アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 初めて派遣としての働き方を検討している方へ。派遣の種類や働き方について

初めて派遣としての働き方を検討している方へ。派遣の種類や働き方について

タグ:
  • シェア:

求人をチェックしてみると、派遣という雇用形態で高時給の求人がよく見つかるでしょう。バイトやパートよりも時給が高いため魅力的に感じられる一方で、派遣の働き方についてよく分からずに、不安を感じる人も多いのではないでしょうか。
派遣は、直接雇用と比べると、雇用関係が複雑になります。派遣の求人に応募する際には、派遣の種類や働き方について一通り知っておくのが無難でしょう。ここでは派遣の種類や特徴、働き方について詳しく説明していきます。

派遣社員の種類

派遣社員には、一般派遣と紹介予定派遣、特定派遣の3種類があります。それぞれの派遣の特徴を理解して、自分に合った働き方を選ぶようにしましょう。

一般派遣

一般派遣は「登録型派遣」とも呼ばれていて、最もメジャーな派遣の形です。
まず、派遣会社に登録。そして派遣会社から派遣先会社を紹介してもらい、気に入った会社があれば、その派遣先会社と雇用契約を結んで「派遣社員」として派遣先会社で働けます。

雇用契約を結ぶときに雇用期間が決まってしまうので、派遣契約で決められた期間しか働くことはできません。

そのため雇用期間が短かったり、雇用が不安定になったりする場合があります。また、雇用期間が切れてしまったら、すぐに次の派遣先会社を探さなければいけません。

雇用期間が短く、そのせいで雇用が不安定に感じてしまう場合もありますが、雇用期間以外のときは正社員や派遣以外の仕事が探しやすくなります。そのため、正規雇用のつなぎとして、利用するのも良いでしょう。

自分がやりたい仕事や就業時間にこだわりを持ち、ライフスタイルを優先して自分の好きなように働きたい人に向いている働き方といえます。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、派遣先会社に直接雇用されることを前提とした働き方です。
決められた期間を派遣先会社で働いて、契約期間が終了したあと、派遣先会社と派遣社員の間に合意があれば正社員や契約社員として雇用されます。

派遣先会社と派遣社員が合意し、直接雇用が決まった場合、新たに派遣先会社と契約を結ぶことになります。紹介予定派遣をすれば、必ず直接雇用されるとは限りません。

実際に会社で働いてから契約を結ぶことになるので、自分に合った職種や長く続けられる仕事が見つけやすくなるでしょう。会社としてもミスマッチが生じにくく、派遣先会社にも派遣社員にもお互いにメリットが大きい働き方です。

そのようなメリットから、安定した収入を目指す人に向いています。そのため、応募が殺到して競争率が激しく、派遣よりも給料が下がってしまう可能性があります。
その代わり、派遣先会社に直接雇用されて契約社員になれれば、給料や交通費、ボーナスが期待できるでしょう。

特定派遣

特定派遣は「常用型派遣」とも呼ばれ、派遣会社の社員として派遣先会社で働きます。「一般派遣」との大きな違いは、派遣先会社での仕事が終了しても、派遣先会社との雇用はなくなりません。

そのため、すぐに新たな派遣先が見つからず仕事がない状態でも、派遣会社から給料がもらえる仕組みになっています。

一般派遣のように「雇用期間が終わってしまったら、すぐに次の派遣先会社を探さなければならない」といった不安がないので、安定性が高い働き方といえるでしょう。

派遣会社の社員として雇用されているため、福利厚生も安定して受けられます。他にも、交通費やボーナス、昇給なども期待できますよ。

常用型派遣という働き方は、専門知識が必要とされる職種に多く見られます。
開発部門や情報技術、人事、経理事務のプロを新たに雇用して、専門性を強化させたいときに有効といえるでしょう。

最近では、介護や福祉の専門知識、経験を期待して、この働き方を取り入れる会社も多いです。

自分が持っているスキルを最大に活かして働いたり、さまざまな会社で働いてみたりしたい人に向いているでしょう。
ただ、勤務地や就業時間を選ぶことができないことが多いです。正社員並みの待遇になるので、会社によっては派遣より給料が低くなる可能性もあります。

派遣労働の基本を説明

では、派遣の特徴や仕組みについて、詳しく見ていきましょう。

そもそも派遣とは

派遣社員とは、派遣会社と契約を結んで、派遣先会社で働く労働者のことです。そのため、雇用契約を結ぶ、給料をもらう、福利厚生を受けるのは「派遣会社から」となります。

正社員やバイト、パートは直接雇用なので、契約を結ぶ、給料をもらう、毎日の業務指示などは、会社から直接受けます。
しかし、派遣社員の場合は、働く場所や毎日の業務指示を受けるのは「派遣先会社から」です。

直接雇用である「契約社員」の場合、月給制で、交通費やボーナスがもらえる可能性が高いでしょう。しかし、派遣社員の場合は、時給制となり、交通費やボーナスも出ないことが多いです。

また、派遣社員と契約社員には、雇用期間にも違いがあります。派遣社員の場合は、最長3年までしか同じ会社(部署)にいることはできませんが、契約社員の場合は、最長5年まで同じ会社で働くことができます。

人材を派遣する仕組み

派遣会社は、派遣先会社と契約を結び、派遣先会社に人材を派遣することで報酬を得ています。
そして、その報酬の中から派遣社員に報酬を支払い、一部は派遣会社のマージンになります。契約期間終了までは、雇用契約を結ぶときに決めた固定条件で働かなくてはいけません。

派遣で働くときのメリットとデメリット

派遣で働く場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

派遣のメリット

派遣で働く場合には、正社員と比べて職種や仕事内容などの自由度が高いのが大きなメリットです。正社員の場合には、人事異動などもあり、やりたい仕事だけというわけにはいきません。これに対して派遣なら希望する職種のみを紹介してもらうことができます。

特定の仕事だけに特化して極めるのもいいでしょう。逆にさまざまな仕事を少しずつ経験するのもありです。経験する仕事の種類が多ければ、それだけ社会人としての経験も積めるでしょう。実際に経験しながら自分に合った仕事を模索できます。

また、派遣先でトラブルになったときなどには、派遣会社がフォローしてくれるのも、派遣として働くメリットです。
自分では言いづらい要求なども、派遣会社を通じて言ってもらえることがあります。仕事上の悩みなどを派遣会社に相談できるというのは、働く側としては安心感につながる要素だといえるでしょう。

派遣のデメリット

派遣会社では常にどんな職種でも紹介できるわけではありません。希望する内容の仕事がすぐには見つからないこともあります。
特定の仕事だけやりたい場合には、見つからずに待っていなければならないことも多いです。すぐに働きたい場合には、自分の希望とは違う仕事を紹介してもらうことになります。

また、待遇面では正社員と比べて劣ることが多いです。派遣は一般的に時給が高めですが、ほとんどの派遣会社では、ボーナスや退職金がありません。ボーナスを含めた年収で考えると、正社員よりも少なくなってしまいます。
昇給もないため、長く働く場合には正社員と差がより顕著に感じられます。

そして派遣で働く場合に避けて通れないのは、契約期間の満了です。すぐに次の派遣先が見つかればいいですが、ブランクが開いてしまうこともあります。その間は収入も絶たれてしまうのが大きなデメリットです。

派遣会社の選び方

派遣で働きたい場合には、派遣会社選びが重要です。では、どのようにして派遣会社や派遣求人を探せばいいのか見ていきましょう。

希望する働き方ができるか確認する

派遣の最大のメリットと言えば、自分がやりたい職種や自分に合った仕事が見つけやすいことでしょう。

仕事を探し始めても、その派遣会社に希望する職種や求人案件がなければ、やりたい仕事に就くことができません。派遣会社によって扱っている職種や、仕事内容も変わってくるので、まずはその派遣会社で希望する働き方ができるかを確認します。

人によっては、勤務地や給与面、残業の有無なども気になるでしょう。特定の職種に特化した派遣会社もあるので、いくつかの派遣会社をあたってみるのもおすすめです。

福祉やサポート体制も確認する

派遣会社の担当者やスタッフの態度、言葉使いが丁寧か、気持ち良く相談にのってくれるかなども、前もってチェックしてみましょう。

仕事に就いてから悩みやトラブルが発生したときに、派遣会社がきちんと対応してくれるか、担当者が相談にのってくれるかなども重要なポイントといえます。

また、派遣でも大切にしてくれる会社が理想的です。派遣会社の福利厚生がしっかりしているかも、あわせて確認しておきましょう。

研修や資格取得などのサポート体制が充実している派遣会社もあります。このようなサポート体制がある会社のほうが、スキルアップのチャンスが広がり、やりたい仕事に就ける可能性も高くなります。

大手企業が安心

派遣会社を選ぶときは、大手の派遣会社が安心です。
大手の派遣会社が安心である理由は、さまざまな職種を扱っており、また求人数が圧倒的に多いことが挙げられます。
ほかにも、経営基盤がしっかりしていて、福利厚生についても安心できるでしょう。

初めて派遣会社に登録する人や、派遣会社に登録をしているけど仕事が見つからない人には、とくにおすすめです。

いくつかの派遣会社に登録をするなら、1社は大手の派遣会社を選んで、登録するようにすると良いでしょう。

Workinを使って派遣求人を探す

派遣会社では、求人サイトに派遣求人を掲載しています。そのため、求人サイトを利用して派遣会社で紹介している求人案件をチェックしてみるのもいいでしょう。

また、Workinでは雇用形態を指定して求人案件を検索できます。
その中には「派遣」という項目もあるので、派遣求人のみを探すのであれば、より効率的な仕事探しを行うことができるでしょう。

さらにWorkinには派遣に関するコラムを多く掲載しています。
初めて派遣で働こうとしている人は、派遣に関して分からないことが多いでしょう。派遣の種類や働くうえでのポイントなど、Workinではさまざまなコラムが充実していますので、応募する際にはぜひ目を通してみてください。

まとめ

派遣という働き方は、やりたい仕事に就きやすく時給も高めです。キャリアアップを図りたい人にもおすすめできます。
有期雇用であることや、正社員と比べて待遇が劣るなどのデメリットもありますが、パートやバイトと比べると有利な面も多いです。特にフリーターの人が仕事探しをする際には、派遣も視野に入れて検討してみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop