アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 施工管理の仕事内容が知りたい!現場監督を目指すには?

施工管理の仕事内容が知りたい!現場監督を目指すには?

  • シェア:

建設関連の業界を目指しているなら、施工管理という言葉を耳にしたことがある方もいるでしょう。しかし、名前は知っていても具体的な仕事内容まで把握していない人も多いのではないでしょうか。今回は、現場監督といわれる施工管理の仕事と施工管理になるためのスキル、求人探しのポイントについてご紹介します。

将来的には現場から施工管理の仕事に就きたい人へ

施工管理といっても、その仕事の範囲は広く、様々です。実際、仕事としてどのようなことが行われているのか、将来的に施工管理に携わりたい人へ、施工管理の仕事内容を解説していきます。

建築業界のキャリア「施工管理」という仕事

建設業界で働く現場作業員なら、一度は夢見る仕事といわれるのが施工管理者(現場監督)です。その理由は、「施工管理者になることができれば辛い肉体労働から解放され、さらに年収も上がる」というイメージがあるからでしょう。

それでは、施工管理とは一体どういった仕事なのでしょうか。簡単に説明すると、工事全体を管理して指揮する仕事のことです。実際に現場で働く人だけでなく、外部とも接触を図りながら、工事が当初の計画通り進むように調整を行います。

ひとくちに管理といっても仕事内容は多種多様。複雑な施工管理の仕事内容を大まかに分けたものを4大管理といい、工程管理、品質管理、原価化管理、安全管理の4つに区分されます。

施工管理の「4大管理」について

4つに分けることができる施工管理とは、それぞれどのような仕事内容になるのでしょう。工程管理、品質管理、原価化管理、安全管理の4大管理についてそれぞれ詳しい内容をご紹介していきます。

・工程管理
工期内に作業が終わるようにするためのスケジュール管理を行う仕事です。スケジュールを調整するだけでなく、仕事の進め方も管理し、日々予定通りに作業が進んでいるか確認します。

・原価管理
原価とは、販売にかかる費用のことです。工事現場の場合、人件費や工具代、材料費など工事にかかる費用が原価となります。原価管理は、このような費用全般を管理する仕事のこと。工事では予算が決められているので、原価が予想よりも多くならないか管理して、予算と乖離しないように調整します。

・品質管理
建設業界の品質は、強度などが基準を満たしていることです。品質管理では、設計図通りの品質を満たしているか、デザインや寸法、材質、強度、機能などを工程ごとに確認し、記録していきます。

・安全管理
安全管理は、作業が安全にできるようにするための仕事です。具体的には声掛けによる安全点検、安全のための環境整備を行ないます。

施工管理者にはどうやってなれる?必要な資格やスキル

施工管理はどういった仕事なのか解説してきましたが、それでは施工管理の仕事に就くにはどうすれば良いのでしょうか。必要なスキルや資格についてご紹介します。

施工管理者に就くための方法や必要なスキル

施工管理の仕事をするには、国家資格である施工管理技士の資格を取得するか、あるいは現場で実務経験を積んでから施工管理技士を目指すか、どちらかの方法が一般的です。

また、施工管理技士の資格には、様々な種類があります。
土木施工管理、建築施工管理、電気工事施工管理、管工事施工管理、造園施工管理、建設機械施工、電気通信工事施工管理があり、職種ごとに管理技士の資格が設けられています。例えば、建築現場なら、建設施工管理技士です。

なお、いずれの施工管理の業務においても報告書や工程表を作る仕事があるため、MicrosoftのWordやExcelの基本操作ができることが求められます。さらに、設計や製図ソフトであるCADを扱えると就職に有利です。

「建築施工管理技士」の資格の取り方

施工管理は資格が必須の仕事ではありませんが、施工管理技士として働く、あるいは規模の大きい施工管理をするには資格があると尚良いでしょう。なかでも建設業界においてその資格となるのが、建設施工管理技士です。

建設施工管理技士には、1級と2級の資格があり、それぞれに学科試験と実地試験があります。いずれの資格にも共通するのが、現場での実務経験です。例えば2級の場合、大学の高度専門士卒で1年から1年半の実務経験を経て、はじめて受験資格を得ることができます。

建設施工管理技士1級、2級、それぞれの受験資格の具体的内容については「一般財団法人 建設業振興基金」のホームページを参照してください。

一般的な施工管理者の収入事情!条件や待遇について調べよう

、施工管理技士として本格的な仕事をするには、業界ごとの資格が重要であることを紹介しました。それでは資格を取得するなどして現場監督で働く場合、実際の収入はどれくらいなのか気になりますよね。次に、施工管理者の収入事情や求人についてご紹介していきます。

実際のところ現場監督は平均どれくらい稼いでいるのか?

ひとくちに施工管理者といっても、前述したように土木や電気、内装、設備などさまざまな業種があります。また、働く会社、年齢によっても年収は変わってくるため、明確にこれくらいの収入になるというものはありません。

そうした状況を前提に、業界全体で施工管理者の年収を見たとき、500万円前後くらいが基準になります。もちろん、土木など働く業界によっては500万円前後で頭打ちになることもあるため、目安程度で考えておくことが無難です。

また、どの業界の施工管理者にも共通するのが、資格の所持で年収が変わってくるということ。特に1級施工管理の資格を持っている人の年収は、1級を所持していない人に比べ、全体的に高い傾向にあります。

求人サイトを活用!待遇や条件を案件ごとに比較

これから施工管理者を目指すのであれば、好待遇を狙うためにも資格の勉強は重要です。さらに、資格取得の準備と合わせて、給与状況など業界全体の状況、待遇面の相場を知っておくと今後に役立てることができます。

待遇や条件を把握したい際に、実際の現場で働く関係者の意見ももちろん参考になりますが、多くの現場の状況を知るには建築系の求人サイトを活用するのもおすすめです。

Workin(https://contents.workin.jp/work/)なら、「施工管理」に絞った求人検索が働くエリアごとに可能。さらに一覧表示機能で待遇面の比較がしやすい仕様になっています。Workinで働きたい場所周辺の相場を検索してみて、今後の参考にしてみてはいかがでしょう。

まとめ

施工管理は、いわば建設業などにおける現場監督の仕事です。ご紹介したように、作業現場に携われる仕事に就いて、すぐに施工管理者になれる訳ではありません。多くは現場での経験を経て、資格を取得した上で本格的な施工管理の仕事に就きます。

将来的に施工管理の仕事に興味があるなら、まずは仕事内容や待遇面の状況から検索してみましょう。求人検索や応募はもちろん、Workinは施工管理の相場のリサーチにも活用できます。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop