アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣とアルバイトどっちがいいのか。違いを徹底解説

派遣とアルバイトどっちがいいのか。違いを徹底解説

  • シェア:

「仕事をしたい!」と思って検索してみたものの、働き方が複数あってどれを選んだらいいかわからない…という経験をしたことはありませんか。正社員以外にも、派遣やアルバイトなどいろいろな形態があり、応募の際に迷ってしまったという人は少なくありません。

そこで今回は、どちらを選ぶか迷うという声の多い、派遣とアルバイトの違いを徹底的に解説していきます。それぞれのメリットやデメリットなどもご説明しますので、これから仕事を探そうとしている方はぜひ参考にしてみてください。

派遣とアルバイトって何が違うの?

どちらもあまり違いがないように見える、派遣とアルバイト。しかしこの2つの働き方には、大きな違いがあるのです。どちらがいいかを考える前に、まずは違いについてご説明していきましょう。

派遣とは?

派遣は、派遣会社から紹介された企業で働きます。つまり、雇用主は派遣会社で、働く場所は派遣先ということです。
そのため、給与をもらうのも、待遇などについての相談も、すべて雇用主である派遣会社と行うことになります。福利厚生なども、条件を満たせば、派遣会社が契約しているサービスなどを利用することが可能です。

派遣で働く場合、同じ場所で働ける期間は3年までと法律によって定められています。有期雇用であることも、派遣の特徴です。

アルバイトとは?

アルバイトは、派遣と違って働く企業から直接雇用されます。派遣会社など別の組織を間に通さず、自分で直接応募し、採用されればそこで働くことが可能です。

アルバイトの場合、派遣のような雇用期間の制限はありませんので、何年でも働き続けることができます。

派遣とアルバイトのメリットとデメリットを紹介!

派遣とアルバイトの大きな違いはお分かりいただけたかと思います。では、実際に働く場合、どちらを選んだらいいのでしょうか。選択する上で重要なメリットとデメリットについてもご説明します。

ここでご説明するのは、あくまで一般的に言われているものです。個人の希望する働き方によって、メリットやデメリットの感じる部分は異なってきます。その点も踏まえながら考えていきましょう。

派遣のメリットとデメリット

派遣で働くメリットは、仲介に派遣会社を通していることで、悩んだときや困ったときに相談がしやすいということです。

派遣先の上司に直接言うのは気が引けてしまうかもしれませんが、中立な立場にいる人であれば、落ち着いて話すことができるでしょう。必要時は派遣会社の担当者が派遣先と交渉などをしてくれますので、その点でも安心です。

また、派遣会社は独自にキャリアアップやスキルアップの研修などを行っていることが多く、未経験の分野でもチャレンジしやすい環境が整っています。挑戦したい分野があるのであれば、積極的に担当者に相談してみるといいでしょう。

そのほか、派遣の方がアルバイトよりも時給が高い傾向にあること、派遣先の職場が合わなければ変更してもらえることも、派遣で働く大きなメリットです。

デメリットは、先ほどご説明したとおり、働く期間が制限されていることです。職場環境や業務内容が合っているから働き続けたいと思っても、期間を超えて働き続けることはできません。

派遣期間終了後に直接雇用となるパターンもありますが、すべてがそのような流れになるとは限りませんので、長期間の安定という意味では物足りないところはあります。

待遇についても、アルバイトより時給が高いとはいえ、正社員と比べると劣ってしまうことも少なくありません。

アルバイトのメリットとデメリット

アルバイトで働くメリットは、その自由度です。店舗などで働くアルバイトはシフト制で働くことが多いため、自分の都合に合わせて時間や曜日を選ぶことができます。

夏季休暇など期間限定で募集していることも多いため、短期間だけ働きたいという希望にも合わせることが可能です。うまくシフトを合わせれば、ほかのアルバイトとの掛け持ちをして、複数の職場で経験を積むこともできるでしょう。

デメリットは、派遣よりも比較的時給が低いところが多いことです。場所によっては最低賃金と同額程度で設定されていることも珍しくありませんので、収入面ではやや物足りなさを感じる方もいるでしょう。また、アルバイトは派遣よりも不安定な雇用と見られがちなので、社会的信用を得にくいという点でも不利になる場合があります。

違いを理解して自分に合った働き方を選ぼう!

派遣とアルバイトの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてご説明してきました。では、実際に働く場合、どちらを選ぶべきでしょうか。

派遣かアルバイトどっちが良いの?

上記でご説明したように、派遣にもアルバイトにも、メリットやデメリットがあります。それぞれ雇用形態などにも違いがありますので、それらを考慮しながら選択することが大切です。

まずは、自分がどのように働きたいかを考えてみましょう。収入面やキャリアアップなど、ご自身が何を優先したいかを決めると、働き方も決めやすくなります。収入の高さを優先するのであれば派遣、自分のスケジュールに合わせて働きたいのであればアルバイトが良いかもしれません。

働き方を決める上では、自分の得意なことや不得意なことを把握しておくことも必要でしょう。雇用形態だけでなく、仕事の内容にこだわってみるというのも選択肢のひとつです。

仕事内容にこだわるならば、自分の興味関心だけでなく、得意なことを活かせる職場を選ぶことも重要です。たとえ不得意な分野であったとしても、新たな勉強ができると思えば、働くモチベーションにつながるかもしれません。

お仕事探しに迷ったらWorkinへ!

派遣が良いのかアルバイトが良いのか、自分に合った仕事は何なのかなど、お仕事探しに迷った場合は、Workinを活用してみてください。職種や雇用形態、こだわり検索など調べ方が豊富で、あなたに合ったお仕事が探しやすくなっています。

Workinに掲載されている「らくらく自己診断」ツールを使えば、3分であなたの強みを診断することができます。強みがわかれば仕事探しの指標になりますので、分野や業種に迷っている方はぜひ試してみてください。

お仕事の探し方に悩んだ場合は、「お仕事探しマニュアル」が役立ちます。働き方に関するコラムが多く掲載されているので、参考になる情報が見つかるでしょう。

まとめ

似ているようで違いが多い、派遣とアルバイト。どちらもメリットとデメリットがあり、どちらを選んだ方が良いかは人によって異なります。働き方に迷っているという方は、今回ご紹介した情報も参考にしながら、どちらがご自身に合っているか検討してはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop