アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > ニートをやめて仕事を探したい!おすすめの職種や空白期間の説明方法

ニートをやめて仕事を探したい!おすすめの職種や空白期間の説明方法

  • シェア:

「ニートから脱却したい」と考えているものの、職歴やスキルに自信を持てず、仕事探しに不安を感じている人はいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ニートをやめて就職したい人に向けて、「仕事探しのコツ」や「空白期間の印象を悪くしない質問の答え方」を紹介していきます。

ニートが仕事を探すときのコツ5つ!

長らく就職活動をお休みしていた場合、「どこに応募すれば良いかわからない」「進め方がわからない」と悩むことも多いでしょう。まずは、仕事を探す5つのコツを紹介していきます。

早めに仕事探しをスタートする

無職の期間が長いと職歴に空白が生まれてしまい、選考で不利になることがあります。そのため、仕事探しは早めに行動しましょう。年齢が20代であれば、選べる仕事の範囲は広く、将来性を見込んで採用される可能性が高くなります。

未経験者歓迎の仕事に応募する

未経験者歓迎の仕事は育成に力を入れているため、研修やマニュアル、サポート体制が充実していることが多いです。そのため、専門的な知識やスキルを重視していないこともあります。

また、未経験者歓迎で求人を出している企業は、人手不足に悩んでいる傾向にあります。窓口を広げて応募者数を増やしているだけの場合や、未経験でも覚えやすい仕事を用意していたりなどと、企業によってスタンスが違います。

まずは未経験歓迎の仕事を中心に探してみるのもおすすめです。

バイトや派遣から始めてみる

いきなり正社員として働くのが不安な場合、まずはバイトや派遣から始めてみると良いでしょう。
バイトであれば週3日など、自分のペースに合わせてシフトを組めることがあります。

また、責任が大きくない業務を割り当てられることも多いので、ストレスを感じにくいでしょう

条件にこだわりすぎない

仕事内容や勤務地、休日、残業時間など希望条件は多くあると思いますが、すべてを叶えられる仕事を見つけるのは難しいかもしれません。そのため、自分の希望条件にこだわりすぎないようにしましょう

譲れない条件に優先順位をつけて、順位の低いものはある程度妥協することも大切です。

ニートに向いている仕事とは?

無職の期間が長くても働きやすい仕事を紹介していきます。自分の強みを活かせる仕事か確認しましょう。

工場や倉庫の作業員

工場や倉庫の作業員は、ラインに入り決められた仕事を行うことが基本です。単純作業が多く、人とのコミュニケーションが少ないため、淡々と仕事に向き合うことができます。

複雑ではなく、マニュアルとおりに仕事を進めていきたい人には相性が良い仕事です。

清掃スタッフ

清掃スタッフはお客様との会話などもなく、決められたエリアを掃除することが仕事です。はじめは研修や、慣れるために複数作業がありますが、慣れてくると一人で自由に仕事を進められます

ある程度自由に仕事を進めたい人や、人間関係に不安のある人は清掃スタッフも検討してみましょう。

配達スタッフ

配達スタッフは、荷物を受け渡すとき以外に他人と関わることは多くありません。「ゆくゆくは多くの人と仕事したいが、まだ自信がない…」という人は、キャリアの一歩として適した仕事と感じるでしょう。

警備員

警備員は人手が足りておらず、多くの企業が求人を出しています。比較的内定を獲得できる可能性は高いといえるでしょう。また、複雑な業務内容が少ないことからも、まずは簡単な仕事から始めたい人におすすめです。

電気やガスの検針員

検針員は最初に流れや基本的なことを覚えた後は、ルーティンワークがメインです。決められたルートを一人で回るため、必要以上に人と関わることなく仕事を進められます

また検針以外の業務を振られることも少ないため、仕事の責任があまり大きくない点もニートにおすすめの仕事といえます。

介護スタッフ

人と関わることが苦手でなければ、介護スタッフの仕事もおすすめです。

介護スタッフは資格がなくても働けるポジションがあるため、スキルや実務経験に自信がなくても挑戦しやすい仕事です。事業所によっては会社負担で資格取得の勉強もできます。

今後のことを考えてスキルアップを意識している人は、研修制度の整っている事業所を選ぶと良いでしょう。

プログラマー

業務の多くをパソコンと向き合うプログラマーは、他人との関わりが少ない仕事です。納期を守ればある程度自由に仕事ができます。

IT市場の拡大にともないプログラマーの需要は上がっているため、長く続けられる可能性の高い仕事です。スキルを身に付ければ、ステップアップも狙えるでしょう。

面接でニートの空白期間はどう説明したら良い?

ニートから就職活動をする際、「面接で空白期間について聞かれたらどうしよう」と不安に感じる人も多いでしょう。説明をする際は嘘をつかず正直に話すことが大切です。

空白期間を説明する際は、以下のポイントに気をつけて答えるようにしましょう。

・空白期間になにを学んだのか
・学んだ結果今後どうしていきたいのか

空白期間はなにも学んでないと説明すると、担当者に悪い印象を与えてしまいます。自分の時間を取れたからこその学びや発見をしっかりと面接の際に伝えましょう

空白期間での学びは資格や試験の勉強だけではありません。「家族のありがたみをあらためて感じた」「一所懸命に働いている友人を見て自分も頑張りたいと思った」といったことも十分に学びといえるでしょう。

次に学んだ結果、今後どうなりたいのか具体的なビジョンを固めましょう。空白期間が自分の将来を考えるきっかけになったことを伝えることで、担当者にも納得してもらいやすくなるでしょう。

まとめ

ニートから仕事をはじめるときに、空白期間が不安な人も多いでしょう。しかし、空白期間に学んだことを今後にどう活かしていくかを説明することで、働く意欲を伝えられます。

これから働きたい人は、ニートからはじめやすい仕事を把握したうえで、自分に合う職場を見つけてください。

Workinなら、あらゆる条件で絞って求人を検索することが可能です。「シフトを選べる」「短時間勤務可能」「駅近」など選べば、自分の希望条件やライフスタイルに合った仕事を見つけることができるでしょう。仕事探しにぜひ活用してみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2022 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop