アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 第二新卒はいつまでなのか メリットや転職成功のコツを伝授

第二新卒はいつまでなのか メリットや転職成功のコツを伝授

  • シェア:

企業の求人募集などで「第二新卒歓迎」などと記載してあるものを見かけることがあります。

新卒と異なる第二新卒枠は、具体的にどのような年齢や経歴の人が該当するのでしょうか。

この記事では、第二新卒はいつまでなのか、メリット・デメリットや第二新卒が転職を成功させるためのコツについて紹介します。

第二新卒はいつまでなのか

第二新卒は一般的に「学校を卒業して3年以内に転職(就職)を希望している人のこと」を指します。

高校卒業後ではなく、大学や専門学校などを卒業して3年以内が第二新卒に該当することがほとんどです。そのため、年齢であれば25~26歳前後が該当するとされています。

ただし、大学院卒や医学部などは卒業年齢も異なってくるため、年齢は前後することがあり明確な定義は存在していません。

つまり、卒業後一度就職したのち、3年以内に転職する20代半ば~後半の世代を指す言葉が第二新卒だと認識しておきましょう。

第二新卒のメリット・デメリット

第二新卒は、就職・転職活動の場面においてメリットになる部分とデメリットになる部分があります。

第二新卒として転職を検討している場合には、メリットをうまく活用しながらデメリットをカバーする対策を講じることが大切です。

ここからは、第二新卒のメリット・デメリットには、どのようなものがあるのかという点について見ていきましょう。

メリット

第二新卒のメリットは、現在働いているところよりも労働環境が改善される可能性が高くなる点になります。

既卒や即戦力が求められる転職とは異なり、比較的新卒に近い扱いになるため職種や業種の変更が容易なのも特徴です。

さらに、新卒と異なり社会人経験があるため、基本的なマナーや企業によっては業務の進め方が身についています。

企業によっては新卒教育の負担を軽減できるという判断から、優遇される場合もあるので積極的にアピールしていきましょう。

デメリット

第二新卒のデメリットは「またすぐに転職してしまうのではないか」と自社に定着してもらえないと思われることがある点です。

就職してから3年以内に転職をするため、マイナスイメージが付きやすい傾向にあります。

面接や履歴書などで前向きな転職であることを積極的にアピールし、早期離職するのではないかという懸念を払拭することが重要です。

また、中途採用枠での入社と比較すると業界経験なども浅く、スキルや経験のアピールで既卒者と採用枠を争うのは難しいと考えられます。

即戦力を求めている会社では採用が難しい場合もあるため、未経験・第二新卒歓迎などの求人を探して応募してみてはいかがでしょうか。

企業の中には社会人経験があり自社の環境に適応しやすい年齢として、第二新卒が好まれる場合もあります。

そのような企業では、第二新卒枠として募集を行っている場合もあるため、応募先の候補として検討することをおすすめします。

第二新卒が転職を成功させるコツ

第二新卒として転職を成功させるには、いくつかのコツを抑えておく必要があります。

ここからは、第二新卒として転職活動を始める際に知っておきたい、成功させるためのコツやアピール方法について紹介します。

自己分析で将来像をはっきりさせておく

第二新卒として転職活動を始める際には、まず自己分析をしっかりと行って自分の将来像を明確にしておくことが大切です。

キャリアビジョンやキャリアプランとして、将来的にどのような働き方をしてどのようなスキルを身に付けたいのかを考えておきましょう。

このキャリアビジョンを軸にして、希望するキャリアを達成することが可能な企業を探すようなイメージです。

企業にとっても採用した優秀な人材が長く定着することは、歓迎されていると考えられます。

長期にわたってやりがいのある仕事に携わるためにも、まずは自分がどのような仕事を行いたいのかを明確にしておきましょう。

自分の希望する業務に携わることができれば、働く際のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。

転職理由を前向きに伝える

第二新卒として転職活動を行う場合、面接のときに必ずといって良いほど聞かれる項目が「転職理由」です。

なぜ転職をしたいのかを明確にし、聞かれたときにしっかりと答えられるように準備しておきましょう。

また、同時に退職理由について聞かれることも多いため、ポジティブな言い回しに変換することも重要になります。

「仕事に飽きてしまった」を「新しい仕事にチャレンジしたい」に、「やりたい仕事ではなかった」を「さらにスキルアップできるように」などです。

もし、現在の職場に何か不満があって転職を決意したという場合であっても転職動機はポジティブに伝える必要があります。

職務経歴書や履歴書で自分らしさを主張する

職務経歴書や履歴書で自分がどのような人材で、どのように役立つのかを積極的にアピールしましょう。

スキルや経験をどのように仕事に活かせるのかを考え、応募する職種にマッチする人材だと主張することが大切です。

転職活動を有利に進めるためには、まず自分の希望に合う求人を見つけなければスタートラインに立つことができません。

Workinであれば「こだわり検索」で自分の希望条件に合う求人に絞って検索することができます。

また「らくらく自己診断」を活用すれば3分で自己診断ができるため、自分の強みが分からないという方におすすめです。

さらに、面接対策や履歴書の書き方、職業に関する知識なども「お仕事探しマニュアル」で事前にチェックできます。

第二新卒として転職を成功させるためには事前準備が重要になるので、Workinのさまざまな機能を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

Workinでは、正社員の求人も豊富に掲載しているため、希望の仕事を見つけることができます。

希望条件に合う求人が新たに掲載されたときは「ありますよ!メール」で通知されるので、好条件の求人も見落としません。

第二新卒として転職活動を成功させるための一助として、ぜひWorkinの活用をご検討ください。

まとめ

第二新卒での転職活動は、ネガティブなイメージがついている場合がある一方で人手不足の現代において武器になるものでもあります。

自分の強みを活かして転職活動を行うためにも、まずは自己分析をしっかりと行い、ミスマッチを防ぐための準備を行いましょう。

転職した先で自分のやりたい仕事を任せてもらうには、自分がどのような働き方を望んでいるのかを伝えることも大切です。

将来的なキャリアアップやスキルを身に付ける機会があるのかなども含めて、応募する前に確認しておくことをおすすめします。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop