アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > ブランクがあってもバイトに採用されるのか。おすすめの職種

ブランクがあってもバイトに採用されるのか。おすすめの職種

  • シェア:

「子育ても落ち着いたし、そろそろバイトを始めようかな。でもブランクがあるから色々と心配だ。」このような悩みを抱えている主婦の方は多いと思います。

仕事のブランクが長くても、バイトとして採用してもらえるのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えしていきます。

ブランクがあってもバイトの採用には関係ない

結論から言うと、「仕事のブランクが長いとバイトとして採用されない」といったことはありません。久しぶりの面接で不安になる気持ちは良くわかります。

実際にこれから働こうとする主婦の方は、どのような不安を抱えているのでしょうか。
その不安の解消方法と併せて紹介していきます。

■仕事のブランクがあるから落とされるのでは
子育てをしていたので、仕事のブランクがあることを面接できちんと伝えましょう。
決してマイナスイメージにはなりません。

面接官に「なぜブランクがあるか」をきちんと説明できれば、仕事にブランクがある人でも採用してもらえます。

■子どもの急病などで、シフトに柔軟に対応してくれるか
バイトの面接時に、子どもの急病で早退したり、休んだりする可能性があることを説明しておきましょう。

バイトとしての雇用であれば、シフトも柔軟に対応してくれるはずです。
最初は週2〜3回ほど勤務しながら様子を見て、育児と仕事の両立ができそうなら、シフトを増やしてみると良いかもしれません。

■専門的なスキルがない
バイトをする上で、専門的なスキルは必要ありません。長年の主婦生活で培ってきたスキルも仕事で役に立ちます。

例えば、他の主婦とのご近所付き合いや学校のPTA活動などで身につけたスキルや経験は、バイト先でも活かすことができます。これらも社会で役立つ立派なスキルです。

■バイト先の同僚に馴染めるか
誰でも新しい職場での人間関係には、少なからず不安を感じるものです。バイト先では明るく笑顔で接して、同僚と積極的にコミュニケーションを取りましょう。そうすれば、「この人は接しやすい方だな」というイメージを持たれて、時間が経てば自然とバイト先に馴染めます。

バイトの面接時にブランクが不利にならないようにするには

仕事のブランクが長いと、バイトの面接時に「なぜブランクがあるのか」と必ず聞かれます。
そのブランクで不利にならないようにするには、どうしたら良いでしょうか。

面接でアピールを

仕事のブランクがある人でも「どうしてその企業で働きたいのか」をきちんと伝えれば、バイトとして採用してもらえます。

単に「職場が近いから」「お金を稼ぎたいから」など、どの企業でも当てはまる理由だと「本当にその企業で働きたい」という熱意は面接官にまったく伝わりません。「働ければどこでも良いのかな」と思われて、バイトでも採用されることは難しいでしょう。

・いつも通っているこのお店の雰囲気に惹かれて、バイトをしたいと思った
・ 人と関わることが好きだから、店頭に立って接客をしてみたかった
など、そのお店で働きたい明確な理由を面接で伝えてください。

また、長期間のブランクがあるなら、その理由を正直に面接官に話しましょう。例えば、主婦の方であれば「社会人経験はあるけど、子育てをしていたため、仕事にブランクがある」といった理由です。

もしそのブランク期間で勉強をしていたなら、それはアピールポイントになります。例えば、事務職の仕事に就きたい人が、MOSなどパソコンスキルのアピールができる資格を勉強していれば、「計画性を持って前々から努力していたんだな」と良い印象を持たれます。

志望動機や自己PRの書き方

例えば近所にある個人経営の飲食店で、バイトの募集をしていたとします。そのお店にバイト応募する時の「志望動機」と「自己PR」の一例をご紹介しましょう。

・志望動機
「私はこのお店の近くに住んでいて、週1〜2回子どもとランチを食べに利用させてもらっています。いつ来てもお店の雰囲気、そしてスタッフさんの対応が非常に温かく、ここで働いてみたいと感じていました。今回こちらでバイトを募集していることを知り、またとないチャンスだと思い応募させていただきました。」

・自己PR
「結婚する前は3年ほど飲食店で働いていた経験があります。当時勤務していたのは、スタッフが10人くらいの小さなお店でした。スタッフとお客様の距離が非常に近く、常連さんの好きなメニューは全て覚えていたくらいです。こちらのお店と雰囲気は近いので、当時の経験を活かしお客様に寄り添った接客ができます。」

ブランクOKのバイトを探そう

もし仕事のブランクが気になるようであれば、ブランクOKのバイトを探すのも一つの手段です。

ブランクOKのバイトのメリット

仕事のブランクが長くても、「ブランクOK」のバイトに応募すれば問題ありません。面接でブランクの長さが原因で不利になる可能性も少ないです。

企業側もブランクがある前提で採用してくれているので、仕事も丁寧に教えてくれるでしょう。そういう環境であれば仕事も覚えやすく、着実に働いていた頃の感覚を取り戻せます。一度でも社会人経験があるなら、基本的なビジネスマナーなどはすでに心得ているはずです。

さらに前職と同じ業界・職種で働くなら、その経験を活かせるので、バイト先で即戦力として扱ってもらえるでしょう。

ブランクOKのバイトはどんなものがある?

ブランクOKのバイトは、コンビニのスタッフ、スーパーのレジ打ちなど多岐に渡ります。主婦の方は、ご近所付き合いで人と接したり、日常的に料理をしたりするはずです。

一例ですが、そのようなスキルを活かせる、コンビニのスタッフといった接客業、レストランのキッチンといった調理関係の仕事が始めやすいかもしれません。

このようなブランクOKのバイトは未経験歓迎なところもあれば、美容師みたいに特別なスキルや資格が必要な仕事もあります。基本的には資格不要で働けるところの方が多いので安心してください。

また週の勤務回数や働く時間帯は、企業によってバラバラです。コンビニのように24時間の営業時間内でシフト制で働くところもあれば、ビルの清掃業みたいに朝一の数時間のみ勤務できるバイトもあります。

では実際にブランクOKの仕事を探すには、どのようにして探せば良いのでしょうか。そこで弊社のWorkinというサービスを使ってみてください。

働きたい地域を指定して、「こだわりから探す」を選択すれば、「未経験OK」「ブランクOK」など、あなたのこだわりの条件で検索できます。その他にも「フルタイム勤務」「週3日以内の勤務」など、あなたのライフスタイルに合った仕事を見つけることが可能です。

まとめ

仕事でブランクがあっても、一度働いた経験があれば、時間とともに当時の感覚を思い出すことができます。

また、ブランクを理由に採用しない企業は少ないので、あまり心配する必要はありません。
Workinを活用してあなたの希望にあった仕事を見つけましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop