アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 長期の派遣ってどんな仕事?メリットとデメリットは?

長期の派遣ってどんな仕事?メリットとデメリットは?

タグ:
  • シェア:

短期の派遣は、自身のライフスタイルに合わせて単発的な収入を得るのに最適です。しかし、短期の派遣就労を繰り返しても、専門的なスキルやキャリアを積み重ねることはとても難しいでしょう。収入も安定せず、生活の不安もつきません。

派遣の中には、短期的な働き方に限らず、長期的に同じ職場で働くことのできる求人もあります。長期の派遣は、短期の派遣と比べて働き方はどのように違うのでしょうか。

この記事では、長期の派遣で働いてみたいと考えている人のために、長期の派遣で働くメリットとデメリットをご紹介します。

派遣はどれくらいから長期?

派遣で働く場合、どれくらいの就労期間からが「長期」といわれているのでしょうか。

派遣会社によって異なる

就労期間の定義は派遣会社によって異なります。一般的には、数日~3ヶ月ほどの就労期間を短期派遣、6ヶ月~1年ほどの就労期間を長期派遣としている派遣会社が多いです。しかし、中には2ヶ月以上の就労期間を長期派遣としているところもあります。

同じ職場で働き続けられる期間の上限は、労働者派遣法によって原則3年までと決まっています。これは、派遣労働が一時的または臨時的なものであるという認識の元、派遣労働者の雇用安定とキャリアアップの機会を妨げないようにするためのものです。
※後の項で詳しく解説しますが、3年の上限には例外もあります。

長期と短期、職種の違いは?

長期の派遣は、正社員と同じように重要な仕事を任されることがあります。長期的に業務に携われるので、専門的なスキルを身につけることができるでしょう。

また、長期で同じ職場に働き続けることで正社員とコミュニケーションを取る機会が多くなります。正社員と協力してプロジェクトを進めたり、新しい仕事を教えてもらえたりする機会も増えるでしょう。

長期と比べて短期の派遣は、臨時的な人員不足の補充の意味合いから、単純作業や繁忙期のサポートが中心になります。

長期の派遣で働くメリット

長期の派遣は、短期の派遣ほど気軽に働きだすことは難しいですが、長期で同じ職場で働き続けることにより多くのメリットが生まれます。

ここでは、長期の派遣で働くメリットをご紹介します。

スキルが身について仕事の幅が広がる

長期の派遣は1つの仕事にじっくり取り組むため、専門的なスキルが身につきます。オフィスワークであれば、ExcelやWordなどのパソコンスキルなどを習得できるでしょう。

パソコンスキルは、どの職種でも必須のスキルといえます。今の派遣先の契約期間が終了し、他の派遣先で働くときのアピールにもなるでしょう。

また、事務職の派遣であれば電話対応や来客対応など、社会人としてのマナーを身に着けられる機会もあります。電話対応や来客対応は研修だけでは身につけることが難しく、実践を通したほうが身につけやすいスキルです。

正社員としての事務職の求人は、経験者が求められる場合が多いです。経験がなくて事務職に応募できない場合でも、派遣で経験を積むことで正社員の求人にも応募しやすくなるでしょう。

オフィスワークだけでなく、長期の派遣は新しい職種に挑戦できるチャンスです。研修制度が整っている派遣会社を選べば、未経験でも新しい職種で働くことができるでしょう。

長期にわたって収入が安定する

長期の派遣は重要な仕事を任される機会が多いため、フルタイム勤務はもちろんのこと、繁忙期になれば残業を頼まれることもあります。そのため、残業の少ない短期の派遣よりも月額の給与が高くなることがあります。

また、派遣先では仕事を覚えた人にずっと働いてほしいと考えているため、契約を更新してもらえる可能性が高く、収入も安定しやすいでしょう。

さらに、職場での働きぶりが認められた場合、派遣先から直接雇用される可能性もあります。

長期の派遣で働くデメリット

しかし、長期の派遣で働くことで、メリットだけでなくデメリットも存在します。

ここでは、長期の派遣で働くデメリットをご紹介します。

長期派遣でも上限はある

先ほどもご紹介しましたが、派遣で同じ職場で働けられる期間は、長くても3年が限度です。しかし、3年を過ぎても同じ会社で働きたいと希望する場合、2つの方法があります。

ひとつは派遣先の企業から直接雇用してもらうことです。ただ、派遣先の会社から直接雇用の打診がなければ、直接雇用してもらうことはできません。

また、直接雇用になることで給与が下がる場合もあります。派遣先と契約をする前に雇用形態や福利厚生などを確認する必要があります。

もうひとつは、派遣として同じ会社の違う部署に配属されることです。しかし、違う部署に移ることで仕事内容や業種が変わる可能性があります。

派遣先に直接雇用してもらえない場合、派遣会社から次の派遣先を紹介してもらわなければなりません。違う派遣先で同じ業種で働きたいのか、違う業種になっても同じ会社で働き続けたいのか、派遣会社の担当者と話し合って仕事を紹介してもらいましょう。

待遇などが正社員とは違う

派遣は、交通費が支給されない場合が多くあります。長期派遣の場合も同様です。契約の前に交通費が支給されるかどうか確認しましょう。

派遣は、雇用契約を結ぶ相手は派遣会社です。給与は派遣会社から支給されるので、賃金やボーナス面なども正社員とは異なります。

基本的に、派遣はボーナスが支給されることはありませんが、その分賃金は高めに設定されています。

さらに、派遣には昇給する機会がありません。どれだけスキルを上げても最初に契約した時給のままですが、正社員はスキルの向上によって昇給や役職が上がる可能性があります。

正社員との待遇の差を感じる場面が多くなると、働くモチベーションを保つための工夫が必要になるでしょう。

Workinなら長期・短期どちらの派遣求人もチェックできる!

Workinでは、派遣求人も多数掲載しています。こだわり条件から「長期」「短期」を選択できるので、ご自身に合った働き方を探せます。また、派遣だけでなくさまざまな雇用形態も選択できるので、求人検索がしやすいでしょう。

さらに、「お仕事探しマニュアル」では、派遣にまつわるお役立ち情報を豊富に掲載しています。仕事探しに関するさまざまな記事を読むことで、求人に応募する前の不安が和らぎますよ。

まとめ

長期で働ける派遣は、短くても2ヶ月間、最長でも3年間同じ職場で働き続けることができます。同じ職場で働けることでスキルが向上し、キャリアアップのチャンスをつかめるでしょう。

長期の派遣は、正社員と比べると待遇面にデメリットがありますが、自身のスキルを磨くチャンスでもあります。

仕事ぶりが認められれば、派遣先の企業に直接雇用してもらえる可能性もあります。同じ職場で長く働きたいと考えている人は、ぜひ長期の派遣という働き方に挑戦してみてください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop