アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 介護における生活相談員の役割と仕事内容

介護における生活相談員の役割と仕事内容

  • シェア:

介護職員としてやりがいを感じつつも、体力面などの不安から、いつかはデスクワーク中心の相談員にキャリアアップしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

介護における生活相談員とは一体どのような仕事なのでしょうか。

今回は、生活相談員の仕事内容や、生活相談員になるために必要な資格などについてお話します。

総合的な介護サービスを管理!生活相談員の仕事とは

介護職員からステップアップしたい職業として人気が高い生活相談員ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。

ここでは、生活相談員の仕事について詳しくご説明していきます。

介護の連絡窓口

施設の相談窓口として、施設利用者やその家族からの相談にのり、さまざまな問題を解決したり、各種手続きを行ったりしています。

そのほかにも、施設の顔として医療施設や公的施設などとの連絡や調整を行うなど、生活相談員は施設の顔的存在なのです。

また、施設利用者一人ひとりにあったサービス計画を立てたり、苦情処理を行ったりと、さまざまな業務を行っています。

このように、生活相談員は、施設の介護サービス向上には欠かせない重要な職業といえます。

活躍できる職場

特別養護老人ホーム、老人保健施設、有料老人ホーム、病院、デイサービスなど、生活相談員として働ける施設は多数あります。

特別養護老人ホームでは「入所者100人に対して生活相談員1人を配置」、デイサービスでは「サービス提供時間を通して生活相談員1人以上配置」など、それぞれの施設で配置人員が決められています。

介護業界は人手不足なので、これからますます生活相談員の需要は増えるでしょう。

生活相談員の役割と適性

施設の相談窓口として、相談業務や調整役を行っている生活相談員ですが、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。

また、生活相談員に向いている人はどんな人なのかについても、詳しく解説します。

具体的な仕事内容

生活相談員が行っている具体的な仕事内容には、次のようなものがあります。

・施設、家族、要介護者、医療機関、公的施設との連絡や調整
・入所施設の入退所手続き業務
・居宅サービス(通所、短期入所など)の個別援助計画などの書類作成

施設によっては、施設の運営に関わることもあり、生活相談員の業務内容は多岐に渡ります。

施設の規模によっても行っている業務は異なり、小規模の施設ではケアマネジャーを兼務している場合もあります。

生活相談員は施設を利用する人にとって、さまざまな相談にのってもらい、問題を解決のために関係各所に働きかけてくれる介護サービスのスペシャリストのような存在です。

常にさまざまな相談事が持ち込まれ、状況に合わせて対処する必要のある非常に大変な仕事ではありますが、施設利用者やその家族などから感謝されることが多いので、とてもやりがいを持って働くことができるでしょう。

向いている人

生活相談員に向いている人は、人の話をしっかりと聞くことができて、マネジメント能力がある人です。

生活相談員は、施設利用者やその家族の相談を聞いて、その問題を解決するために行動していかなければなりません。そのために、さまざまな関係機関との調整やスタッフとの連携など、多くの人との付き合いがあります。

人とコミュニケーションを取るのが苦ではなく、問題を解決するために積極的に行動ができる人にはぴったりの仕事といえるでしょう。

また、介護や福祉業界に対して高い志のある人も生活相談員に向いているといえます。なぜなら、現場の業務にも責任を持って取り組める人は、介護を受ける側とする側の両方の気持ちを理解した対応ができるため、生活相談員としての仕事に良い影響を与えるからです。

ちなみに、デスクワークが苦手な方は生活相談員の仕事に向かないでしょう。書類を作成したり、利用者のサービス計画を立てたりと、生活相談員の仕事はデスクワークがメインの仕事です。

もちろん、人と関わることが苦手な人も、生活相談員の仕事には向いていないでしょう。

その他、福祉や介護における適性ややりがいなどについては、Workinにてコラムがありますので、ぜひ参考にしてみてください。さまざまな仕事に関するお役立ち情報もありますよ。

Workinの大人気コラム「お仕事探しマニュアル」はこちらからどうぞ。
(https://workin.jp/work/)

生活相談員に求められる資格

生活相談員に向いている人は、人の話を聞いて問題を解決するために行動できる人とご説明しましたが、それでは、生活相談員になるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。

実は、「この資格を取ったら必ず生活相談員になれる!」という資格はありません。

ですが、生活相談員になるために取得しなければならない資格はあります。後ほどご説明しますが、国や地方自治体によって定めているいずれかの資格を取得しなければ、生活相談員にはなれません。

生活相談員になるためには、必要な資格を取得し、それぞれの施設に生活相談員として雇ってもらうのが、生活相談員になるための流れになります。

国や自治体が定めている資格は次の通りです。

国が定めているもの

・社会福祉主事任用資格者
・社会福祉士
・精神保健福祉士

自治体によっては、国が定めている資格を所有していなくても、条件を満たしていれば生活相談員になることができます。

しかし、一般的には社会福祉士、社会福祉主事任用資格者、精神保健福祉士のいずれかの資格を取得した人が生活指導員になるケースが多いです。

都道府県独自が定めているもの

・介護支援専門員
・介護福祉士
・老人福祉施設の施設長経験者
・一定期間以上の介護職経験のある者

自治体によっては、生活相談員になるために必要な資格が独自に定められているケースもありますので、それぞれの自治体にお問い合わせください。

資格取得後は求人サイトで仕事をチェック

生活相談員になるための資格を取得したら、すぐにでも生活相談員として働いてみたいですよね。

ネットの求人サイトなら、生活相談員の求人探しもエリア別に効率よく行えます。スマホからでも簡単に情報を検索することができるので、忙しい合間にチェックすることもできます。

Workin(https://workin.jp/)の求人検索でも、「経験・資格」や「介護・福祉」の条件検索ができるので、求人情報が探しやすいですよ。生活相談員の求人を探す際には、ぜひ利用してみてください。

まとめ

介護業界における生活相談員の仕事内容と、必要な資格についてご説明しました。生活相談員は、施設によって業務内容に違いがありますが、介護サービスの向上には欠かせない重要な職業です。

ぜひ、今後のキャリアプランの参考にしてみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop