アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 自分に向いていないバイトと向いているバイトの判断の仕方

自分に向いていないバイトと向いているバイトの判断の仕方

  • シェア:

もしかしたらこのバイト向いていないかも…と思ったとき、果たしてその判断は正しいのでしょうか。始めたばかりで慣れていないからではないか、もう少しまわりの人と打ち解ければ働きやすくなるのではないか、などと考えて判断しかねている方もいるかもしれません。

そこで今回は、バイトに向いていないという判断をどのようにするのか、向いているバイトはどのように探すのかなどをご説明していきます。これからバイトを探すという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

バイトに向いていない判断はどうやってつける?

バイトが自分に向いているかどうかは、何を基準に判断すれば良いのでしょうか。いくつかのポイントから、ご自身が今のバイトに向いているかどうかを考えてみましょう。

ひどいストレスを感じていないか

バイトに行くこと、その職場で働いていることが大きなストレスになっている場合、それはご自身に合っていないのかもしれません。ストレスとなる原因は仕事内容や人間関係などさまざまですが、そのストレスを解決する手段が見つからないのなら、向いていないと判断することは妥当であると考えて良いでしょう。

精神的には変化がなかったとしても、体に変化が現れている場合もあります。バイトのことを考えたり、バイトへ行ったりすると、頭や胃が痛くなったり、吐き気がしたりする…という症状も大きなストレスとなっているために起こっていることかもしれないので、注意が必要です。

ストレスを感じながら働き続けていると、一緒に働いているまわりの人にも心配をかけてしまいます。調子が悪そうなのを見て心配したり、仕事の効率が悪くなって負担をかけてしまったりということもあるかもしれません。

バイトがストレスになっているなと感じることがあるのであれば、少し休む、あるいは辞めるなどの判断をしても良いかもしれません。

慣れると解決できそうか

このバイトに向いていないなと思う場面があっても、その問題は時間が経って慣れれば解決することもあります。

単純に作業に慣れていないのであれば、経験を重ねることで効率よく進めることができるようになるでしょう。人間関係についても、まだ顔見知りの人がいなかったり、関係性を築けていなかったりするのであれば、もう少し時間をかければ居心地が良くなるかもしれません。

しかし、そうではない場合もあります。どうしても苦手な作業があるとか、合わない上司や同僚がいるなどといった、自分では解決できない問題を抱えている場合、長く続けることは難しいでしょう。

バイトに関して何か問題を抱えているのであれば、時間の経過と慣れによって解決できるのか、それとも自分自身では解決しようがない問題なのかを見極める必要があります。

続けて自分にメリットがあるか

今のバイトに多少向いていない点があったとしても、それを上回るメリットがあれば続ける価値があるといえます。

そのバイトを続けることでスキルが身につく、就活の際に有利になるなど、キャリア面でのメリットは大きいです。また、そのバイトで出会える人間関係に魅力を感じているのであれば、それも続ける大きな価値であるといえるでしょう。

また、向いていないからといってすぐに辞めてしまった場合、何かデメリットはないのかを考えておくことも重要です。すぐに次のバイトを見つけるのが難しい、今のバイトより条件の良い仕事が見つからないなどのデメリットが考えられるのであれば、しばらくは続けるという選択肢も賢明です。

もちろん、今のバイトがあまりにストレスになっている場合はそこまで考慮する必要はありません。ご自身の状況を客観的に振り返って、冷静に判断ができるように心がけましょう。

自分に向いているバイトの見極め方

では、自分に向いているバイトはどのようにして判断したら良いのでしょうか。働き始めてから合っていなかったことに気がついた…という事態をできるだけ避けるためにも、最初にある程度は判断しておきたいものです。その見極めのために必要なポイントをご説明していきましょう。

性格から判断する

バイト探しをする上で、ご自身がどのような性格であるかを念頭に置いておくことは大切です。バイトにおいてどのような働き方を好むのか、どんな価値観を持っているのかがわかっていないと、働き始めてから「違っていた」「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

同僚と協力しながら働くこと、チームワークが重要視されるようなバイトをしたいのであれば、さまざまなポジションの人と関わることができる職場が良いでしょう。向上心が強く、達成感を味わいたいのであれば、数字で結果が見えるような業種が良いかもしれません。コミュニケーションが苦手で、淡々と働きたいというのであれば、工場などの単純作業が向いている可能性もあります。

このように、ご自身の性格によって合うバイトは大きく異なってきます。バイト探しをする前に、まずはご自身の性格を振り返ってみましょう。

職種から判断する

バイト先として考えられる職場がどのような業種かによって、求められる性格やスキルなどは異なります。いくつか応募するバイト先の候補があるのであれば、そのバイトはどんな業種なのか、どんな人物が求められるのかを考えてみると良いでしょう。

コンビニは、商品を販売するだけでなく、宅配便の取り扱いやチケットの販売、各種料金の支払いなど、多岐にわたる業務を担当しなくてはなりません。複雑な業務を覚えて、状況を見ながら効率的にこなしていける人、マルチタスクが得意な人に向いている仕事です。

飲食店や居酒屋の場合は、ホールとキッチンで求められる能力が少し違ってきます。ホールの仕事は基本的に接客なので、ホスピタリティの高さや、混み具合に応じて対処できる臨機応変さなどが求められます。加えて居酒屋の場合は、にぎやかな雰囲気の中で接客しなければならないので、声の大きさや明るさが求められることが多いです。

キッチンの場合は、速やかにお客様に料理を提供しなくてはならないので、仕事の正確さとスピーディさが求められます。キッチン内で業務を分担していることも多いため、まわりの人と協力できる協調性も大切です。

オフィスなどの事務系の仕事は、働く職場によって求められる能力が異なります。単純な入力作業のみで良い場合もありますし、高度なパソコンスキルが必要なこともありますので、持っているスキルに合わせた職場を選ぶか、スキルアップを目指さなくてはなりません。

中学生や高校生などの塾講師は、得意な科目があれば仕事で活かすことができますが、なかには説明が得意なだけでは難しい場面もあります。受験を控えた生徒に寄り添い、理解力に合わせて対応できる力が必要です。生徒だけでなく親とも関わる機会がありますので、誠意のある姿勢で仕事に臨むことも大切です。

季節限定の求人も多い引越業務は、体力勝負です。重い荷物を傷つけないように、かつスピーディに運ばなくてはならないので、細かな部分に配慮できることや、同僚との協調性も大切になります。

これらはバイトで働くことが多い職種の例ですが、ご紹介していない職種で働く人もいるかと思います。職場の特性や業務の内容を考慮し、そこで求められる人物像にご自身が合っているかどうかを考えてみると良いでしょう。

判断に迷ったら周りの人に聞いてみる

もしも、どの職種に向いているのか自分でわからない場合は、まわりにいる家族や友人に尋ねてみるのがおすすめです。あなたのことを客観的に見ている人なら、どんな性格なのか、どんな作業に向いているのかなどを冷静に判断することができるでしょう。

自分ではこうだと思っていても、まわりから見ると意外と違う評価をされていることもあります。それが自分の感覚とは違っていたとしても、まわりの評価に従ってみると、案外働きやすかったということも起こりえるのです。

自分がどのような仕事に向いているのか見当がついたら、その特徴に合ったバイトを探してみましょう。Workinなら、こだわり検索で自分に向いているバイトが探せます。ぜひ一度試してみてくださいね。

まとめ

向いていないバイトを続けることは苦痛かもしれません。しかし、向いているバイトを見つけることができたら、働くこと自体が楽しくなりますし、やりがいも見つけられます。今回ご紹介した情報も参考にしながら、ご自身に合ったバイトを探してみてくださいね。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop