アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 調理師の仕事内容や向いている人の特徴とは

調理師の仕事内容や向いている人の特徴とは

タグ:
  • シェア:

調理師とは、料理を作るだけではなく、料理を通じて楽しい時間を提供する職業でもあります。美味しい、楽しい、美しいなど、五感を刺激する料理は、芸術のひとつと称されることもあるほどです。

調理師を目指す人の中には、高級ホテルなどで一流シェフやパティシエを目指している場合もあれば、自分のお店を持つことを夢見ている人もいるでしょう。

この記事では、調理師の活躍する場所や仕事内容だけでなく、免許を取得する方法や調理師に適している人の特徴についても紹介しています。

調理師とは?仕事内容と活躍する場所

調理師の仕事は、料理を作ることという認識を持つ方が多いのではないでしょうか。

実際に調理を行う仕事ではありますが、衛生面の管理に関わる知識や資格も必要であり、料理以外の知識も求められる職業です。

ここでは、調理師の仕事内容や資格について、活躍できる勤務場所など、意外な調理師の働き方について紹介します。

仕事内容・資格

調理師の仕事は「料理を作ること」です。しかし、料理を提供するということは、多くの人がその料理を口にするということでもあり、栄養や食品衛生に関する専門的な知識が求められます。

調理師資格は国家資格のひとつで、合格して免許を取得した人のみが「調理師」と名乗ることを許可されます。

飲食店などでは、調理師免許を有する人がいなければ営業ができないため、飲食に関わるすべての企業で活躍することが可能です。

調理師の資格を有していることは、栄養や食品・公衆衛生に関する知識があるアピールになるため、飲食業界で働く上で有利な資格とされています。

主な勤務場所

調理師の主な勤務先は飲食店やホテルの厨房など、調理に関わる場所が中心です。ほかにも、学校や会社の食堂、病院や福祉施設の調理担当、給食センターなど、企業の中にある店舗や調理場で働く人もいます。

また、上述のような企業に就職していない調理師の中には、自分で開業して飲食店を経営している場合や、料理教室・専門学校で講師をしている場合もあります。

料理を提供することだけが仕事なのではなく「調理師の育成」を仕事の選択肢として検討できるのも、調理師という職業の魅力ではないでしょうか。

調理師になるためには

調理師になるためには国家試験に合格する必要があり、試験のために知識を身に付けておかなければなりません。

しかし、別の職業で働いている場合や大学に通っている人でも、就業や学業と両立して取得を目指すことが可能です。

ここでは、調理師になるための「養成施設の卒業」と「2年以上の実務経験を積んで受験」の2通りの資格取得方法について紹介します。

調理師養成施設を卒業する

調理師になるには国家試験を受験する必要があると上述しましたが、厚生労働省の認定を受けている「調理師養成施設」の卒業でも資格取得が可能です。

無試験で調理師免許を取得できるため、一般的な受験資格で必要となる「2年以上の実務経験」も必要ありません。

また、日中通うことができない場合にも、夜間クラスを設けているところもあるため、仕事と両立しながら取得を目指すこともできます。

和・洋・中・製菓など、幅広く学べる施設もあれば、スイーツや寿司など調理するジャンルに特化しているところもあります。

2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する

飲食店で2年以上実務経験を積めば、調理師試験の受験資格が得られます。実務に加えて通信教材や参考書などで知識を学び、合格を目指す方法です。

接客に携わる「ホール」ではなく、調理を行う「キッチン」での実務経験が必要です。受験する際には、勤務先の責任者の押印がある「実務経験証明書」の提出が求められます。

アルバイトやパート従業員でも実務経験として申告可能ですが、週4日以上かつ1日6時間以上の勤務が条件である点に注意が必要です。

実務経験を積みながらの受験や、資格取得後の就職先探しには、Workinの活用がおすすめです。

こだわり検索機能を利用すれば「資格取得支援制度有」「フルタイム勤務可能」「即日勤務可」など、自分の希望条件で求人を絞り込むことができます。

調理師の仕事をお探しの際には、ぜひWorkinをお役立てください。

調理師の仕事はこんな方におすすめ!

ここでは、調理師の仕事はどういった人に向いているのか、調理師に適している人の特徴について見ていきましょう。

活躍の場が多い調理師だからこそ、自分の「やりがい」や「目指したいこと」に焦点を当ててみるのもおすすめです。

料理で人を喜ばせたい人

自分の作った料理で誰かを笑顔にしたい・喜ばせたいと考えている人は、調理師に適していると考えられます。

食べる人の立場になって新しい料理のアイデアを発案するため、修行や料理を繰り返し続けて技術や知識がつくほど、さまざまな料理を作れるようになるためです。

味だけでなく、見た目の華やかさや創造性も重要で、見て美味しい盛り付けができるセンスを持つ人も適しているのではないでしょうか。

また、修行中に何度も壁にぶつかっても「料理で人を喜ばせたい」という強い意思で乗り越えていける強みになるとも考えられます。

飲食店での独立を考えている人

飲食店などを独立起業したいと考えている人も、調理師に適しています。自分の味覚やアイデアに自信があり、このメニューでお店を出したいと考えている人は、明確なビジョンを持って仕事に臨めるためです。

調理師免許を取得していれば、飲食店の開業に必要となる「食品衛生責任者」の資格を申請することができます。

各店舗に1人は食品衛生責任者の有資格者を配置する必要があり、無資格で起業して経営者となった場合は、有資格者を雇用しなければなりません。

しかし、経営者が自ら調理師免許を持ち、お店の衛生面や調理に関する知識を豊富に持つことで、お店の信頼度向上にも繋がると考えられます。

まとめ

調理師の仕事は、外食産業を始め、多様な場面で活躍できる機会があります。料理のジャンルだけでなく、食材や調味料にこだわったり、パフォーマンスを行い目で楽しめる料理の提供をしたりと、無限にアイデアのある職業ではないでしょうか。

資格取得後も継続して知識や技術を磨いていく必要があるため、高い向上心を持って働けるなど、やりがいが感じられるのも調理師の魅力です。

調理師の仕事を探す際には、Workinの活用をぜひご検討ください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop