アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 第二新卒の転職理由で注意すべきポイントと好印象の例文

第二新卒の転職理由で注意すべきポイントと好印象の例文

  • シェア:

新卒で社会に出て、会社に不満を持ったり自分のやりたいことを見つけたりと、様々な理由で転職を考える人は多いでしょう。

しかし第二新卒で転職をする際は、新卒時とは違う目線で企業から見られることになります。

この記事では、第二新卒の転職理由で注意するポイントについて解説し、好印象を与えるコツをお伝えしますので、転職をお考えの方はぜひ最後までお読みください。

第二新卒の転職理由が注目される理由

新卒と同様に、第二新卒と呼ばれる若い世代は企業から多くの期待が寄せられています。

経験を踏まえて次のステップに進もうとする若手の戦力は、会社の需要としてもとても高いようですが、新卒時とは違う見方で注目されていることを忘れてはいけません。

好印象を与える転職が行えるように、第二新卒者に対して企業側が気にしているポイントについて解説しましょう。

まずは、前職を短期間で退職しているという点です。早い段階での転職となりますので、どうしても気になる部分になるでしょう。

理由としては「採用してもすぐ辞めるかもしれない」という不安を抱くからです。そのため、この不安感が取り除けるような転職理由なのかどうかが注目されます。

また、安心して採用するためには、やる気や熱意が感じられる内容なのかも重要になるでしょう。

もちろん即戦力になる人材に越したことはありませんが、第二新卒の場合は経験が浅いことも多いため、実績やスキルなどの技能面よりも成長力が評価されます。 

・安心して採用できる人材なのか
・今後成長していく力があるのか
・入社後に活躍してくれるか など

これらは第二新卒者の採用を検討する際に重要であり、その判断をするための材料が転職理由に隠されているため非常に注目されているのです。

さらに、短期間とはいえども社会人として経験を積んでいることが前提ですので、最低限のビジネスマナーは重要でしょう。

履歴書や面接での伝え方でマナーは現れますので、転職理由がどれだけ素晴らしいものであっても失礼な対応や態度では意味がありません。

第二新卒の転職理由は伝え方に注意しよう

伝え方や表現方法によって印象は大きく変わるものです。

当然少しでも好印象を与えられる方が採用されやすくなりますので、印象が悪くならないように注意するポイントについてお伝えします。

まず、勤めていた会社の悪口をいってはいけません。

転職を考えるきっかけになったとしても

・待遇が悪く残業が多かった
・上司とうまくいかなかった
・業務に不満があった など

会社に原因があるような内容を伝えてしまうと、悪口をいっているように聞こえます。そうなると「自社でも不満を感じたらすぐ辞めるのでは」と思われる可能性があるでしょう。

また、全体的にネガティブな内容にならないように注意してください。

ネガティブな意見や理由が多くあれば、それだけ不満が生まれやすく「環境に適応しにくい人材かも」という見方をされることもあります。

だからといって、うそをでっちあげるようなことはしてはいけません。

仕事や人間関係で信頼はとても重要なものです。あとからうそが発覚したときには、信頼を失い内定取り消しなど最悪の事態に発展することも考えられます。

転職理由を伝えるときには、うそをつかずに悪口やネガティブな表現になりすぎないようする必要があるでしょう。

第二新卒の転職理由のポイントと例

ここからは、好印象となる転職理由の具体的なポイントや良い例・悪い例を紹介していきます。

転職理由を考えるポイント

上記でもお伝えしたように、やる気や熱意は企業にとって重要な項目です。そのため、前向きな熱意を転職理由の中で伝えることがポイントとなります。

・どのように働きたいか
・将来はどうなりたいか
・身に付けたいスキル
・活かしたい経験 など

具体的にその会社で「どうしたいのか」という気持ちを整理して考え、熱意をアピールすると良いでしょう。

ネガティブな内容もポジティブに言い換えることで、仕事に対する考えや価値観、やりたいことなどがより表現しやすくなります。

このようにして熱意や考えをうまく表現することができると、企業側としては「将来会社の力になる人材」だと感じやすくなるでしょう。

ポジティブな言い換えはイメージしにくい人も多いと思いますので、次の項目でより詳しく説明します。

転職理由のOK例

ここでは好ましい表現として、転職理由のOK例を紹介します。ポジティブ表現に変換するヒントにもなると思いますので参考にしてみてください。

・残業が多すぎる
この言葉だけでは、ただ単に仕事や業務時間に対しての不満でしかありません。捉え方によっては忙しいと不満を感じる人と思われることもあるでしょう。

OK例
「仕事のオンとオフをつけることで仕事を効率的にしたいと考えています。残業が常態化しているとメリハリがつかず、結果的には生産性が下がっていると感じていたので、より効率的で生産性の高い働き方をしたいと思い転職を考えました。」

・新規開拓営業をしたくない
〇〇がしたくない、嫌だったなどの理由は、業務を経験した後に気に食わないとすぐ辞める可能性のある人物とも考えられるため、採用されにくくなるでしょう。

OK例
「新規開拓営業を経験し、新しいお客様と繋がりを持てる楽しさを知りました。しかし、お客様一人ひとりに向き合う時間が少ないため、より丁寧で長くお付き合いできる仕事をしたいと考えるようになり転職を決めました。」

転職理由のNG例

代表的なNG例としては
・待遇面に不満があった
・人間関係に問題があった
・仕事でミスをした 

などがあげられます。もちろん仕事を辞める理由としてはあり得ることでしょうが、転職先にそのまま伝えては十分な評価が得られません。

基本的には、転職を考えた理由に会社や人が原因となるものを出すと「すぐ周りに不満をもつのではないか」と思われやすくなり、採用されにくくなるでしょう。

仕事のミスが原因では、失敗をするとすぐに辞める可能性のある人材と判断されかねません。

そのため、転職の理由としては不満を伝えるのではなく、OK例のように「もっと〇〇したい」とポジティブな表現にする必要があるのです。

このように退職した理由は人にそれぞれ違っています。第二新卒で転職活動を始めようと考えている方は誰しも次こそは失敗したくないと考えるでしょう。そう考えたときWorkin(https://workin.jp/)を利用してみてはいかがでしょうか。
Workinは、アルバイト・パート、正社員などの幅広い求人が掲載されており、第二新卒歓迎の求人も多数あります。

また、当サイトのお仕事探しマニュアルでは履歴書や面接対策について知ることができるため、お悩みを解決する助けになります。「面接が不安」「ポジティブな退職理由が思いつかない」という方は利用してみると良いでしょう。

求人も細かい条件検索ができるので、自分の希望に合った仕事を探しやすい点も魅力です。Workin独自のサービス「ありますよ!メール」では、希望条件の求人が掲載された際にメールでお知らせしてくれるので、新着求人を見逃すことなく見つけることができます。もちろんこれらは全て無料で利用できますので、転職を考えている方は検索だけでもしてみてください。

もとめ

今回は第二新卒の転職理由について解説してきました。

新卒とは違い、転職という点で企業から注目されるポイントが違うことが分かりましたね。

実際の転職理由は何にせよ、伝え方によって印象は大きく変わります。できる限りポジティブな表現を心がけて、好印象を与えるような伝え方を目指しましょう。

転職先でお困りの方は、是非Workinをご利用ください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop