アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 40代の転職は厳しい?40代でも活躍できる職種を紹介

40代の転職は厳しい?40代でも活躍できる職種を紹介

  • シェア:

転職は若いうちなら良さそうですが、40代になってからだと厳しいというイメージを抱いている人は多いでしょう。しかし40代になってから、これまでとは違う仕事をしてみたくなることもありますよね。

一度きりの人生であるため、やりたいことがあるなら挑戦してみるのも良いかもしれません。ここでは、40代の転職を成功させる方法について解説していきます。

「40代転職=厳しい」のイメージの理由

40代の転職は一般的に厳しいイメージが強く、やりたいことがあったり現在の仕事に満足していなかったりしても、踏みとどまる人が多いです。

なぜ40代になると転職が厳しいイメージが一般的にあるのか、求職者の思う年齢的なイメージと給料面でのイメージから理由を見ていきましょう。

求職者自身が年齢をネックに考えている

40代の転職に難しいイメージがあるのは、求職者自身が年齢をネックに感じているためです。実際に求人を見て探すものの、40代以上を募集している企業は少ないように思うのかもしれません。

探している業界や職種によっては、40代になると即戦力に加え、マネジメント能力を重視するようなところもあります。求められるレベルも上がり、若手と比べて需要がないのではと感じやすいのが、40代の転職に厳しい印象をもつ理由です。

しかし、少子高齢化や労働人口の減少が進んだことで、現場では人手不足が起こるようになりました。人口の変化により、30~40代であってもまだまだ若手人材だとみる考え方もあります。

採用担当側からしても、まんべんなく採用していくことにメリットがありますので、40代だからといって年齢をそこまでネックに考える必要はありません。

給料が下がるイメージ

給与が下がるイメージがあるのも、40代での転職が厳しいと感じる理由です。40代まで長く勤めている会社から転職するとなれば、給料もそれなりに上がっているでしょう。

大半の人は、転職先に現状よりも好条件を求めますから、給料を軸にしているとなかなか転職先が見つからないこともあります。特に、給料が下がる可能性のある未経験職種には挑戦しづらいです。

40代の転職では、給与はもちろん、すべてを現状よりもワンランク上に絞って転職先を探すのは難しいかもしれません。何を条件として残したいか、優先順位を付けて転職先を探す必要があります。

<h2>40代から転職しやすい職種とは</h2>

職種によって40代での転職が厳しいところと、転職しやすいところの差が大きいです。では、どのような職種なら40代で転職しやすいのか見ていきましょう。

営業職

営業職はコミュニケーション能力が重視される職種です。40代ならこれまで営業職の仕事をしたことがない人でも、それなりに対人スキルが身についているでしょう。臨機応変な対応なども求められることが多いため、経験豊富な40代の人にとって有利です。

また、これまで営業職の経験がある人なら、業界が違ってもその経験をアピールできます。幅広い業界で必要とされており求人数も豊富です。

介護職

介護職は人手不足の傾向があり、若い人だけでなく40代の転職希望者も歓迎している介護施設が多いです。直接人の役に立てる仕事で感謝されることも多いため、やりがいを感じやすい仕事でもあります。

また、高齢化が進展していることで、これからも介護職の需要は高いでしょう。やりがいを求めている人や体力に自信がある人は、転職先の候補として検討してみるのはいかがでしょうか。

ドライバー

ドライバーも40代で転職しやすい職種のひとつです。配達などの業務に従事するドライバーと、タクシーなどのドライバーがあり、いずれも人手不足の傾向にあります。特にタクシードライバーは働いている人の年齢層が高く、40代ならむしろ若いという職場も多いです。

ドライバーの仕事は免許が必要ですが、配達などのドライバーであれば、普通一種免許のみでできる場合もあります。これまでの経験と紐付けしやすいため、車の運転が好きな人なら向いているかもしれません。未経験でも採用されやすく、働きやすい職場環境を整えて人材確保に力を入れている企業も多いです。

接客関連

接客は営業職と同様にコミュニケーション能力が重視され、社会人としてこれまで培ってきた経験を活かせる仕事です。イレギュラーな場面での対応力などは、若い人よりも40代の人の方が優れているケースも多く、歓迎されることもあるかもしれません

また、接客の職種は主に飲食店や小売店などで募集が多いですが、それだけではありません。セレモニーホールなどのスタッフも接客の職種に含まれます。さまざまな視点から接客関連の求人を見てみてはいかがでしょうか。気に入った仕事が見つかるかも知れませんよ。

40代で転職を成功させるにはどうすれば良いのか

40代でも職種によっては転職しやすい職種が多いわけですが、それでも失敗してしまう人はいます。では、転職を成功させるためにはどんな点に注意すべきなのか、おすすめの転職方法とあわせて見ていきましょう。

企業が求めていることを理解する

40代での転職の成功に大事なことは企業が求めていることをよく理解することです。企業が求めている人材に近ければ、採用される可能性は高まるかもしれません。

それでは、企業が求めていることとは何でしょう。たとえば、即戦力になるような人材です。業種や職種によっても変わってきますが、いずれの仕事においても基本的なPCスキルやビジネスマナーが身についていることは強みになります。

何事も一から教育する必要がないため、実務を通して教育を行うOJTも企業側は導入しやすいです。

即戦力以外では、柔軟性や協調性をもつ人材もよく求められます。柔軟な姿勢は新しい仕事を身につけるときに、協調性は組織として動くうえで重要だからです。40代の転職者の場合、20~30代の若手では不足している経験をもとに、落ち着いて対応できる強みもあります

企業が求めていることを意識して、40代だからこその強みを生かすことが成功のポイントです。

注意点

40代で転職活動をする人の中には、肩書きを重視しすぎる人も多くいます。これまでと同じくらいか、これまでよりももっと高い地位や年収を求めている人もいるでしょう。しかし、あまり肩書きを重視しすぎると、なかなか転職が上手くいきません

肩書きを重視しすぎる人は、面接のときなどに自然と態度に現れてしまいます。それが採用担当者に伝わると、悪い印象を与えてしまうでしょう。扱いにくそうな人だと思われてしまうかもしれません。そのため、あまり肩書きにこだわりすぎないことが大切です。

また、条件などにあらかじめ優先順位をつけておきましょう。その上で謙虚な姿勢で面接時に話し合うことで、優先順位の高い条件だけは叶うことも多いです。あれもこれもと求めてしまうと、なかなか転職先が決まりません。

年齢を言い訳にして、応募をためらう人もいるでしょう。しかし、応募をためらうことでチャンスを逃していることもあります。希望する条件に近い求人を見つけたら、積極的に応募するようにしましょう。

そして長期戦を覚悟する必要があります。希望する職種や業界へ転職をするには、現在もっていないスキルが必要な場合もあるでしょう。スキルの習得も含めて、長期的な方針を定めた上で転職活動に臨むことが成功につながります。

また、現在の仕事は辞めないでおくのが無難す。現在の仕事を続けたままであれば、もし転職活動が上手くいかなくても、現在の仕事をそのまま続けるという選択肢が残されています。

おすすめの転職方法

40代の場合にはこれまで築き上げてきた人脈などもあるでしょう。そのため、リファラル採用を利用するのがおすすめです。リファラル採用は知人などの紹介を受けて選考を行う採用方法で、最近では導入する企業が増えています。

転職エージェントを利用するのも良いでしょう。キャリア相談などもあるため、不安を払拭した上で面接に臨めます。求人探しやスケジュール管理などを任せられるため、現在の仕事を続けたままでも無理なく転職活動を行えます。

ハローワークも利用してみましょう。地方の場合には、ハローワークで求人を募集する企業が多いです。

未経験でも募集している職種で探してみるのも、転職を成功させるためのコツです。未経験の人材は、企業にとって新しい風を吹き込む存在になるため、40代でも未経験で募集していることはあります。

Workinは、地方の求人に力を入れている求人サイトです。「こだわりから探す」や「ありますよ!メール」など便利な機能も豊富にあります。

こだわり検索では、「未経験可」「研修・教育制度有」を指定して検索できますので、未経験でも募集している企業を検索するのに便利です。ほかにもこだわりの条件で検索できますので、活用してみてください。

まとめ

40代での転職は厳しいというイメージが強いですが、経験の豊富さなど逆に強みになる点も多くあります。職種によっては歓迎してもらえることもあります。

やりたいことがあって転職を検討しているなら、年齢を言い訳にせずに勇気を出して、一歩踏み出してみましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop