アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 【30代フリーター】正社員を目指すときの課題と対策

【30代フリーター】正社員を目指すときの課題と対策

  • シェア:

フリーターとして働いている人の中には、働き続けているうち、いつのまにか30代になったという人は多いのではないでしょうか。

20代では気にしたことがなかった人の中にも、30代になってフリーターでいることに漠然とした将来への不安を感じている人は多いでしょう。

この記事では、30代がフリーターでいることに不安を感じやすくなる理由や、フリーターから正社員を目指す際のポイントについて紹介します。

30代でフリーターということに不安を感じやすくなる理由

30代でフリーターということに不安を感じやすくなるのは、どのような理由からなのでしょうか。ここでは、不安を感じさせる主な理由について解説します。

バイトと正社員との違いをはっきりと感じるようになった

フリーターのまま30代になると、バイトと正社員の違いをはっきりと感じやすくなります。

働き始めてから数年以上経過すると「もっと責任ある仕事がしたい」「自分の能力を評価して欲しい」「もっと給料が欲しい」など、仕事に対する余裕が生まれ、同時に欲求があらわれるのではないでしょうか。

すると、正社員と自分の働き方や給与の違いに意識が向きやすくなります。

また、同年代の正社員が管理職についている場合だと、業務内容の差などから、より不安に感じやすくなります。

友人と自分を比べて辛くなる

30代になると、周囲の友人の中には結婚して子どもが産まれ、家庭をもつ人も増えてきます。

正社員として家計を維持している同年代の友人と自分の状況を比較してしまい、フリーターでいることに不安を感じることもあるでしょう。

結婚や子育てを意識することが多い年齢でもあるため、将来への金銭的な不安につながると考えられます。

社会的信用の差を感じる

正社員と比較したとき、フリーターでは社会的信用が低いと感じることがあります。

不動産の購入に必要なローンやクレジットカードの審査に通らないなど、生活の面で影響が出ることがあるためです。

社会的信用の低さを目の当たりにすると「親や家族をこの先守っていけるのだろうか」と不安に感じやすくなります。

30代フリーターが就活を始めるのは厳しいのか

「30代から就活を始めるのは厳しいのでは」と思う方もいるかもしれません。

結論から言うと、30代から就活を始めることは可能です。ただし、20代と同じように転職するには厳しい場合が多いので、アプローチ方法と就活の進め方を工夫する必要があります。

ここでは、20代の転職とはどのようなアプローチ方法の違いがあるのか、就活を進める際のポイントについて紹介しましょう。

アプローチの仕方は20代の転職と異なる

30代の転職では、20代の就活や転職活動と比較して、求められている資質はどのようなものなのかを把握しておくことが大切です。

今まで働いてきた経験から得たスキルや能力をアピールするために、バイト経験を活用するのも手段のひとつとして検討してみましょう。

とくに長く働き続けてきた経験がある場合、しっかりと自社に定着してくれると見込んで採用してもらえる場合もあります。

応募する際は、1社にこだわらずに何社もチャレンジしながら、自分のスキルや資質を評価してくれる企業を探してみましょう。

30代フリーターは段階的に就活を進めるべき

30代のフリーターは、段階的に就活を進めることがポイントです。複数の求人サイトを利用して「未経験歓迎」の求人をチェックしましょう。

また、職業訓練校に通ってスキルや知識の基礎を身に付けておくのも手段のひとつです。

正社員の募集にばかり応募するのではなく、バイトや契約社員から正社員登用を行っている会社を探す方法もあります。

転職エージェント、ハローワークなど、マンツーマンでヒアリングやアドバイスを行ってくれるサービスをうまく活用しましょう。

30代フリーターが就職や転職を成功させる方法

30代のフリーターが就職や転職を成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、フリーターからの就職や転職を成功させるための方法と意識しておきたいポイントについて紹介します。

就職しやすい仕事を見つける

30代のフリーターから就職・転職を成功させるには、就職しやすい業種で仕事を見つけることがポイントのひとつです。

人手不足の業界であれば、職歴・学歴不問で未経験者歓迎の求人も多く出ています。それらの中から、今までのバイト経験が活かせる仕事を探すのも効果的です。

営業職・ホテル・ブライダル・運転手・IT系の業種など、募集人数の多い求人を探してみましょう。

面接対策をする

30代はフリーターであっても、ある程度の社会性が備わっていることが求められる場面が多くあります。

とくに面接では言葉遣いなどを含め、社会人にとって基本的なビジネスマナーを意識しておかなければなりません。

ハローワーク・転職エージェント・求人サイトのコンテンツなどを活用して、面接指導を受けるのも就職や転職を成功させるための手段のひとつです。

さらに、履歴書の志望動機や自己PRの添削も受けて精度を高め、アピール力の高い履歴書を作成しましょう。

また、希望する企業がどのような人材を求めているのかをチェックし、的確にアピールすることも重要です。

就職のために何をしてきたのか、勉強内容や工夫したことを伝える方法もあります。

フリーター経験で得たスキルと知識をうまく織り込み、自分が応募先の企業に見合うことをアピールしていきましょう。

フリーターから正社員を目指すなら

フリーターから正社員を目指すのであれば、ぜひWorkinをご活用ください。

応募する前にしっかりとリサーチをしておきたい方は、Workinが提供している新卒・既卒向けの求人情報サイト「ありのまま就活」をチェックするのもおすすめです。

主に新卒向けの求人サイトですが、掲載企業の魅力や募集内容など、より詳しい情報が確認できるため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

また、Workinでも「こだわり検索機能」を使えば、希望の条件に合う求人に絞り込むことが可能です。

「社会人経験不問」「社員登用有」など、自分にマッチする求人を検索できるため、ぜひ就職活動にお役立てください。

まとめ

20代の頃はフリーターとして働くことを選択したものの、30代になって不安に感じる場面が多くなってくることもあるでしょう。

30代になったことを機に、正社員への転職を検討するのもおすすめです。

少子高齢化による人手不足が深刻化していることを背景に、社会人経験や学歴を問わず求人を出している企業も増えています。

就活の幅を広げるために「お仕事探しマニュアル」をチェックすれば、人材不足の業界について詳しく知ることもできます。

30代だからと諦めず、まずは転職に向けてできることから始めてみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop