アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > フリーターから派遣になりたい!派遣になるために大切なこと

フリーターから派遣になりたい!派遣になるために大切なこと

  • シェア:

「フリーターからでも派遣になれるだろうか。」こんな疑問をお持ちではありませんか。

求人サイトには派遣の求人募集がたくさん掲載されていますが、フリーターから派遣として働けるようになるためには、どうしたら良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーターと派遣の働き方の違いや、フリーターから派遣になるための方法などをご説明します。

フリーターと派遣の違いは?

非正規雇用であるフリーターと派遣。一見同じような働き方にも感じられますが、フリーターと派遣では、どのような違いがあるのでしょうか。

雇用

フリーターと派遣の大きな違いは、「雇用主が違う」ところです。

フリーターは就業先の会社から直接雇用されていますが、派遣は派遣会社が雇用主となり紹介された企業で就業します。

したがって、給料の支払先もフリーターは雇用主である就業先の会社になりますが、派遣は派遣会社から給料が支払われるのです。

また派遣は、派遣会社の担当者が派遣先の企業と賃金や勤務時間についての交渉を行います。実際に働いてみて、職場環境や労働条件が希望と合わなかった場合など、困ったことがあったときに相談しやすいメリットがあります。

さらに、派遣先での働きぶりが認められた場合など、時給アップや正社員への登用を派遣先の企業に交渉してくれるでしょう。

仕事の探し方

フリーターと派遣では、仕事の探し方にも違いがあります。

フリーターは主に求人誌や求人サイトで仕事を探しますが、派遣は派遣会社に登録して派遣会社から仕事を紹介してもらいます。

求人サイトなどで派遣の求人に申し込むこともありますが、その派遣先の契約期間が終了したあと同じ派遣会社で働き続ける場合は、次の派遣先を派遣会社から紹介してもらう流れになるでしょう。

賃金

賃金は、フリーターよりも派遣の方が高い傾向にあります。企業は一時的な人手不足を解消するために派遣を利用しています。そのため、フリーターよりも時給が高く設定されているのです。

派遣の求人の中には、専門スキルを必要としている職種も数多くあります。専門スキルがあれば、より時給が高くなるでしょう。

フリーターと派遣、どっちが良いの?

フリーターと派遣はどちらが働きやすいのでしょうか。フリーターと派遣のそれぞれに向いている人の特徴をご紹介します。

仕事に自由を求めるならフリーター

仕事に自由を求める人は、フリーターが向いています。なぜなら、シフト制などのバイト先であればプライベートなどの予定が組みやすいからです。

また、責任の重い業務が少ないため、正社員と比べ仕事でプレッシャーを感じることなく気軽な気持ちで働けるでしょう。働く時間帯も自分で決められるので、好きな時間に自由に働けます。

仕事とプライベートの両立を求めるなら派遣

仕事とプライベートを両立したい人は、派遣が向いています。

派遣は就業先の勤務時間や休日にあわせて働くため、働き方は正社員と同じです。そのため、派遣元である派遣会社の社会保険にも加入できます。

同じ会社で長く働けば、派遣会社の担当者が就業先の企業に時給交渉をしてくれることもあります。

派遣会社では、スキルアップのための研修制度が整っており、働きながら自身のスキルを磨くことも可能です。

契約によっては、一定期間働いたあとに正社員に登用できる場合もあり、プライベートの時間を確保しながら、仕事のキャリアを積み重ねられるでしょう。

妊娠や出産を機に社会から離れていた主婦が、子供の成長をきっかけに働きはじめた際に、ブランクを感じてしまうケースがあります。

派遣で働きながら少しずつブランクを取り戻し、将来的には正社員として働きたいと考えている人は、派遣という働き方が向いているでしょう。

フリーターから派遣になるのは難しい?

働きながらキャリアアップが目指せる派遣ですが、フリーターから派遣になることは難しいのでしょうか。

ここでは、フリーターからでも派遣になれる方法をご紹介します。

フリーターからの派遣はハードルが高い

業務内容によっては、専門的なスキルを必要とする業種もあるため、未経験で専門的なスキルを持っていない場合は、紹介してもらえる派遣先候補が少なくなる可能性があります。

しかし、働きながら専門的なスキルを身につけられる職種もありますので、諦めずに挑戦してみましょう。

職種によって派遣になれるチャンスがある

未経験者を積極的に採用している業種や企業なら、派遣になれるチャンスがあります。「営業職」「受付」「テレマーケティング」などは未経験でもチャレンジしやすい職種です。
また「工業内の軽作業」なども、特別なスキルがなくても派遣になれるチャンスがあるでしょう。

ただし、未経験者でも派遣になれる職種は、比較的賃金が安い傾向にありますので注意が必要です。

フリーターが派遣になるために必要なこと

フリーターから派遣になりたいと希望しても、専門的なスキルがないと紹介してもらえる派遣先が少なくなります。しかし、希望する職種の派遣になるためにはどんなことをしたら良いのでしょうか。

ここでは、フリーターが派遣になるために必要なことをご紹介します。

履歴書は細かく書く

履歴書に書く職歴は詳細に書きましょう。派遣会社に登録する際、履歴書に志望動機や自己PRを具体的に書くと、志望する職種へ紹介してもらえる可能性が高くなります。

フリーターをしている人は転職回数が多い傾向があり、履歴書にすべての職歴を書くことが難しい人もいるでしょう。しかし一度でも経験したことのある職種であれば、仕事を紹介してもらえる確率は高くなります。

履歴書に職歴や志望動機などを詳細に書くことで、派遣会社の担当者に良い印象を与えられるでしょう。

これまでの経験をアピールする

フリーターのときに身に付けたスキルがあれば、積極的に派遣会社の担当者に伝えてください。フリーターでも、長年同じ職場に勤務していれば、責任のある立場になったり任される仕事が増えたりすることがあるでしょう。

フリーターで長年働いて身に付けたスキルは、社会人として非常に価値のあるものです。希望する業種が未経験であっても、身に付けたスキルが活かせると判断されれば、仕事を紹介してもらえる可能性があります。

また担当者との面談の際に、これまでの経験を通して過去の出来事をどう捉えているのかを伝えることで、前向きさをアピールできるでしょう。

まとめ

フリーターと派遣は、働き方や仕事の探し方などさまざまな違いがあります。また希望する働き方によって、フリーターと派遣に向いている人が違います。どちらの働き方が自分に向いているか確認してみましょう。

フリーターから派遣になるためには、派遣として働きたいという意欲が必要です。働きたい業種に必要なスキルを身につけることも、派遣として働くために有利になります。

未経験者を歓迎している就業先も多くありますので、ぜひ派遣という働き方に挑戦してみましょう。

Workinでは、未経験歓迎の派遣求人も数多く掲載しています。こだわり条件のチェック項目も多く、職種などからも検索できるため、自分の経験を活かせる派遣求人も見つかりやすいでしょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop