佐賀県の掲載求人数147件、新着145

佐賀県の求人情報【2024年02月更新】

佐賀県の新着求人

publish求人掲載のお申し込みはこちら

佐賀県ってどんなところ?


温暖な気候を活かした農業と漁業


佐賀県は、九州地方に属している地域です。年間の平均気温は16度前後で、温暖な気候が特徴です。そのため、県の全域で農業が行われています。佐賀県の南部地域は、筑紫平野を構成しているため、肥沃な大地に恵まれています。そのため、穀類の生産が盛んな地域となっています。北部地域は、脊振山麓や天山や筑紫山脈といった山々がそびえる地域で、丘陵地を利用したみかんなどの果樹栽培や稲作、野菜の生産が行われています。長崎県境にまたがる地域は、多良岳から麓にかけて形成されている扇状地が発達しており、ゆるやかな傾斜地を利用したみかん栽培が盛んです。このように、佐賀県では、地域の自然環境や特性を利用した土地利用型農業が行われており、県の産業の基盤となっています。

また、佐賀県の北側は玄界灘に、南側は有明海に面しているため、漁業も重要な産業の一つです。玄界灘での漁業は、イカやマダイ、アジ、サバの網漁業や漁船漁業、そして、ハマチやマダイ、真珠の養殖が中心です。特に、佐賀県近海で採れるイカは、鮮度が良く柔らかくて美味しいことで知られており、近年では全国的に有名になっています。また、佐賀県は真珠の生産量が全国でもトップクラスです。有明海では、海苔の生産が特に有名です。有明海は干満の差が大きいため、ミネラル豊富で旨味の凝縮された海苔が作られるのです。また、佐賀県では、美味しい海苔の生産力を向上させるための取り組みとして、県の水産振興センターが講習会を行い、その年の海の状態や気候を元に最適な海苔づくりの行い方を広めています。また、ホームページで塩分濃度や水温などの情報を?日更新しており、品質維持に努めています。このようなたゆまぬ努力と管理によって有明海産の海苔は、佐賀県の特産品の1つとなっています。

このように、佐賀県では農水産業が活発に行われています。また、採れた野菜や果実、海産物を使った加工品の生産・販売などにも力を注いでいます。このほかにも、佐賀県では焼き物の生産が産業の一つとなっています。伊万里市や有田市では、昔から焼き物の生産が行われており、現在でもその伝統が受け継がれています。こういった物は、お土産としても観光客から大きな需要があり、地域興しの1つとしてさらなる活性化が促されています。


六次産業化プロジェクト


佐賀県では、肥沃な大地と豊かな海の恵みを利用した農業や漁業などの第一次産業が盛んです。近年では、さらなる活性化のために、六次産業化が県の政策として推進されています。六次産業化とは、一次産業、二次産業、三次産業を一体化させることで、全産業における生産額を底上げ、それぞれの従事者所得を増大させようという試みです。

県内で生産された農水産物を素材として製品加工、流通販売を行うことによって各産業の連帯化、一体化を図るのが目的となっています。このプロジェクトを推進するために、県では相談窓口としてサポートセンターの設置や、研修会や交流会の実施を行っています。六次産業化という試みによって、佐賀県の産業・雇用には今後ますますの発展が期待されています。


全国トップレベルの優遇制度


佐賀県は、農林水産業が盛んな県ですが、近年では、企業誘致政策も活発に行われています。佐賀県は、九州の主要な高速道路である九州自動車道と長崎・大分自動車道がクロスする中核地点です。また、佐賀県都福岡市を結ぶ西九州自動車道も現在建設中で、今後さらに交通要所として発展していくことが予想できます。

また、中国や韓国などアジア圏へのアクセスも良好です。港湾や空港も近いため、物流の面、営業の面において利便性と有益性が高い地域として、注目されています。また、佐賀県は、日本で最も地震が少ない県だといわれています。近い将来発生するとされている南海トラフ地震の被害予測においても、佐賀県には唯一具体的な被害予測が出ていないのです。そのため、将来の危機管理がしやすく、安心してビジネスを始められる地域だと言えます。
現在、県内には多くの工業地帯があり、開発・分譲が進められています。新産業集積エリアとしては、唐津市や有田市、鳥栖市などがあり、他にも佐賀市や小城市、鹿嶋市、多久市、伊万里市などに工業地帯が点在しています。こういったエリアでは、企業誘致が推進されており、様々な優遇制度や助成制度が整備されています。

優遇制度としては、製造業を対象とした企業理補助金制度やビジネス支援サービス産業立地促進補助金制度や試験・研究施設を対象とする補助制度などがあります。県と市長が連携して一体的な誘致支援策を展開している地域もたくさんあります。法人税の減税や不動産取得税の免除、固定資産税の減免などが行われています。この他にも、工業団地のリース制度の実施や、県のスタッフが立地企業に対して永続的なフォローアップを行うサービスなど、企業ニーズに応える制度の新設も検討されています。

佐賀県で実施されている優遇制度の充実ぶりは、全国でもトップレベルです。今後ますます、多くの企業が佐賀県内に営業所や工場を持つようになることが予想できます。そして、企業誘致政策による産業の振興が、地域経済の活性化や雇用の促進をもたらすと期待されています。