需要はますます増えていくことでしょう。


情報通信産業特別地区を制定


近年、沖縄県では、情報通信関連産業が急速に発展しており、求人ニーズが高くなっています。県外からも積極的に企業を誘致することによって、大きな雇用を創出しているのです。沖縄県は、県内に情報通信産業を集積することを目指して、「情報通信産業特別地区」を制定しました。特別地区に立地し、制度の対象となる事業を行う企業は、税制上の優遇措置を受けることができます。具体的には、法人税の大幅な控除や、地方税の一部課税免除などがあります。対象地域は、那覇市、浦添市、うるま市、名護市、宜野座村の5エリアです。情報通信関連事業の内、特に大きく位置づけられる6つの事業が対象となっています。

情報通信産業特別地区よりも広範的な制度として、「情報通信産業振興地域」も制定されています。制度の対象となる事業とエリアが、特別地区に比べて幅広いのが特徴です。地域内の情報通信関連企業が設備投資を行う際には、投資税額の控除や地方税の一部課税免除などの優遇措置を受けることができます。このように、税制上の優遇措置を受けることができる沖縄では、情報通信関連事業を有利に進めることができ、雇用の創出につながっています。