アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 電話でバイト応募するときに準備すべきことや注意点をご紹介!

電話でバイト応募するときに準備すべきことや注意点をご紹介!

  • シェア:

「応募したいバイト先が電話でしか募集を受け付けていなかった!」みなさんは、そんな経験はありませんか。普段あまり電話で話す機会がなかったら、どうやって応募をしたら良いかわからないですよね。

でも、電話をかける前にいくつか準備をするだけで、スムーズに電話でバイト応募をすることができます。

今回は、電話でバイト応募をする際に準備すべきことや注意点などをご紹介します。

バイト先に電話する前に準備すること

電話をかける前に準備することをご説明します。

メモを用意する

電話をかけると、基本的にその場で面接の日程を取り決めることになりますので、スケジュール帳は忘れずに手元に準備します。

そして、面接の日時や場所を書き留めるために、ペンとメモを用意しておきます。面接の日時や場所は間違えると失礼になってしまうので、必ずメモするようにしましょう。

質問内容を整理する

電話をかける前にあらかじめ質問したいことをリストにして書いておきましょう。前もって書いておくと、落ち着いて電話で話すことができますよ。

質問する内容は、次のようなもので大丈夫です。

・仕事内容
・シフト
・勤務場所
・時給
・面接の日時
・面接に持っていくもの

担当者の名前と連絡先を覚えておく

担当者名がわかっていると、電話をかけた際にやり取りがスムーズです。求人広告に載っていない場合は、「採用担当のご担当者様はいらっしゃいますか」と電話をかけたときに聞いてみましょう。

また、「何をみて応募されましたか」と聞かれる場合もあるので、求人広告や求人サイト名もメモに書いておくのをおすすめします。

電話でバイト応募するときの注意点

次は、電話をかける際の注意点をご紹介します。

かける時間帯に注意する

基本は求人広告に載っている受付時間を目安に電話をかけます。もし、受付時間の記載が無い場合は、始業や終業直前、昼休憩、夜の時間帯は避けましょう。

また、職種によってつながりやすい時間帯が違いますので、電話をかける前に確認をしましょう。

・飲食店(昼過ぎ~夕方ごろ)
食事の時間は混んでいるため

・スーパー(13時~16時ごろ)
昼食や夕食の買い出しの時間は混んでいるため

・コンビニ(10時~11時、14時~17時ごろ)
朝や夕方の通勤・通学、会社員や学生の昼休憩とされる時間帯は混んでいるため

電話で話しやすい状況か確認する

騒がしい場所や駅、カフェなどは避けて、周りが静かな場所で電話をかけましょう。自宅や自分の部屋なら落ち着いて話せるのでおすすめです。その際は、テレビや音楽がかかっていないか確認してください。

電話の途中で切れてしまうといけないので、スマートフォンの電波がつながりやすいかどうかも合わせて確認しましょう。

明るい声でハキハキと話す

電話でも第一印象が大切ですので、挨拶をしっかりしましょう。知らない人と話すので緊張してしまうかもしれませんが、担当者が聞き取りやすいように明るい声でハキハキと話すことを意識してください。

自分はまだ学生であっても、電話の相手は社会人です。きちんとした敬語でないからといって、それだけで不採用となるわけではありませんが、話し方には気を付け、丁寧な言葉づかいで話すよう心がけましょう。

バイト応募するときの会話のシミュレーション

電話でバイト応募する際の一例をご紹介します。電話でのやり取りを知っておくと、実際に応募するときに、スムーズに受け答えができます。

以下に担当者への取り次ぎから、面接の日程の確認までの流れを例として挙げているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分
「はじめまして、○○と申します。バイトの求人広告を見てお電話しました。採用担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか」

応募先
「確認しますので少々お待ちください。」
「お待たせしました。担当の○○です。」

自分
「お忙しいところすみません、バイトの求人広告を見たのですが、バイトの募集はまだ受け付けていらっしゃいますか」

応募先
「はい、まだしていますよ。それではさっそく面接に来ていただきたいのですが、〇月〇日の○○時はいかがでしょう」

自分
「〇月〇日の○○時ですね、はい、大丈夫です」

応募先
「ありがとうございます。ではその時に履歴書をお持ちください」

自分
「はい、承知いたしました。では、〇月〇日の○○時にお伺いいたします。どうぞよろしくお願いいたします」

バイト応募で困ったときの対処法

電話をかけた際に困ったことが起きたときの対処法をご紹介します。

担当者が不在のとき

電話をかけたときに担当者が不在だった場合は、担当者がいつ戻るかを確認し、こちらからかけ直す時間が何時ころだと向こうの都合が良いのか確認しましょう。

トーク例

応募先
「○○は出かけております」

自分
「承知いたしました、○○様は何時ころお戻りになられますか」

応募先
「○○時には戻ると思います」

自分
「承知いたしました。では、○○時ころまたかけ直させてもらってもよろしいでしょうか」

応募先
「はい、大丈夫です」

自分
「ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします」

かけ直しを求められたとき

忙しい時間帯に電話をかけてしまい、かけ直しを求められたらお詫びの一言を伝えましょう。そして、かけ直す時間を確認しましょう。

トーク例

応募先
「すみません、いま忙しいのでまた後でかけ直してもらえますか」

自分
「お忙しいところ申し訳ありませんでした。何時ころだとご都合よろしいでしょうか」

応募先
「○○時ころなら大丈夫です」

自分
「承知いたしました。では、○○時頃にまたかけ直させてください」

留守電になったとき

留守電になった場合は、あわてて電話を切らないで、メッセージを残しておきましょう。メッセージを聞いた担当者が折り返し電話をかけてくれる場合もありますので、こちらの連絡先も伝えておきましょう。

トーク例

自分
「はじめまして、○○と申します。バイトの求人広告を見てお電話しました。またかけ直しますので、宜しくお願いいたします。こちらの連絡先は○○○○です」

折り返しの電話が来ないとき

向こうから折り返しの電話が来なかった場合は、翌日まで電話を待ちましょう。もし、翌日になっても電話が来ない場合は、こちらからまた連絡をしましょう。

トーク例

自分
「何度も申し訳ありません、昨日お電話しました○○と申します。バイトの求人広告を見てお電話したのですが、採用担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか」

バイト探しに役立つ情報満載!Workinで情報収集&求人チェック!

Workinには、バイト応募や面接などに役立つ働き方コラム(https://workin.jp/work/)もあるので、初めてのバイトの参考になりますよ。

もし自分の納得のいく求人を見つけられていない場合は、ぜひWorkinを使ってみてください。Workinの求人検索なら、種別に絞り込むことができるので、接客業やバイトなど、自分の条件に合わせて項目にチェックを入れれば、条件にマッチする求人が確認できます。

まとめ

電話でバイト応募する際に準備すべきことや注意点をご紹介しました。
初めてのバイト応募は緊張しますよね。しかし、話す内容さえ決まっていれば落ち着いて話すことができるでしょう。

ぜひ、バイト応募の参考にしてみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop