アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > バイトが「つまらない」と思うのには理由がある。原因と対策を紹介

バイトが「つまらない」と思うのには理由がある。原因と対策を紹介

  • シェア:

バイトがつまらないと感じるのは、雇用側だけの問題ではありません。理由や原因を知った上で工夫を行えば、やりがいを実感できる場合もあります。

ここでは、バイトがつまらないと感じる理由や原因に加え、自分自身でできるモチベーションの向上方法について紹介していきます。

バイトがつまらないと感じる理由

バイトがつまらないと感じるのは、職場の環境に原因がある場合が多くあります。仕事のモチベーションが低下するだけでなく、離職につながることもあるでしょう。

ここでは、バイトでつまらないと感じる要素を3つ紹介します。

仕事内容に不満がある

仕事の内容に不満があると、仕事をつまらないと感じることがあります。同じことの繰り返しで飽きてしまう、やりたい仕事をさせてもらえない、などの理由です。

負担の大きい仕事や苦手な仕事ばかり回ってくるなど、やりがいを実感できない状況が原因として挙げられます。

また、お酒を提供しているような飲食店では、酔っ払い客の対応などにストレスを感じている場合もあるでしょう。

バイトで生活に余裕がなくなるから

急にシフトが入る、希望シフトが通らず勝手に増やされているなど、バイトに追われてプライベートの時間を楽しめないことも要因のひとつです。
ワークライフバランスが乱れ、気分転換できる時間が持てない状況が続くと、気持ちの余裕もなくなってしまいます。

特に学生バイトの場合、テスト期間にも関わらず無理なシフトを強要されると、成績の低下や単位を落とすことにも繋がるでしょう。

逆に、収入増を希望しておりシフトを増やしたいにも関わらず、思うように入れてもらえないことが不満に感じる原因になることも少なくありません。

人間関係に不満があるから

人間関係の不満も、バイトをつまらないと感じる理由になります。失敗に対し、叱責ばかりで褒めて伸ばそうという雰囲気がない場合や、満足に指導されていないような状況です。

また、上下関係だけでなく、同僚との相性が良くない場合も不満に感じるでしょう。会話がないことをつまらないと感じる場合もあれば、飲み会などに執拗に参加を求められることを嫌がる人もいるのではないでしょうか。

自分は問題なく人間関係を構築できていても、他の従業員間の仲が悪いと、職場の雰囲気が悪くなることもあります。

バイトを「つまらない」と思わなくする方法

バイトに不満を持っていても、辞めてしまう前に自分でモチベーションを上げる工夫を試してみましょう。

ここでは、つまらないと感じる状況を自分自身で解消していくための方法について紹介します。

工夫をしてみても改善できない、自分の力だけでは職場環境が変わらないような場合には、心身に異常が出る前に離職することをおすすめします。

個人的な目標を設定してみる

何時までに仕上げる、以前指導されたことを再度間違えないように意識してみる、など仕事にゲーム性を持たせてモチベーションを上げる方法があります。
目標設定をクリアできたら、ご褒美に何か買う、など達成に意義をもたせるのもおすすめです。

目標設定によってひとつの業務にかかる時間が短縮し、こなせる業務が増えることは、仕事のスキルアップにも繋がるでしょう。
スキルアップに対し評価を受ければ、時給アップにつながる可能性もあるため、自分自身で目標意識を持つことは多くの利点があります。

希望を伝えてみる

任せてもらえる仕事の内容やシフトの希望などを伝える努力も重要です。もちろん経営状況やスタッフの数などによって、希望が通らない場合もありますが、自分の意思を伝えることで考慮してもらえる可能性もあります。

希望を伝える際のポイントは、一方的な押し付けにならないように配慮することです。

面接の段階で希望を具体的に伝えておくことや「テスト時期は入れないが、長期休暇中はいつでも入れる」など、交換条件を提示してみましょう。

また、急なスタッフの病欠などで困っている際に、代わりに入るなどし、普段から協力する姿勢でいれば希望が通りやすくなる可能性があります。

メリハリをつける

仕事とプライベートで気持ちを切り替え、メリハリを付けた働き方をするのも有効な手段といえるでしょう。

仕事が終わったあとも毎日残って遅くまで同僚と話しているなど、就業後の時間の使い方にも注意が必要です。

コミュニケーションを取ることは重要ですが、数回の勤務に一度程度に抑え、プライベートの時間を確保する努力をしていくことが大切になります。

積極的にコミュニケーションをとる

バイト先で従業員間のコミュニケーションが不足している場合は、自分から積極的に会話してみるのもおすすめです。

就業中の私語はあまり良い印象に映りませんが、業務に関わる内容でコミュニケーションを取ることは不可能ではありません。
掃除の得意なスタッフにコツを聞く、飲食店のホールスタッフなら、料理の食材や味付けについてキッチンに聞いてみるなどの方法があります。

業務のコツを掴めばスピードアップに役立つほか、料理についてお客様から尋ねられた際に答えられるようになるなどのメリットも多いです。
忙しいタイミングでは難しいものですが、余裕があるタイミングであればコミュニケーションとして役立つでしょう。

コミュニケーションによってチームワークが生まれれば、業務全体の進行もスムーズになり、従業員間で役割分担も容易になると考えられます。

バイト先を変える

さまざまな工夫を行ってみても不満や職場環境などが改善されないのであれば、転職も検討していきましょう。より自分に合う職場に変え、条件の良い仕事を探すことが大切です。

バイトはいくらでもいる、と考えるような企業よりも、バイトでも積極的にキャリアアップを図る企業の方がモチベーション高く働けるはずです。

また、職種を自分の得意なことや、自分自身の裁量が多い仕事に変えるのもベターです。
人に教える際に工夫が必要な家庭教師や、単純作業が好きな人は工場勤務など、自分自身の特技を活かせる職種を選択しましょう。

バイト先を変えたいと感じたら、Workinを活用してみてはいかがでしょうか。

Workinの「こだわり検索」を使えば「シフトを選べる」「週3日以内の勤務OK」など、自分の希望条件で絞り込んで求人を探すことができます。
より条件の良いバイト先へ転職を検討しているのであれば、ぜひWorkinをご活用ください。

まとめ

バイトをつまらないと感じるのは、お金を得ることだけを目標としてしまっている可能性があります。

スキルアップや将来の就職に役立つ社会のマナーを身につけるなど、働くことに意義を見出すのも大切です。

自分自身が工夫をしても改善されないときは、Workinを活用して働きがいのある企業へ転職してみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop