アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 企画営業とはどんな仕事?求められるスキルは何?

企画営業とはどんな仕事?求められるスキルは何?

  • シェア:

正社員向けの求人を探してみると、営業職の仕事が多く見つかりますが、その中で企画営業という職業を目にすることもあるでしょう。

企画営業は未経験の人にとって、イメージが湧きにくい職業かと思います。しかし、営業自体に興味のある方にとっては、どういった仕事内容なのか気になる方も多いでしょう。

また、求人数も比較的多いため、正社員として転職を目指しているのなら、選択肢のひとつとして考えてみても良いでしょう。

ここでは、企画営業の仕事について解説していきます。

企画営業とはどんな仕事?

まずは企画営業の主な仕事内容について見ていきましょう。

企画営業で行う主な仕事

企画営業は営業職の一種であるため、自社の商品やサービスを売り込む仕事をします。通常の営業職と異なる点は、企画や提案などを行い商品やサービスに付加価値を加える点です。消費者のニーズ調査やデータ分析などを行い、自社の商品やサービスがどのように役立つのか顧客企業に対して提案します。

そのため、通常の営業と比べて、マーケティング要素が強いのが特徴です。顧客企業の側で気づいていない問題点を見つけたり、それを解決に導くための企画を提案したりすることもあります。

企画営業では、企画を提案して商品やサービスが売れたらそれで終わりではありません。今後の戦略や運用方法などにも関わることが多いです。企画提案前の状態と企画提案後の状態を比較するなどして、さらなる改善を目指します。

他にプロモーション活動やイベント運営などを行うこともあります。その際には、会場のセッティングや必要な人員の手配、広告の依頼なども行うことがあります。

また、最近では通常の営業職でも、提案力が求められる場面が増えてきています。企画営業の仕事も、通常の営業職の仕事とかぶる面も多いです。そのため会社によっては、通常の営業職と企画営業を厳密に区別していないこともあります。

企画営業の仕事の大まかな流れ

企画営業の仕事では、最初にクライアントとなる企業を探すところから始めます。自社の商品やサービスを買ってくれそうな企業に電話やメールでアポイントを取り、訪問しましょう。それから商談をして、簡単なヒアリングを行います。

次に企画立案の実施です。顧客企業がかかえている問題点を洗い出し、自社のリソースをどう使えば解決に導けるのか熟考しましょう。顧客企業を訪問したときに行ったヒアリングの内容を反映させることが大切です。

企画ができあがったら、顧客企業を再度訪問してプレゼンとヒアリングを行いましょう。。自社商品の魅力をアピールするとともに、自分の提案で顧客企業が抱える問題点を解決できることを伝えます。ここが上手くいかないと、契約に漕ぎ着けません。場合によっては複数回訪問して、契約に至ることもあります。

無事に契約を締結できたら、商品の制作を開始しましょう。他部署との調整が必要になることも多いです。

企画営業に向いている人

どんなタイプの人が企画営業に向いているのか見ていきましょう。

企画営業の仕事で求められるスキル

企画営業も通常の営業職と同様に、高いコミュニケーション能力が求められます。顧客企業に対して企画を提案するときや、ヒアリングを行うときなどには、一定水準のコミュニケーション能力は必須です。ビジネスマナーも求められます。

企画を提案する仕事であるため、アイデア力が必要です。ひとつの情報からさまざまなことを想像できる人なら、企画営業に向いているでしょう。アイデアの元となる情報を積極的に取り入れられることも大事です。リサーチ力が要求されるでしょう。

パソコンスキルも重要です。顧客企業に対して提案を行う際には、プレゼンを行います。そのため、Power Pointを使いこなせる人のほうが優遇される可能性があります。WordやExcelなども使用する機会が多いです。

性格面で企業営業向きの人

企画営業の仕事では常に「現状を改善しよう、より良くしよう」という考えが大切です。そのため、積極的で向上心が強い人に向いています。
また、流行や新しい話題に触れる機会が多いです。新しい話題についてよく知らないと、良い企画を作れないこともあります。そのため、流行や新しい話題に敏感な人に向いている仕事です。

そして、社交的で人と話をするのが好きな人も企画営業に向いているでしょう。企画営業の仕事は人とコミュニケーションを取る機会が多く、社交的な人の方が仕事に馴染みやすいです。

企画営業の求人を探そう

企画営業の仕事が自分に合ってそうだと思ったら、早速求人をチェックしてみましょう。

未経験でも転職しやすい

企画営業の仕事は、専門的な知識が必要になる場面はそう多くありません。そのため、未経験でも転職しやすい仕事の部類に入ります。業種にもよりますが、資格なども特に持っていなくても困ることはありません。

業種によっては、扱う商品やサービスに関する知識を身につける必要がありますが、入社してからでも問題ないでしょう。コミュニケーション能力やアイデア力に秀でている人なら、未経験でも採用されやすいです。

実際に企画営業の求人を探してみると、「未経験者歓迎」を謳って募集している求人が多く見つかります。第二新卒として転職活動をしている人も、積極的に採用している企業が多いです。

Workinで企画営業の求人を探そう

企画営業の仕事を理解した上で、転職したいと考えているなら、求人サイトなどで求人を探してみましょう。弊社では Workin という求人サイトを運営しており、企画営業の求人も豊富に掲載しています。

もちろん「未経験者歓迎」の求人も多いです。弊社が2019年4月から10月にWorkinに掲載した企画営業の求人のうち、92.5パーセントは「未経験者歓迎」として募集していました。「こだわりから探す」の機能を利用すれば「未経験者歓迎」の求人に絞って探すこともできます。

在職中に転職活動をするのであれば、「ありますよメール」の機能をお使いいただくと便利です。あらかじめ登録した条件に合う求人が、新規で募集されたときにメールで通知してもらえます。転職活動にあまり時間が取れなくても、希望に合う条件の求人を見逃さずに済みますよ。

まとめ

企画営業は、営業の仕事と企画立案の仕事の両方を行う仕事です。コミュニケーション能力に加えて、アイデア力やリサーチ力などが求められます。自分の提案した企画で顧客企業が抱える問題が少しずつ改善されていくのを目の当たりにすれば、やりがいも感じられるでしょう。

専門知識などはあまり要求されず、未経験者でも転職しやすいので、第二新卒の転職先としても人気です。人と話をしたり新しい話題を扱ったりするのが好きな人は、ぜひ企画営業への転職を検討してみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop