アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 第二新卒の転職活動で失敗してしまう理由!成功するための方法とは

第二新卒の転職活動で失敗してしまう理由!成功するための方法とは

  • シェア:

新卒で勤め始めた会社を3年以内に辞めて新たに仕事を探している人のことを「第二新卒」といいます。近年は就職後早い段階で辞める人も多く、企業も若手を求めているため第二新卒としての転職は難しくはないイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、転職活動への準備や姿勢によっては苦戦してしまうことも考えられます。そこで今回は、第二新卒の方の転職がうまくいかない理由と成功するための方法についてまとめました。これから第二新卒として転職活動をしようとしている方や転職に関心を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

第二新卒での転職活動で失敗している理由

若手の採用が増える傾向にある中で、第二新卒は有利に思えます。それにもかかわらず、うまくいかない理由はどこにあるのでしょうか。第二新卒の転職活動で失敗する主な理由を解説していきましょう。

退職理由を周囲のせいにする

新卒で入った会社を辞めようと思った理由はいろいろとあるかもしれません。しかし上司や同僚とうまくいかなかった、職場の雰囲気が悪かったなどと退職を周囲のせいにしている人は敬遠される傾向にあります。

そのような理由で退職する人は、新しい会社に入ったとしても同じことを繰り返してしまうおそれがあるからです。社会人として働くからには、最終的に自分の行動や決断は自分で責任を取らなくてはなりません。その姿勢が見られないと、大事な仕事を任せられないと思われてしまいます。

今後のキャリアの見通しがついていない

転職活動をするにあたって、今後どのようなキャリアを築いていきたいかを考えておくことが重要です。キャリアの見通しがついていないと、「なぜうちの会社でなくてはならないのか」が採用担当者に伝わらず、採用されにくくなってしまいます。

転職活動の本来の目的は、キャリアプランを実現していくための手段です。転職できたとしても、キャリアプランを持たないままだと入社してから苦労することもあるかもしれません。

大手企業などのハードルの高い会社ばかり受ける

多少の経験を積んだ第二新卒の中には、「より実力を発揮できる場所を」と大手企業など採用のハードルが高い会社ばかりを受けようとする人も少なくありません。

しかし、大手企業や人気企業は有名なぶん応募する人も多く、倍率がとても高いです。はるかに高いスキルや経験を持っている人たちが同時に応募してくることもあるでしょう。企業側も即戦力となる人を求めていることが多いので、まだまだこれから経験を積んでいく第二新卒は採用されにくいことも少なくないのです。

退職してから転職活動をする

社会人期間が短い第二新卒の場合、貯蓄が少ないことが多いです。自己都合退職だと失業給付金がもらえるのも3ヶ月後になってしまいます。そのような状況で内定がなかなか出ないと、すぐに生活資金が不足してしまうでしょう。

お金のことを心配するあまり焦ってしまって、余計に転職活動がうまくいかなくなるという人もいます。お金を得ることを優先に考えていると、キャリアプランを見失ってしまう可能性もあります。

新卒時と就活が同じと考える

第二新卒は新卒採用と年齢が近いぶん、転職を就活のときと同じように考えてしまいがちです。しかし、実はそうではありません。

新卒の就活では人物評価やポテンシャルが重視されます。まだスキルも経験もない状態なので、その人自身が持つ可能性を見て採用の可否が判断されるのです。一方で、第二新卒の場合は短いながらも社会人経験があるので、スキルや経験が重視されます。企業が求める能力を持っているかどうかが、判断材料になります。

第二新卒の転職と新卒の就活ではこうした大きな違いがあるので、同じように考えていると失敗してしまうでしょう。

目先の業務で決めてしまう

転職先を業務内容だけで選ぶと、入社してから失敗する可能性があります。同じ、あるいは似たような業務内容であっても、会社によって企業理念や方針が異なるため、それに合わなければ働きにくくなってしまうかもしれません。

そこでもし不満を感じれば、また転職することになってしまうかもしれません。同じような場面に遭遇するたびに転職を繰り返すようになることも考えられます。

第二新卒の転職活動を成功させるには

なぜ第二新卒の転職活動がうまくいかないのか、その理由がわかりました。では、成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。第二新卒の転職成功に必要なポイントについて解説していきましょう。

前職で得た経験から自己分析

転職を成功させるためには、自分のキャリアプランにあった会社を選ぶことが大事です。まずは前職で得た経験を整理して自己分析をしましょう。

その上で、どのようなキャリアを積んでいきたいのか、キャリアプランを改めて考え直します。それを実現するためにはどのような経験やスキルが必要なのかを導き出し、それが得られる場所を探してみると良いでしょう。そうすれば、入職後のミスマッチを少なくすることにもつながります。

求めている条件を明確化

転職するにあたって、どのような勤務条件を求めているのかを明確にしておきましょう。仕事優先でバリバリ働きたい人もいれば、ワークライフバランスを重視したい人など、勤務先に求める条件は人によってさまざまです。

業務内容はもちろん、勤務日数や給与面、福利厚生など、何を重視したいか優先順位を設けておくことで、仕事探しがしやすくなります。

キャリアプランに沿った志望動機

希望する企業にもし転職することができたら、どのような経験やスキルを得ていきたいのかを考えておくことも大切です。どのようなキャリアプランを描いていて、その企業で得られる経験をどのように活かしていきたいのかを明確にしておくと、面接のときに強いアピールポイントになるでしょう。

ネガティブな理由をポジティブに

面接では必ず退職理由を聞かれます。第二新卒の場合は勤務期間が短いので、理由によってはまたすぐに退職してしまうと思われかねません。

特に職場環境や人間関係などのネガティブな理由は採用担当者のマイナスイメージになってしまいます。可能な限り、ネガティブな理由をポジティブな理由に変換できるようにしておきましょう。

たとえば「多忙で残業がかなり多かった」ではなく、「効率的に仕事を進めてより高い成果を出したいから」など、前向きに捉えられる内容で答えるのがポイントです。

内定を獲得してから退職

若いからすぐに転職できるだろうと思う方もいるかもしれませんが、想定よりも時間がかかることは少なくありません。ある程度の時間が必要になることを考慮して、退職する前に内定を獲得できるように転職活動を進めましょう。

決めたらすぐに退職するのではなく、業務の引き継ぎをきちんと行ってから退職することも大切です。退職する企業にいる人に迷惑をかけることのないよう、配慮することを心がけましょう。

Workinでお仕事探し

第二新卒の求人を探しているなら、Workinがおすすめです。Workinでは全国18,000件以上の求人が掲載されており、選択肢が豊富です。

エリアや職種、第二新卒などのこだわり条件で探せるので、希望する条件に合う求人が見つけやすいのも特徴です。まずは希望するエリアにどのような求人があるか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

第二新卒として転職活動をする理由は人それぞれですが、準備が不十分だとうまくいかないこともあります。自分の進みたいキャリアや希望する条件などを改めて考えて、転職活動に臨みましょう。

今回の記事では、第二新卒の転職が失敗しやすい理由や、成功するためのポイントについて紹介しました。転職を希望している方は、この記事の内容も参考にして自己分析やキャリアの見直しから始めてみてくださいね。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop