アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 医療事務の仕事内容とは?役割や覚えること、大変さ、やりがいを解説

医療事務の仕事内容とは?役割や覚えること、大変さ、やりがいを解説

  • シェア:

就活をしている人は「医療事務」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。新卒だけでなく中途採用でも募集されるので、時期を問わず目にする職種の一つです。一般事務とは分けられていますが、その業務内容はどのようなものなのでしょうか。詳しく紹介していきます。

1. 医療事務の仕事の内容とは?

医療事務は、病院やクリニックでの医療関係の経理、事務処理を行う仕事です。「一般事務」とは分けて考えられていることがほとんどです。医療に関する専門知識が必要ですが、応募する際には必ずしも医療の知識が必要なわけではありません。

勤務先の医療機関では、以下のような業務を担当します。

レセプト作成業務

医療事務の仕事の中で最も重要な仕事がこの「レセプト作成」です。レセプトとは「診療報酬明細書」のこと。病院では医療保険制度に従って医療費を計算し、患者様の負担割合に従って診療費を支払ってもらい、残りを保険者(健康保険組合、国の担当機関)に請求します。その際に提出する明細書をレセプトと言い、保険者への請求のことをレセプト業務と言います。

レセプト作成の際はカルテを見ながらデータを入力するので、その内容を理解する知識が必要です。医師が作成したカルテを理解する力は、医療事務の専門性と言ってよいでしょう。

受付業務

事務の仕事は一日中パソコンを使用しているイメージが強いですが、データ入力やレセプト作成だけが医療事務の仕事ではありません。実は病院の受付を行っているのも医療事務の人たちです。

主な受付業務は診察券と保険証の確認、次回診療日の予約などです。薬の処方箋を渡したり、医療費を受け取って計算したりするのも医療事務担当者が行っています。

また、大きな病院では入院前の説明や手続きなども業務範囲になることがあり、「入院説明担当」「病棟担当」といった具合に担当業務が分かれていることが多いようです。

こうしてみると医療事務の仕事内容は決して狭くありません。病院の大きさによって業務範囲が大きく異なるのも医療事務の特徴と言えます。

2. 医療事務の仕事で大変なことは?

医療事務で大変なところは、やはり専門知識が必要なところです。専門知識や資格を持っていなくても仕事は始められますが、最初のうちはカルテの意味を一から教わらなければならず、それは決して楽なことではないでしょう。

どんな仕事でも仕事を覚えるうちはつらいものですが、医療事務に関してはその内容が専門的なため、ふれたことのない人は覚えるのに苦労するかもしれません。積極的に覚えようとする姿勢がとても大切です。

また、前述したように医療事務はパソコンだけに向かう仕事ではありません。患者様に説明したり聞かれたことに答えたり、さまざまなコミュニケーションが必要になります。そのため患者さんと意思疎通できる程度のコミュニケーション能力は必要です。

医療事務の人が接する患者様は何かしらの病気を抱えているので、通常のコミュニケーションがとれる状態とは限りません。少し体が弱っている方に接するわけですから、ゆっくりした口調で説明したり、車いすを押してあげたり、「お大事に」と声をかけてあげたりするなど、医療事務ならではの配慮やコミュニケーションのとり方を意識する必要があります。

3. 仕事のやりがいや喜び

医療事務のやりがいは、なんといっても医療に関する専門知識を身につけられることではないでしょうか。最初は知識がなくても働きながら資格取得が可能ですから、スキルアップできているという実感も得やすいでしょう。

また、医療事務の専門知識はどこのに医療機関に行っても使える知識ですので、結婚・出産でその職場を離れたとしても、次の職場を見つけやすく社会復帰しやすいというメリットもあります。経験を積んで収入アップする、という経済面でのやりがいも得ることができます。

また、初めて入院する方や不安を抱える患者様に接することで、「役に立てている」という実感を持ちやすいのも喜びの一つです。医療事務に任される仕事内容は幅が広いので、さまざまな業務スキルを磨けるのもやりがいにつながります。

4. 医療事務の仕事の一日の流れ

ここでは、医療事務の仕事の流れとタイムスケジュールの例をご紹介します。

ある医療事務の一日

8:30 業務開始
受付・問診・患者様への説明・診療介助などを行う。
この合間にレセプト業務を行うことも。

13:00 昼休み
病院内外でお昼ご飯を食べ、休憩する

14:30 午後の業務開始
午前中と同じ業務。
合間にレセプト業務を行うことも。

18:00 診療終了
診療所内の清掃、ミーティング。
場合によってはレセプト業務の続きなど。
おおよそ18:30ぐらいが終業目安

正社員の場合、出社時間はその病院やクリニックの受付開始時間に準じます。一般的には8:00~8:30ごろが業務開始時間です。

業務開始後はクリニック内の清掃や受付準備を済ませます。診療開始後は受付と、初診の患者様には問診票作成、会計といった作業を行います。ひとりひとりの患者様に対して受付・問診票作成・会計の一連の流れがあり、基本的にはその繰り返しです。

午後も同じように診療時間中は患者様の受付、問診票作成、会計という一連の流れを行います。大きな総合病院も小さなクリニックも、午後の診療が終わる17:00~18:00ぐらいまでこの業務を担当します。

この他に重要な業務として担当するのがレセプト業務です。

診療費用は「診療報酬点数表」を元に計算され、患者様と保険者それぞれに請求を行います。保険者(健康保険組合、もしくは国の担当機関)に請求する際に作成するのがレセプトです。これらは患者様への請求とは別に毎月の締め切りに合わせ、業務の合間もしくは午後の診療終了後に行います。

多くの場合はレセプトコンピューターと呼ばれる機械で作成するため、紙で計算していた時と比べて効率的です。大幅に残業することはまれですが、このレセプト業務は病院の報酬に関わる業務ですから、慎重さが必要であり、片手間ではできません。それだけ重みのある業務と言えるでしょう。

まとめ

医療事務の仕事は専門性がありますが、その分やりがいや喜びを感じられる仕事でもあります。仕事内容に興味を持った方は、気になる求人にぜひ応募してみましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop