アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > メンズのオフィスカジュアルってどんな服装?定番スタイルやおすすめ小物をご紹介

メンズのオフィスカジュアルってどんな服装?定番スタイルやおすすめ小物をご紹介

  • シェア:

クールビズやウォームビズ、働き方改革などが提唱され、働く男性を取り巻く環境は徐々に「そこで働く人がより働きやすい環境に」という方向性を目指す企業が増えてきました。

そんな中、定番になりつつあるのが「オフィスカジュアル」です。「オフィスだからフォーマルのはずなのに、カジュアル?どういうこと?」と服装に戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メンズのオフィスカジュアルの定番スタイルや、おすすめの小物についてご紹介します。

メンズのオフィスカジュアル 定番のパターン

メンズのオフィスカジュアルには定番のパターンがあります。そのスタイルを覚えておけば、いざというときにでも安心です。

シャツとパンツ

トップスはシャツやカットソーがおすすめで、シャツとカットソーはオフィスカジュアルの基本です。最近はオフィスカジュアルを意識した、お洒落かつきれいめのシャツやカットソーがたくさん販売されています。

オフィスカジュアルの時に悩むのが、シャツやカットソーの丈や裾でしょう。フォーマルの時はタックインがマナーですが、オフィスカジュアルの際にはタックアウトも可能です。

タックアウトしてもだらしなく見えない丈のものも販売されているので、デザインや色味と合わせてチェックしましょう。

ボトムスはスラックスかチノパンスタイルがおすすめです。「スラックスはフォーマル感が強いのでは?」と思うかもしれませんが、トップスがカジュアルならオフィスカジュアルが成り立ちます。

チノパンはベージュやブラウン、ネイビーやグレーなど色が派手すぎないものを選びましょう。オフィスカジュアルでは、とにかく清潔感を心がけることが大切です。

襟付きシャツ

襟付きのシャツもオフィスカジュアルに欠かせません。襟がついているだけでフォーマル感を演出できるため、襟付きのシャツ、ジャケットを着用していれば、中はTシャツでもOKというところもあります。

その場合は、裾の丈が長すぎなければタックアウトも可能です。ボトムスはスラックスかチノパンなど、清潔感や上品さをさりげなくアピールできるアイテムを着用しましょう。

メンズのオフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違い

メンズの服装にはオフィスカジュアルのほかにもビジネスカジュアルというワードで表されるスタイルがあり、両者の違いはその自由度にあります。

オフィスカジュアルは、仕事をする上で最低限の礼儀を備えた服装で、主に社内勤務や私服通勤などの基準にされる服装です。

一方で、ビジネスカジュアルは、社外の人と会う際に失礼のない礼儀を備えた、主に営業や顧客を訪問する際に着用される服装です。オフィスカジュアルよりもフォーマル寄りになります。

ビジネスカジュアルもジャケットを着用し、ボトムスにスラックスかチノパンを着用する点ではオフィスカジュアルと同じです。ただ、襟付きシャツはタックインするのがベターとされています。

基本的にはネクタイなしで可能という場合もありますが、太い顧客や重役を迎える際にはネクタイ着用を推奨するパターンもあります。

また、トップスのジャケットとボトムスの色味を上下で合わせる必要がないという点と、ネクタイをしなくても良いという点がフォーマルのスーツスタイルとの違いです。

ビジネスカジュアルの判断基準は、来客対応にふさわしい身なりかどうかという点です。内勤が多い職種の人は、オフィスカジュアルでも問題はなさそうですね。

メンズのオフィスカジュアルに使える小物

メンズのオフィスカジュアルには、オフィスに映える小物選びも重要です。ここではオフィスカジュアルに取り入れたい小物についてご紹介します。

ベルト

タックアウトの場合は気にならないかもしれませんが、もし好みでタックインする場合はベルト選びが重要です。

ベルトは柄物やブランドのロゴマークが入った華美な物は避け、スーツスタイルの時に使用するベーシックな物を選びましょう。ナイロン素材の製品はカジュアルすぎるので避けるのがベターです。

靴は革素材がベストです。スニーカーなどを許可している企業もありますが、服装がカジュアルなので、足元までカジュアルにしてしまうと引き締まりません。なるべくなら避けるのが無難です。

また、華美な印象を与えてしまうので、ブランドのロゴが外から見てわかるところに入っているアイテムは避けたいですね。オフィスカジュアルにはシンプルな革靴が最適です。

ネクタイ

ネクタイは、スーツスタイルで使用するものをベースにすると良いでしょう。冬場などは、ニット素材のものなどを使って、季節感や個性を出すのもおすすめです。

また、こちらもベルトや靴と同じく、ブランドのロゴが大きくわかるものは避けましょう。ネクタイは目立つので、なるべくシンプルなデザインがおすすめです。

カバン

カジュアルとはいえ、バックパックなどのカジュアルすぎるものは避けましょう。上品さを意識した素材やデザインのものを選ぶと良いですよ。

PCを入れるなどで使用する場合は、サイズ感についても確認が必要です。大きすぎるものは服装とのバランスがとりにくいので、荷物を2つに分けてサブバッグを使うのがスマートでしょう。

また、バッグは長く愛用することを考えて、丈夫なものを選びましょう。丈夫で良質なものなら、カジュアルでも上品に見せてくれるアイテムがたくさんあります。

就職・転職活動の情報収集&求人検索はWorkin!

オフィスでの服装選びに迷ったら、就職・転職活動に役立つサイトWorkin をご覧ください。ビジネスにまつわるファッションから、就職、転職活動に役立つ情報や求人を多数掲載しています。

なるべくスーツは着たくない、自由な服装で働きたいなど、勤務時の服装が気になる場合は、「服装自由」などのこだわり条件で求人検索をすることも可能です。

最近のオフィスの服装情報や、オフィスカジュアルが認められる職場の検索まで、一気にみつけることができるので、転職や就職を考えている人にぴったりです。ぜひ一度弊社サイトをご覧ください。

まとめ

さて今回はメンズのオフィスカジュアルについてご紹介しました。オフィスカジュアルには一般的な基本の形があるものの、ネクタイの着用を義務付ける、スニーカーやサンダルでもOKとするなど、企業によって基準が様々です。

就職や転職活動の際には、オフィスカジュアルでもOKかどうか、OKならば、どこまでの範囲が許されるのかをきちんと確認しておきましょう。

また、そんな最近の就職・転職情報を探すならWorkinをご活用ください!転職者に耳寄りな情報やトレンドをたくさん紹介しています。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop