アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 介護職の仕事内容は?あなたに一番合う働き方を見つけよう!

介護職の仕事内容は?あなたに一番合う働き方を見つけよう!

  • シェア:

高齢化に伴い、介護スタッフの需要が年々増加しています。また、これからAIなどの最先端技術によって多くの職がなくなっていくと言われている中でも、看護師や介護士などは生き残っていくと言われています。

やはり、どれだけAIなどの技術を向上させていっても、人の痛みや苦痛を取り除いたり、気持ちに寄り添ったりする職業の代わりは難しいということでしょう。

こういった時代背景から、介護職に興味を持たれている方も多いでしょう。ですが、介護職といっても、働くことができる施設は様々です。

そこで今回は、介護職の仕事内容や働くことができる施設などについてお話しします。

介護職の仕事内容ややりがい

まずは、介護職の仕事内容ややりがいはどのようなものがあるか説明します。

介護職の仕事内容

介護職の基本的な仕事は、以下のようなものがあります。施設によっては、24時間体制で仕事を行うことも。その場合、交代制の勤務がほとんどです。

・食事介助
何らかの理由で食事を自分でとることができない方に対し、適切な量・ペース・姿勢でお食事を提供し、美味しく召し上がっていただけるようにサポートします。

・入浴介助
一人での入浴が難しい方の衣類の着脱、届かない部分の体を洗う、入浴時の転倒防止などを行います。
浴槽をまたぐことができない方のために、機械浴を使用することもあります。

・排泄の介助
排泄は体の健康を把握することができる重要なものです。
ただ、排泄はとてもデリケートな部分ですよね。
「一人でトイレに行けない」
「トイレに間に合わなかった」
と恥ずかしさやストレスを感じてしまう方もいらっしゃいます。
言葉かけに配慮しつつ、素早くそして丁寧に排泄後の清拭を行い、清潔を保てるよう介助します。

・移動の介助
足、腰などの筋力の低下や痛みなどにより、杖や車椅子を使用して移動される方もいらっしゃいます。

補助具などを使用していても、転倒してしまうこともあります。その転倒がきっかけで骨折や寝たきりにつながってしまうこともあるのです。
介護者は、スムーズに安全に移動できるよう介助を行います。

・レクリエーション
施設にもよりますが、介護職員がその日のレクリエーションを考え、利用者さん・患者さんの皆さんに参加していただきます。
レクリエーションでは楽しんでもらい笑顔になっていただくことはもちろんですが、体を動かし、声を出すことで身体機能の維持・回復することが主な目的です。

・部屋の掃除や洗濯
部屋の清掃や環境整備も介護職の仕事です。
綺麗な空間で過ごしていただくことはもちろんですが、感染防止や床にものが落ちていることによる転倒予防といった意味合いもあります。
また、体が思うように動かない方に代わって衣類やリネンを洗濯することもあります。

・家族へのアドバイスやコミュニケーション
面会に来られたご家族に、普段の様子や帰宅後の介護のコツなど、情報提供をすることがあります。

介護職のやりがいは?

介護職のやりがいは、以下のようなものがあります。

・利用者さんや患者さんから直接「ありがとう。」と言っていただける
・利用者さんの回復や退院に関わり、一緒に喜びを分かち合うことができる
・経験を積み資格を取得すればキャリアアップができる
また、介護職の中でも介護福祉士という国家資格があり、将来的にも需要が高い仕事であることも魅力的。介護福祉士を取得することによって、大きなキャリアアップにもなるでしょう。取得の難易度は高いので努力が必要です。

介護職は無資格でも就労可能

介護職にもいろいろありますが、資格を持っていない人でも介護の仕事に携わることが可能です。

介護助手や介護補助は、患者さんや利用者さんの身体介護以外の業務(部屋の清掃・整備・話し相手・配膳など)を行うことができます。

「まずは介護の現場の雰囲気を知りたい」、「利用者さんと関わるところから始めてみたい」という方にオススメです。

実際に利用者さん・患者さんの身体介護を行うことができるのは、介護士(へルパー)・介護福祉士・ケアマネージャーです。
就職する際には、介護士の資格(介護職員初任者研修・介護福祉士実務者研修)を取得していると有利になることもあります。

ヘルパーや介護福祉士・ケアマネージャーにステップアップしたいと考えている人は、施設によって資格取得にかかる費用の一部を負担してくれるところもありますので、求人を探す際に確認してみるのも良いでしょう。

どういった施設で働いている?

次に、介護職員がどのような施設で必要とされているのかお話しします。

・特別養護老人ホーム
日常生活で介護が必要な高齢者が入居し、介護サポートを受けながら生活する施設。
基本的には、要介護3以上の高齢者が入居可能です。

入浴・食事・排泄・移動の介助、ベッドサイドなどの環境整備や入居者とのコミュニケーションを行います。24時間体制の施設がほとんどのため、夜勤勤務もあります。

・介護老人保健施設
在宅復帰を目的とし、リハビリを中心としたケアを提供する入居施設です。
基本的には、要介護1以上の方が入居可能。

入浴、食事、排泄、移動の介助などに加え、リハビリスタッフとの連携やレクレーションを行うこともあります。こちらもほとんどの施設が24時間体制のため、夜勤勤務もあります。

・有料老人ホーム
民間企業が運営する施設で、介護付・住居型・サービス付などに分かれており、種類も様々です。

施設によってレストランやサロンなどがあり、高級ホテルのようなサービスを提供するところもあります。
入浴、食事、排泄、移動の介助などに加え、イベントの開催やきめ細やかなサービスの提供が求められます。

・デイサービス
デイサービスでは日帰りで施設にお越しいただき、入浴・食事・レクレーション・リハビリなどのケアやサービスを提供します。
入浴、食事、排泄、移動の介助などに加え、利用者の方に楽しんでいただくこと、コミュニケーションをとることも重要な仕事の一つです。

・訪問介護
利用者の方の自宅に伺い、身体介護・調理・買出し・部屋の掃除を行います。
中には、1日に複数のご自宅に伺うことも。
その日の様子を記録し、ケアマネージャーと連携をとって必要なケアを提供します。

・病院
病院では、看護師の補助も業務の一つです。
入浴・食事・排泄・移動の介助などに加え、医療器具の管理やリネン交換・配膳なども行います。

このように介護職員が活躍できる場は様々。
施設ごとに働き方が違うこともありますので、自分にあった施設を選択することが可能です。

介護職で向いている人は?

最後に、どのような人が介護職に向いているのかいくつかご紹介します。

【体力がある人】
介護は入浴や移乗・排泄など生活をサポートするため、体力や力が必要になることが多いです。

【細かなところに気配りできる人】
「こんなサポートがあったら気持ち良く過ごしていただけるかも。」など、生活する上でちょっとした気遣いができて思いやりのある方は、介護職に向いていると言えます。

【人の話を聞くのが好きな人】
コミュニケーションは生活をサポートする上でとても重要です。
話を聞いてくれる人がいると言うだけでも生活の質の向上につながります。

まとめ

今回は、介護職の仕事内容や働くことができる施設・向いている人などを紹介してきました。

介護職は、医療スタッフの一員として利用者さん・患者さんの命を預かる責任のある仕事です。

体力的にハードな部分はありますが、それ以上にやりがいを得ることもできます。
気になる方は、ぜひ介護職を転職の候補に入れてみてください。

介護職の求人を探すならWorkinをご利用ください。検索機能が充実しているので、条件に合う仕事を見つけやすくなっています。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop