アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 無期雇用派遣とは?一般的な派遣と何が違う?

無期雇用派遣とは?一般的な派遣と何が違う?

  • シェア:

派遣雇用のなかには、無期雇用派遣があります。

 

文字通り雇用期間が定まっていない派遣のことですが、通常の派遣と無期雇用派遣では何が異なるのでしょうか。

 

無期雇用派遣のメリットやデメリットも合わせて、見ていきましょう。

無期雇用派遣の基本情報とは

 

派遣には、派遣の度に有期雇用契約をする登録型派遣と、派遣元と無期雇用契約をする常用型派遣があります。無期雇用派遣は常用型派遣と同じ派遣の形態です。

 

そんな無期雇用派遣と、通常の派遣である登録型派遣、正社員との違いを解説します。

 

通常の派遣と何が違うのか

 

無期雇用派遣は、派遣先があるかどうかにかかわらず、期限を設定しない雇用契約を、派遣元と常に結んでいる状態の働き方です。

派遣元が直接雇用する形で、派遣先が雇用する訳ではありません。

 

一方、通常の派遣にあたる登録型派遣は、派遣元が雇用する点では共通していますが、派遣先が決まらないと雇用契約は行われない働き方です。また、雇用契約は派遣先に派遣される期間に限られ、期間が終了すると雇用契約も終了します。

 

このように、登録型派遣では雇用契約のない待機の期間が発生し、雇用面が不安定です。

一方、無期雇用派遣は常に派遣元に雇用されている安心感があります。

なお、派遣元によってははじめから無期雇用派遣にする場合もありますが、登録型派遣の企業も多いです。

 

雇用が不安定という労働者の働く環境改善のため、法改正により、2013年4月以降は登録型派遣も契約期間が通算で5年を超えれば、労働者の希望で無期雇用派遣に転換できるようになりました。

正社員との違いとは

無期雇用派遣は、正社員のように無期雇用契約を結ぶという点で同じように考えられることもありますが、明確にふたつの働き方は異なります。

 

無期雇用派遣は派遣元が契約先で、派遣元とは異なる場所で働くのに対し、正社員は企業との直接契約だからです。

 

無期雇用派遣は派遣先をはさむために、賞与など待遇に関する部分が正社員とは異なります。

 

ただ無期雇用派遣と正社員は、無期雇用契約のため似ている部分も多く、どちらとも職能給が中心で、企業側での解雇は基本的にはできません。

これは、無期雇用派遣と正社員の両方に解雇に関する法律が適用されるためです。

 

無期雇用派遣のメリットとデメリット

 

無期雇用派遣はどのような働き方か、通常の登録型派遣との違い、正社員との違いから説明してきました。

 

それでは、無期雇用派遣で働くとなった場合、労働者側にはどのようなメリットやデメリットが考えられるでしょうか。それぞれ解説します。

 

無期雇用派遣のメリット

 

無期雇用派遣の一番の特徴は、派遣元と常に契約を結んだ状態でいられることです。

 

つまり、常に派遣元から雇用されていることになり、たとえ派遣先との契約が切れて待機になっていても、雇用は継続し、給与が支払われることになります。

 

実際には、報酬の発生しない待機の時間が生まれることは、派遣元の損害になるため多くありません。ですが、働く側から見れば万が一派遣先が急になくなっても、収入がある安心感につながるでしょう。

 

また長期間、同じ職場で働ける可能性があるのも無期雇用派遣のメリットです。

 

通常の派遣では、3年の制限があり、3年を超えて同じ職場で働くことはできません。

 

しかし、無期雇用派遣は3年の制限がないため、契約が継続すればより長く働き続けることができます。同じ職場で働き続けることで、キャリアを積むことも可能です。

 

さらにキャリアに関連して、無期雇用派遣は、研修やキャリアアップを考えられる環境にあることもメリットに挙げられます。

法律により、無期雇用派遣を行なう場合はキャリア形成支援制度の実施が義務付けられるためです。

 

キャリア形成支援制度とは、長期的なキャリアを育むための制度で、派遣元によってビジネスマナーやパソコンを利用したスキルアップなど、さまざまな内容の支援が行われています。

 

このように、長期的な雇用という点で無期雇用派遣はメリットの多い働き方です。

 

無期雇用派遣のデメリット

 

無期雇用派遣のデメリットは、派遣というよりは正社員に近い働き方になってしまうことです。

 

派遣元に常時雇用されるため、常に働く状態が続き、ライフスタイルに合わせて一時的に待機時間をつくる、働く場所を変えるなどの柔軟な働き方の実現という意味では、少し難しくなってしまいます。

 

派遣という名前は付きますが、一般的な派遣のような自由な働き方に制限がかかります。

時間的な問題も発生し、短時間労働という働き方も難しいです。

 

もうひとつ、デメリットに挙げられるのが、無期雇用派遣は受け入れに慣れてない派遣元では扱いが難しくなることもあります。正社員・派遣とも異なるため、扱いに迷う企業も少なくありません。

 

例えば無期雇用派遣の場合、派遣元の一社員のような扱いになるため、登録するだけで仕事をもらうことはできなくなります。

 

書類選考や面接を受けて派遣元に採用されなくてはならないため、通常の派遣のような気軽さはありません。受け入れに慣れていない派遣元だと、採用までに時間がかかったり、採用までのハードルがより高くなったりすることもあります。

 

無期雇用派遣に契約変更するための条件や申請方法について

 

無期雇用派遣について、メリットとデメリットを紹介しましたが、長く正社員に近い働き方をしたい、安定した収入を得たいなら無期雇用派遣は、魅力的な働き方です。

 

先にも簡単に紹介しましたが、すでに登録型派遣で働いている場合であっても、無期雇用派遣に切り替えられる場合があります。

 

それは、派遣元との有期契約期間が、通算で5年を超えている場合です。

 

ただし、5年を超えていても自動的に派遣元が無期雇用派遣に切り替えてくれるのではなく、労働者側から申し入れをしなくてはなりません。

労働者から契約変更を申請し、無期雇用派遣での契約更新を行なうことではじめて、無期雇用派遣の契約に変更することができます。

まとめ

無期雇用派遣は、派遣元に雇われるという派遣の性質を持ちながら、基本的に解雇のない安定して収入が得られる正社員のような特性を持った、派遣と正社員の中間的な存在です。

 

これからの働き方の多様化を考えれば、無期雇用派遣での働き方も視野に入ってきます。

Workinに掲載されている求人は、正社員だけでなく派遣の求人も豊富です。

派遣の求人を探す際は、通常の派遣なのか、無期雇用派遣なのかにも注目しつつ、自分に合ったお仕事を探してみてはいかがでしょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop