アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 【必見】フリーター女性でも就職しやすい5つの職種

【必見】フリーター女性でも就職しやすい5つの職種

  • シェア:

フリーターを長く続けていると、将来について不安を覚えることが増えてきたという女性も多いのではないでしょうか。

将来の安定した生活を考えると、なるべく早い段階で正社員として就職したいと考えるものです。

今回はフリーターの女性が就職しやすい職種を5つ、女性のフリーターの現状と将来、そして就職する際のポイントとあわせて紹介します。これから正社員を目指すか迷われている方は参考にしてください。

フリーター女性の現状と将来

はじめにフリーター女性の現状、そして将来はどのようなことが想定されるのかを見ていきましょう。

フリーター女性の現状

もともと、フリーターに厳密な定義は存在しません。しかし、厚生労働省は平成15年に学生や正社員ではなくパートやバイトをしている10代~20代、または働いていない人を「フリーター」と表現しました。

2019年に実施された労働力調査では15歳~34歳のパートやバイト、およびそれらの希望者をフリーターと定義しています。

女性の非正規職員・従業員数は1475万人で、そのうちパートとバイトに従事している人は15歳~24歳までで133万人、そして25歳~34歳までで121万人にのぼっています。

出典:「労働力調査」(総務省統計局)(https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/pdf/ndtindex.pdf)

フリーター女性の将来

もし高校や大学を卒業してから長い期間をフリーターとして生活していくと、将来はどのようになるのでしょうか。

フリーターの場合、老後にもらえる国民年金は満額で月に6.5万円ほどです。一方、正社員は厚生年金にも加入するため、基礎年金とあわせて月に22万円ほどもらえる計算です。

フリーターとして納めた年金だけでは、豊かな生活は難しいでしょう。老後も働き続けて生活費を補う必要があります。

とはいっても年齢を重ねるほど体力は減少するので、応募できる求人の数は減少することが予想されます。

また、最近は共働きの夫婦が増加し、結婚をしてからも働く女性が増えてきています。正社員として働く女性に安心感を覚える男性も多いため、結婚を考えている女性でも、できるだけ早いうちから正社員を目指しておくと良いでしょう。

フリーター女性が就職しやすいおすすめの職種5つ

フリーターから正社員を目指すのであれば、できるだけ女性が就職しやすい職種を選びましょう。フリーター女性が就職しやすい、おすすめの職種を5つ紹介します。

1.事務職

事務職は、特に女性に人気の高い職種です。

比較的女性正社員が多く、また求人数が多いため、フリーターからでも就職できる可能性が高いでしょう。

基本的にはパソコンを使った内勤なので体力的な負担がかかることはありません。また、残業が少ないところも多いため、プライベートの時間を大切にできるでしょう。

仕事内容はパソコン操作や電話対応、来客対応、書類やファイルの整理など多岐にわたるので、マルチタスクをこなせる人に向いている仕事といえます。

2.サービス職

医療業界や介護業界、そして飲食業界などのサービス業は、人手不足の傾向が強い業界です。

正社員求人も多く出ているため、フリーターからでも採用されるチャンスがあるといえます。

医療業界は女性の正社員が多く、出産や育児への理解も得やすいでしょう。看護助手や介護職員であれば看護師のような国家資格がなくても就職できるので検討してみてはいかがでしょうか。

3.営業職

営業職は実力を重視する傾向が強く、性別や年齢、学歴を問わずに働ける企業もあります。

「未経験者OK」と記載されている求人も多く、営業職としての経験やスキルがなくても、可能性を見込まれれば採用されるでしょう。

相手の話を聞いて上手にコミュニケーションを取る力や、積極的に行動する力がある人に向いている職種です。

4.販売職

衣料品店や化粧品店などの販売職も、多くの女性の正社員が働いている職種のひとつです。

上記で紹介した営業職と同じように、学歴やキャリアよりも人柄や能力が採用で重視される傾向があります。

未経験でも採用しているところが多いため、フリーターからでもチャレンジしやすい職種といえます。お気に入りのブランドでの販売職であれば、さらに仕事へのモチベーションも高まるでしょう。

5.専門・技術職

システムエンジニアやプログラマー、デザイナー、各種研究職などの専門・技術職は、就職するには専門的な知識と技術が求められます。しかし、一度スキルを身に付けてしまえば再就職や転職がしやすい職種です。

また、最近では未経験でも採用しているところも増えています。入社してから少しずつ、仕事に必要となる知識や技術を身に付けられるのはうれしいですね。

フリーター女性が就職するためのポイント

フリーター女性が正社員としてスムーズに就職するためには、いくつか注意すべき点があります。3つのポイントを確認しましょう。

いままでの経験を活かせる仕事を探す

まずは、いままでの経験を活かせる仕事を探すことです。パートやバイトであっても一定期間働き続けたのであれば、その分野に関する知識やスキルが身に付いていることでしょう。

バイト生活の経験は就職活動する際のアピールポイントになります。たとえばカフェのバイトなら接客の経験で培われた対人コミュニケーションのスキルは営業職や販売職などでも十分活かすことができます。

これまでの仕事から何を得たのか、自分自身の棚卸をしておきましょう。

未経験OKの会社を探す

次に未経験を歓迎している会社を探すことです。たとえば、エンジニアや介護職は人手不足なので未経験の人材も求めていることが増えてきています。

また、非正規雇用だと未経験歓迎の仕事が多いため、正社員登用制度がある会社で契約社員やバイトから働き始めることもおすすめです。

仕事に求める条件は3つまでに絞る

最後は、仕事に求める条件は多くても3つまでに絞ることです。求める条件が多すぎると、あなたに適した求人はなかなか見つかりません。

給与や職種、職場までの距離、求められるスキルなど優先順位を考えて、3つまでに絞りましょう。

ただし正社員になることを最優先に考えて条件を緩めすぎると、実際に働き始めてから「自分には合わない」とミスマッチが起こる可能性もあるので注意が必要です。

条件を絞ったら、Workinで求人を検索してみましょう。

こだわり検索で「女性活躍中」「社会人経験不問」など、フリーター女性が活躍できる求人を検索することができます。新しい職種に挑戦したいときは「未経験者歓迎」をチェックしましょう。ほかにもいろんな条件で求人を検索できます。

まとめ

共働きの家庭が増えているといっても、女性であれば正社員になるか、フリーターのままバイトをし続けるか迷うことはありますよね。

将来のことを考えて正社員になるか迷っているのであれば、なるべく早い段階で正社員就職を目指すと良いのではないでしょうか。収入や待遇が大きく異なり、就職することで将来への不安が解消されます。

自分の経験を活かせる仕事を探す、未経験でも歓迎される求人を選ぶ、希望条件は絞るなど、ポイントを押さえることで、スムーズな就職活動ができるようになるはずです。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop