アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 30代未経験でもWebデザイナーは目指せる!必要なスキルと働き方

30代未経験でもWebデザイナーは目指せる!必要なスキルと働き方

  • シェア:

近年注目されつつある職業のひとつ「Webデザイナー」は、未経験30代からでも就職・転職することは可能なのでしょうか。

この記事では、未経験から始める際にWebデザイナーとしてどのようなスキルが必要なのか、という点について紹介します。

さらに、実際に働き始めるまでの基本的な流れについても触れていますので、Webデザイナーを目指す際の参考にしていただければ幸いです。

未経験でも30代からデザイナーへ転職できるのか

結論としては、30代の未経験者でも転職することは可能です

しかしそのためには課題もあり、専門職同様の知識やスキルが求められるため、誰でも簡単になれるものではないでしょう。

まずは転職時に必要な心構えについて解説していきます。

Webデザイナーは30代未経験からでもチャレンジできる!

基礎的なスキルを持っていれば、Webデザイナーになれるチャンスがあります

同じデザイナーの仕事でも、業務の範囲によって必要なスキルには違いがありますので、自分の目標に応じて基礎を固めておきましょう。

ただし、これまでのキャリアに応じて待遇や給料は設定されるのを留意しておく必要があります

当然ながら未経験ですので、転職後に収入が下がることも十分にあり得るのです。

また、上司やリーダーが20代などの年下になる可能性も高いでしょう。

同年代はすでに管理職で、社員の多くが20代ということも考えられます。若い世代と同じような、気力や体力も求められるという心構えはしておいてください

Webデザイナーになるには日頃からスキルを磨くことが大切!

未経験からでもチャレンジできるとはいえ、それをカバーするためにはスキルが必要になります

Webデザイナーとして会社で働くことになった場合、常に学ぶことに意欲的で日々スキルを磨いている姿勢を見せることが大事です

仮に年下の上司から指導を受ける形になっても、不必要なプライドは持たず意見をしっかりと取り込める素直さも大切になるでしょう。

自分よりも経験豊富なデザイナーから直接教えてもらえるのは貴重な時間です。

同時に、モチベーションを維持するように努めることも重要になります

年齢層の若い職場の場合でも、孤立しないように同じ目線で学ぶ意思を持ちましょう。「なぜこの職業を選んだのか」ということを明確にしておくと、気分が落ち込んだときでもモチベーションを取り戻しやすいです。

また、自分と同じように、30代からWebデザイナーを志す仲間がいれば、心強い味方となり気持ちが楽になるでしょう。

そのため、勉強会やオンラインサロンなどのコミュニティを利用するのもひとつの対策になるかもしれません。

Webデザイナーの仕事内容と必要なスキル

ここからは、Webデザイナーの具体的な仕事内容や、必要なスキルについて紹介します。

企業や業種によっては担当する仕事が異なる場合もあるため、応募する際には求人情報や面接時などに確認しておく必要があります。

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーの仕事では、企業や個人から依頼を受けてWEBサイトのデザインや制作を担当します。

「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、見やすさ・集客力・デザイン性など、クライアントの要望に合わせて制作を行う仕事です。

担当する業種は幅広く、ホームページのデザインに加え、掲載するロゴマークやバナーの作成などを行うこともあります。

また、実際にホームページとして稼働させるためのコーディングを担当することも多いため、プログラミングの知識も必要になります。

必要なスキル

Webデザイナーとして必要なスキルは多岐にわたります。未経験でも応募可能な求人であっても、ある程度の基礎知識を有していることを求められる可能性があります。

基本的には、以下のようなスキルが必要です。

・HTMLやCSSの知識

・コーデイングスキル

・SEO対策や、データ容量を圧縮する技術

・ブラウザやOSの違いなどで生じる不具合を修正する技術

・色彩知識(色彩検定・カラーコーディネーター資格)

・SEOに関する知識

・基本的な文章力

企業によっては、プログラマーやコーダーに任せてデザインに専念することもあります。

一方で、デザイン業務と同時にWebライターやコピー・LPライターの仕事を兼任する場合もあるため、幅広い知識やスキルが求められます。

未経験から応募する場合であっても、基本的なパソコン操作には慣れておく必要があります。

えることが多く、業務に必要なスキルを学び始めるまでに時間がかかる可能性があるため、事前に身に付けておくべきでしょう。

Webデザイナーとして働くまでの流れ

未経験から就職・転職する場合には、働きながら知識やスキルを身に付ける必要があります。

では、一般的にはどのような流れでWebデザイナーとして働き始めるのでしょうか。ここからは、Webデザイナーとして働き始めるまでの流れについて見ていきましょう。

派遣として働く

派遣は、副業ができ、正社員のような責任・残業などにとらわれない働き方ができるため、ストレスが少ない特徴があります。

一方で、スキルアップにつながる新規案件などは正社員に任されることが多く、思うようにスキルが身につかない可能性もあります。

正社員として働く

正社員は、初心者でもしっかりとスキルアップし、成長できる環境があります。雇用や給与が安定しているため、長く腰を据えて働きたい方におすすめです。

コーダーやプログラマーの経験・知識があると、未経験者でも優遇される可能性があります。

フリーランスとして働く

独立して働くというのもひとつの選択肢です

ある程度の実績や経験が要求されますので、フリーランスになるためには2年から3年ほどの実務経験は必要でしょう。

働き方としては、自分で仕事を取りに行くので、積極性が身に付き営業としてのスキルも高まります

自分で裁量権が持てるため、仕事のペースが調節できるのもメリットです。

しかし逆に依頼が不安定な面もあるため、常に先を見据えながら行動しなければなりません

また、細かい事務処理や経理を自分で行わなければならないため、雇われていたときとは別の仕事が増えることになります。

Webデザイナーの仕事を探すならWorkin!

いざWebデザイナーの仕事を探そうとしたとき、どうやって見つけるのが良いでしょうか。

求人サイトを見てもさまざまな種類があるため、仕事の探し方から考える必要があるでしょう。

そこで、困ったときはWorkinをご利用ください

おすすめの理由は、こだわり検索機能で「未経験者歓迎」「研修・教育制度有」にチェックを入れれば、条件に合う未経験からでも働ける仕事を効率良く探せるからです。

これからWebデザイナーを目指す方にはピッタリの機能といえるでしょう

さらに、希望に合った条件をお知らせしてくれる「ありますよ!メール」もあり、自分で探さなくても理想の求人の情報が届きます。

未経験の仕事をするにあたって、どのように志望動機を書いたらいいかわからないこともあり、不安を感じる方も多いでしょう。

そういったときはお仕事探しマニュアルがお役に立ちます。履歴書の書き方から面接対策に関する情報が載っているのでぜひ活用ください

まとめ

Webデザイナーは、マーケティングや企業のブランディングなど、あらゆる場面で必要とされる仕事です。

スマートフォンの普及で、手軽にインターネットと繋がる機会が増えたことも影響し、年々需要が高まりつつあります。

スキルを身に付けながら自分の強みを磨き、多くの企業に必要とされるようなWebデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

すぐにでも効率的にWebデザインの仕事を探したいという方は、ぜひWorkinをご利用ください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop