アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > Web面接を自宅以外の場所で受けるときの注意点

Web面接を自宅以外の場所で受けるときの注意点

タグ:
  • シェア:

近年テレワークの増加や働き方改革の影響もあり、面接をオンラインで行う「Web面接」が増加傾向にあります。

一般的には自宅でWeb面接を受けることが多い一方で、部屋のなかが映るのは避けたいという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Web面接を受ける際の場所に必要な条件や適している場所、Web面接を受けるときの注意点について紹介します。

Web面接を受ける場所に必要な条件

Web面接を受ける場所は、どのような場所でも良いというものではありません。自宅以外でWeb面接を受ける場合には、いくつかの条件を満たしている必要があります。

ここからは、Web面接を受ける場所を探す際にチェックしておくべき条件について見ていきましょう。

Web面接のやり方について、詳しくはこちらで解説していますので、あわせて参考にしてください。
※リンク挿入お願いします

周囲が静かな場所

Web面接を受ける際の環境は、周囲が静かな場所が適しています。面接に集中しやすいだけでなく、雑音が先方に聞こえる心配がないためです。

また、周囲の音や声が大きい場所で面接を行うと、相手の声が聞き取りにくくなる可能性もあります。

何度も聞き返す必要が出てくると、企業の採用担当者にも迷惑をかけることになるため、できるだけ静かな環境を選んで面接を受けましょう。

インターネット環境が安定している場所

Web面接を受けるためには、インターネット環境が整っている必要があります。

オンライン上でビデオ通話などを介して行うので、通信環境が不安定になったり切断されたりすると、面接自体も中断になる可能性があるためです。

また、セキュリティ面では面接内容から個人情報などが流出する可能性があるため、無料Wi-Fiは避けた方が良いと考えられます。

明るい場所

Web面接を受けるとき、音声だけでなく映像も相手に映し出されています。

そのため、暗い場所で面接を受けると表情なども暗い印象になることがあるので、注意するべきです。

照明によって面接官への印象が変わると、自分自身の能力を正当に評価してもらえない可能性があります。

できる限り照明を自分で調整できるような場所を選ぶか、屋内であればWebカメラ用のライトなどを購入するのもおすすめです。

背景が散らかっていない場所

Web面接を受ける場所は、カメラに映る範囲の背景が散らかっていない場所を選ぶことも重要です。

自宅で行う場合は、できるだけ壁を背にするなどして生活感が伝わらないように心がけましょう。

背景の色は画面が暗くなってしまわないように、白にするのがおすすめです。

布を天井から吊り下げることで背景を作ることができるほか、環境を変えることが難しければバーチャル背景を活用する方法もあります。

Web面接を受けるのに適している場所

Web面接を受ける際に適している場所は、具体的にどのようなところがあるのでしょうか。

ここからは、Web面接を行う際におすすめの場所と避けるべき場所の例について紹介します。

プライベートな場所

Web面接を受ける際におすすめの場所には、以下のような例があります。

1.自宅
自宅は、面接を受ける際の環境が上述のように静かでインターネット環境なども整っている場合、面接に適した場所になります。

明るさの証明なども比較的容易に行えることや、スペースをレンタルする費用が必要ないことも利点のひとつです。

2.ホテルの1室
自宅で環境が整っていないのであれば、ホテルなどでWeb面接を受けるのもおすすめです。

背景が落ち着いていて静かなことや、周囲の人の声などが入り込む心配がないメリットがあります。

ホテルによっては、宿泊しなくても良い「デイユースプラン」が用意されているところもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

お店など公共の場所

プライベート空間ではないものの、比較的Web面接に適している場所を紹介します。

1.レンタルスペースの個室
個室タイプのレンタルスペースであれば、周囲に映り込むものがほとんどないのでWeb面接を受ける環境として適しています。

一方で、オープンスペースでは周囲の人がいる環境になるのでおすすめできません。

しかし、個室は料金が割高になることや、個室といっても仕切り板などで区切られただけのブースのようなところも多くあります。

実際に利用する際は事前に一度お試しで利用してみるなどして、環境をしっかりと確認しておきましょう。

2.ホテルラウンジ
ホテルのラウンジであれば、テーブル間隔に余裕があるためWeb面接を受ける場として活用することができます。

商談などで利用されることも多いため、比較的静かな環境で行えるのも利点のひとつです。

しかし、混雑しているときは話し声などが聞こえてくるので、どのような環境か知っている場合や事前の下見でチェックしてから活用してください。

3.貸し会議室
デスクや椅子などの環境も整っており、ビジネス向けの利用が多い貸し会議室もWeb面談に活用することができます。

ビジネスの会議やミーティングなどで使用している企業も多くいるため、静かでプライバシーも守られていることが多くとても便利です。

しかし、個人で借りるには費用が割高になる場合があるため、料金については事前に確認しておきましょう。

できれば避けるべき場所

Web面接を受ける際に、できるだけ避けておきたい場所の例について確認していきましょう。

上述のWeb会議に適した条件に合わないことが多いので、なるべく以下の場所ではWeb面接を受けないことをおすすめします。

・カフェ
・インターネットカフェの個室
・車の中
・カラオケ
・公園
メイクルーム

これらの場所は周囲の人の迷惑になりやすく、完全個室でないため情報が漏れる危険もあります。

やむを得ない事情でこれらの場所でWeb面接を行う場合は、その場所の責任者や周囲の人にひとこと許可を得てから行うようにしてください。

Web面接を受けるときの注意点

Web面接を受ける際に、いくつかの注意点について把握しておくことが重要です。

面接の時間までに事前に準備を行い、実際に面接を受ける際にスムーズに進行できる状態にしておく必要があります。

とくに、場所の確保は最優先です。混雑状況のチェックや予約の必要な場所もあるため、自宅以外の場合はとくに確認しておきましょう。

また、静かで背景は適しているかなど、周辺環境の下見や準備も必要です。自宅であれば音楽やテレビをオフにし、同居している家族にも静かにするように協力を求めましょう。

下準備として必要なのは、周辺環境だけではありません。

面接を受ける際に必要になるPCやスマートフォン、タブレットの音声・カメラチェックやネットの接続状態も確認する必要があります。

また、面接担当者を待たせてしまわないように、10分前にはログインして準備できていると安心です。

就職・転職活動の際には、Workinで求人を探してみてください。

関東・北陸地方に特化した求人サイトで、希望条件を細かく指定して求人を検索できる「こだわり検索機能」などもあります。

また「お仕事探しマニュアルでは、就職・転職活動の際に役立つ情報も多数紹介していますので、ぜひご活用ください。

まとめ

Web面接の場所は、集中できる環境で自分の能力をしっかりとアピールできるようなところを選ぶことが大切です。

企業の面接担当者に時間を割いてもらっているため、できる限り事前に準備を整えたうえで、スムーズに面接が受けられるように心がけましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop