アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 履歴書へ記入する前にチェック!自動車免許の確認&記載方法

履歴書へ記入する前にチェック!自動車免許の確認&記載方法

  • シェア:

履歴書には、保有している資格を記載する欄が設けられています。自動車免許を資格欄に記載するケースが多いですが、自動車免許は普段正式名称で呼ばれることはあまりありません。そのため、履歴書にどう記載すれば良いのか迷うでしょう。

略称で記載しても自動車免許を持っていることは伝わりますが、正式名称で記載した方が少しでも良い印象を与えられます。では、自動車免許を履歴書に記載するときの方法について見ていきましょう。

自動車免許には様々な種類あり!その種類と確認方法

自動車免許と一口で言っても種類は様々です。まずは、自分が持っている自動車免許の種類を確認するところから始めましょう。

自動車免許の種類

運転免許は、運転できる車の範囲により15種類に分かれています。

>

第一種運転免許(10種類)   第二種運転免許(5種類)
・普通:普通免許 ・普二:普通第二種免許
・大型:大型免許 ・中二:中型第二種免許
・中型:中型免許 ・大二:大型第二種免許
・大特:大型特殊免許 ・大特二:大型特殊第二種免許
・大自二:大型二輪免許 ・引二:牽引第二種免許
・普自二:普通二輪免許
・小特:小型特殊免許
・原付:原付免許
・引:牽引免許
・準中型:準中型免許

履歴書に運転免許を記載する際には、どの種類の運転免許なのか明確に分かる形で記載しなければなりません。正式名称を記載するのが基本ですが、正式名称以外でも履歴書に記載できる方法がいくつかあります。

例えば、普通免許の場合には、正式名称は「普通自動車第一種免許」です。一般的に「車の免許」と言った場合にはこれを指します。正式名称以外では、「普通自動車免許」や「普通自動車運転免許」という記載方法も可能です。

確認方法

自分が持っている免許の種類が分からない場合には免許証を見ると確認できます。見る箇所は以下の通りです。

取得日の記載箇所

免許を所得した日は、免許証の表面右下に記載されています。欄が3つ設けられており、一番上が二輪と小型特殊自動車、原付の3種類です。一番下は二種免許を取得した日付が書かれています。普通免許の場合には、真ん中の「他」と書かれた欄です。

15種類の免許に対して3つしか欄がないため、複数種類の免許を持っている場合には、判別できない場合もあります。しかし、普通免許のみであれば、真ん中の欄の日付で確認することができます。

種類の記載箇所

免許の種類は、取得日が記載されている箇所の右隣に記載されています。略称で記載されていますが、普通免許なら「普通」です。複数の免許を持っている場合には、複数記載され、余った欄には「-」が記載されています。

履歴書へ自動車免許を記載する方法

履歴書の資格欄に、自動車免許を記載する場合の方法や注意点について見ていきましょう。

基本的に正式名称

運転免許は、普段は「車の免許」や「普通免許」などと呼んでいる人が多いです。そのような名称でも、事実としては伝わります。しかし、履歴書に記載する表記方法としては、ふさわしくありません。採用担当者にもマイナスイメージを与えてしまいます。

履歴書は正式な書類であるため、運転免許に関しても正式名称で記載しましょう。上で紹介したように、正式名称以外で記載できる方法もありますが、印象を気にするのであれば、正式名称の方が望ましいです。

また、最近ではオートマチック車限定で普通免許を取得している人も多いです。その場合には、オートマチック車限定であることが分かるよう、記載しなければなりません。そして後ろに、括弧書きで「AT限定」と付けます。「普通自動車第一種免許(AT限定)」や「普通自動車免許(AT限定)」という具合です。

「取得」と記載

履歴書の資格欄では、資格の名称を記載するだけでなく、資格名の後ろに1文字分くらいの空白を空けて「取得」を付けなければなりません。これを忘れてしまう人が意外と多いです。

日付の表記を統一

履歴書の資格欄には、取得したときの日付を記載しなければなりません。日付は西暦でも和暦でも問題ありませんが、学歴などの日付と統一するようにしましょう。同じ履歴書の中で、西暦と和暦の日付が混在していると、マイナスイメージになってしまいます。

履歴書の日付に関する詳しい情報は、以下のページでもご紹介しているのでご確認ください。
「意外と間違えている人が多い!?履歴書の日付記入(「№5_履歴 書 日付」へリンク)」

準中型自動車免許の人は要注意!

準中型免許は、平成29年から新設された免許ですが、それ以前に普通免許を取得した人の場合には、免許更新時に準中型免許として記載されます。ただし運転できる車の範囲は、準中型免許新設以前の普通免許と同じです。現行制度の準中型免許で運転できる範囲とは異なります。

履歴書に準中型自動車免許と記載すると、現行制度での準中型免許と勘違いされてしまう可能性があるため注意が必要です。この場合には、「普通(現 5t限定準中型)自動車第一種免許」と記載するのが望ましいでしょう。

自動車免許を活かせる仕事多数!Workinで求人をチェックしよう!

自動車免許を持っていることで、就職が有利になる業界もあります。せっかく自動車免許を持っているなら、それを活かせる仕事に就きたいと考えている人もいるでしょう。では、どんな仕事で自動車免許を活かせるのか、どのようにして探せば良いのか紹介します。

自動車免許が活かせる仕事

自動車免許のうち第一種の免許なら、宅配などで荷物や食べ物などを運ぶ仕事で活かせます。

運送業者の場合には、トラックを使用することが多いため、準中型免許や中型免許があればさらに有利でしょう。

宅配で食べ物を運ぶような仕事なら、普通免許で運転できる車を使用することも多いです。そのため、普通免許でも十分に仕事に活かせるでしょう。

第二種の免許ならタクシーやバスなど、お客様を乗せて走る車の運転手として活躍できます。タクシー会社やバス会社などに就職するのに有利です。

Workinで条件に合った求人探しを

自動車免許を活かした求人を探したいときには、Workinを利用してみてはいかがでしょうか。Workinではこだわり条件で、自動車免許を活かせること以外にも、希望する条件をかなり細かく絞った上で、求人を検索できます。

「ありますよ!メール」の機能も便利です。希望する条件に合った求人が新規で募集されたときに、メールで自動的にお知らせします。これを利用すれば、好みの求人を見逃してしまうことはありません。他にも便利な機能がたくさん備わっているので、求人を探す際には、ぜひWorkinを利用してみてください。

まとめ

車の免許は普段正式名称で呼ぶ機会があまりありませんが、履歴書には正式名称で記載しましょう。普通免許なら「普通自動車第一種免許」です。

また、オートマチック者限定免許の人や、5トン限定の準中型免許などの場合には、はっきり分かる形で記載する必要があります。誤解を招いたり、良くないイメージを与えたりしないように注意しましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop