アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > フリーターが資格をもつメリットとおすすめの資格5つ

フリーターが資格をもつメリットとおすすめの資格5つ

  • シェア:

就職活動をしようと考えている人の中には、現在フリーターの人もいるでしょう。

資格などがない場合は、何かもっておいた方が良い気がしますよね。しかし、何を取れば良いかわからない人も多いでしょう。

この記事ではより良い就職ができるために、フリーターにおすすめの資格とそのメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーターが資格をもつメリット

まずフリーターが資格をもつとどのようなメリットがあるのか確認していきましょう。

資格がないと働くことができない職種に就くことができる

職種によっては、資格がなければ働くことのできない仕事も多くあります。

特に国家資格などはその傾向が強くなり、医師・弁護士・建築士などは「業務独占資格」と呼び、仮に無資格で働いていると法的に罰せられます。

逆にフリーターがその資格をもっていると、働くことのできる職種が増えるため大きなメリットになるでしょう。

業務独占の仕事以外にも、企業によっては特定の資格をもっていないと面接資格がないと判断される場合があります。

そのため、書類選考で落とされるリスクが減るなどの観点から考えても、就職活動では有利に働くのです。

努力・意欲のアピールになる

資格を取得するためには、それに向けた勉強や練習など何かしらの努力をしなければいけません。

仕事をするために資格取得をしているということで、職種に対する意気込みが伝わりやすくなるでしょう。

努力や意欲を言葉だけでなく実績として示すことができるため、就職活動時の面接や書類選考時は、印象の良いアピールとして伝わり有利に働くことでしょう。

キャリアアップになる

資格を取ることは、その仕事でのキャリアアップにつながります。

今働いているところでの給与面が優遇されることもあるため、関係する資格であれば積極的に取得したいものです。

さらに待遇だけではなく、スキルや信頼のアップにもつながります。就職活動の際にも有利になり、人生設計がしやすくなるでしょう。

フリーターがもっていると有利な資格

ここからは、フリーターがもっていると就職にも有利に働く資格について紹介します。悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

普通自動車免許

都市部では公共交通機関が整備されており、普通自動車免許が必要でない人も多いでしょう。

しかし、仕事面において普通自動車免許はもっていて損はありません。

特に地方への就職を考えている場合は、普段の通勤だけでなく仕事中にも活躍する可能性があります。そのため、求人の応募条件のひとつに含まれているケースも多くあるのです。

ルート営業や運送関係などでも必要になりますので、希望の職種によって必須となるでしょう。

資格取得のためには、約30万円の費用がかかり、期間としては1~3ヶ月ほどで取得可能です。

春休みや夏休みシーズンなどの時期では学生の受講者が増え、AT車とMT車の違いなどによっても金額や期間の違いが見られます。

秘書検定

秘書検定は、ビジネスマナーや事務能力が身についていることを示すことができる資格です。

一般常識が問われる内容となっており、取得することで社会性が十分にあることをアピールできます。

3級から1級までの難易度に分かれ、受ける級によって費用が異なるものの、どれも1万円以内で受けることができます。

平均すると1~2ヶ月で取得可能で、難易度としては比較的取りやすい資格でしょう。

日商簿記

経理や財務の知識が必要になる資格で、経理部や財務部などの事務職に就きたいと考えている場合は、就職に有利に働くため取得して損はありません。

難易度別に3級から1級まであり、特に2級以上をもっていると評価されやすいです。

費用は約3000円~8000円以内で受けることが可能で、級にもよりますが半年以内には取得可能でしょう。

TOEIC

英語力をアピールできる代表的な試験です。

英語を使う仕事では「TOEIC 〇点以上歓迎」など判断基準にも使われるため、取得していると有利になることもあるでしょう。

合格や不合格という基準はなく、点数によって能力を測るシステムです。英語を使う仕事の場合は最低でも600点が求められます。

仮に650点以上を目指そうとすると、現在の英語レベルによりますが225~950時間の勉強が必要になるでしょう。

グローバルな働き方を目指す場合は重要になりますのでぜひ挑戦してみてください。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引についてお客様へ説明するための国家資格で、受験に必要な資格や実務経験などが必要ありません。

特に不動産業界を考えている人は、就職を有利にするためにも取得しておくべきでしょう。

費用は約7000円で2ヶ月程度の勉強が必要です。難易度は高めだと言われていますが、ほかの国家資格と比べるとハードルが低く、取得するメリットは大きいでしょう。

就職に向けて動き出そう!

就職を考えている人は、まず行動を起こすことが大事です。具体的にどう動けば良いかを紹介します。

資格取得の勉強を独学で始める

本やインターネットなどを使えば独学で学習が始められます。生活費など収入が必要な場合には、今のバイトの合間に始められるのでおすすめです。

その代わり、時間や勉強の仕方などは自分で計画する必要があります。資格によって難易度も違いますので、取得に向けて期間を逆算して計画的に準備していきましょう。

資格取得のために学校に通う

資格専門学校や通信講座を利用することで、短期間で資格の取得が可能になります。

独学に比べるとその分費用も高くなるので、経済状況や時間、資格の難易度などを総合的に判断して決めましょう。

働きながら資格取得を目指す

Web求人サイトを利用して、働きながら資格取得を目指せる仕事を見つけるというのも選択肢のひとつです。

資格の勉強をしていることや資格の勉強に興味があること、勉強を始めることを伝えるだけでも面接では好印象を与えます。

自分の条件に合った仕事を見つけたいなら、Workinをご活用ください。

バイトの求人情報だけでなく正社員の情報も多数掲載されていますので、希望に合わせて多くの求人を探すことができます。

さらに、お仕事探しマニュアルで履歴書の書き方や面接対策などの情報もあるため、就職活動の際には大いに役立つでしょう。

すべて無料で利用することができるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

まとめ

今回はフリーターにおすすめの資格とそのメリットについて解説しました。

資格をもっていることで就ける仕事の幅は広がり、自分をアピールして就職を有利に働かせることもできます。多くの種類がありますが、希望の職種に合わせたものをとりましょう。

働きながら取得を目指す場合は、勤務条件も重要になるでしょう。希望どおりの仕事をいち早く見つけるために、検索しやすく情報の豊富なWorkinをぜひご利用ください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop