アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 知らないと損するかもしれない?派遣社員・請負社員の違いとは

知らないと損するかもしれない?派遣社員・請負社員の違いとは

  • シェア:

派遣と請負、どちらも登録して派遣先で働くというイメージがあるかもしれませんが、明確な違いを知っていますか。知らずに働きはじめると、こんなはずではなかったと後悔することになるかもしれません。ここでは、派遣と請負の違い、それぞれのメリットとデメリットを説明します。

派遣と請負の違い

派遣と請負では、働き方にいくつか違いがあります。目的、労働者への指示命令、報酬の3つの観点から、派遣と請負の違いをみていきましょう。

目的

まず、派遣と請負では、明確に目的が異なります。派遣と請負の違いの中でも大きなポイントです。

派遣

派遣は、企業から要望を受けて、労働力を提供するものです。派遣会社と派遣先の間には、労働派遣契約が結ばれます。

請負

請負は、企業の求める成果あるいは成果物を、請負契約によって請負会社が提供する契約です。請負と似た契約に「委託契約」がありますが、委託契約は法律上の用語ではありません。請負契約、委任契約、準委任契約の総称として民法上使われています。

労働者への指示命令

派遣と請負では、労働者への指示命令も異なります。

派遣

派遣の場合、実際に就業する派遣先の従業員から指示命令を受けます。このとき、指示命令の範囲に制限があるのが特徴です。あらかじめ派遣契約によって定められた業務の範囲、終業時間の範囲で指示命令が行われます。

請負

請負は、契約先の企業で仕事をする場合であっても、指示命令を下すのは請負会社、つまり実際に雇用契約を結ぶ会社です。業務内容や就業規則、終業時間なども請負会社の規定に合わせて決められます。

報酬

報酬についても、派遣と請負では異なります。

派遣

労働者への報酬の支払いは、派遣会社から行われます。派遣先で働いた分に応じた時給で支払われるのが一般的です。

請負

労働者への報酬は請負会社が支払います。この点は派遣と似ていますが、派遣では時給が多いのに対し、請負は納品物に対して報酬が支払われる点が異なります。

派遣のメリット・デメリット

ここまで、派遣と請負の違いをみてきましたが、実際に働くとして、どういったメリットやデメリットがあるのでしょう。今回は、派遣のうち、一般派遣ともいわれる登録型派遣のメリットとデメリットを説明します。

そのほかの派遣の種類や特徴は、「初めての派遣労働ガイド!種類や働き方について」で確認してみましょう。

メリット

派遣は、派遣会社をとおして、さまざまな会社で働けるのが特徴です。さまざまな業種の企業、さまざまな職種を体験することができます。自分に合った仕事が分からないなら、派遣をとおして職場を知り、経験を積んだうえで、希望する職を見つけることも可能です。

また、時短勤務や夜間勤務などライフスタイルに合わせて柔軟な働き方ができるのもメリットとして挙げられます。

そして、派遣元によっては待遇面が充実しているのもポイント。正規社員などの方が福利厚生はしっかりしているようなイメージがあるかもしれませんが、派遣会社でも福利厚生や教育訓練のサポートに力を入れているところは少なくありません。

デメリット

派遣先で労働する期間のみ雇用契約を結ぶ登録型の派遣は、決まった派遣期間が終わって、次の派遣先が決まるまでが問題です。すぐに決まれば良いのですが、派遣先が決まらない間は給料が発生しません。また、派遣は時給制であることが多く、昇給がないのもデメリットに挙げられます。

このように、派遣を選択すればメリットだけでなく、雇用期間や昇給の問題があることも頭に入れておかなくてはなりません。しかしながら、さまざまな職場で経験が積める強みがありますので、複数の企業で職務経験を積みたい方にはおすすめです。

請負のメリット・デメリット

派遣のメリット・デメリットを挙げましたが、請負はどうでしょう。請負のメリットとデメリットをそれぞれ説明します。

メリット

請負のメリットは、納品物などが明確で、業務の範囲が明らかであることです。派遣と違って契約先の会社で直接指示を受ける訳ではないため、期日までに納品すれば、仕事の進め方など制限は多くありません。

成果物の完成に向けて、与えられた専門の業務を、ほかの業務で遮られることなく、黙々とこなすことができます。

デメリット

請負は、成果物の納品を目的とした契約のため、エンジニアなど一部の職種に限定されることも多いです。そのため、希望する職種で請負の求人がないこともあります。

また請負としている会社の中には、偽装請負の場合もあり、就業者が不当に扱われる可能性もあるため注意が必要です。偽装請負とは、請負契約を装い、実態は労働者派遣の違法な契約のこと。

偽装請負では、請負で指示命令をしない発注者が指示や勤怠管理を行ったり、発注者が労働者を個人事業主として扱ったりするなどのケースが多いです。こうした偽装請負の場合、元々の雇い主が分かりにくいだけでなく、正規の労働者派遣と違って責任があいまいになり、雇用環境が悪くなってしまうことがあります。

このように労働者の不当な扱いを防ぐため、法律上、派遣や請負は明確に区分されているのです。両者の区分と区分の必要性については、厚生労働省のページで詳細を確認できます。

リンク:「労働者派遣と請負の区分の必要性」(厚生労働省)、https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/tekisei_0002.pdf

ここまで説明してきたように、請負には仕事の進め方の自由度はありますが、注意しなければならない点もいくつかあります。専門性の高い仕事も多いので、自身の求めているスキルや技術を磨きたいなら請負での契約がおすすめです。

派遣も請負も求人をチェックしたい方はWorkin!

派遣と請負の違いを説明してきましたが、どちらを選ぶかは、複数の職場で経験を積みたいのか、専門性を高めたいのか、自分の目的に合わせて選択することが大切です。目的を明確にして雇用形態を選べば、後悔することも少なくなります。

Workinなら、派遣、請負に限らず、さまざまな雇用形態での求人検索が可能です。条件指定の検索、フリーワードでの検索にも対応しているので、自分の希望にマッチした仕事が見つかりやすいです。Workinで、効率の良い職探しをはじめてみませんか。

まとめ

派遣と請負は、雇用された会社ではなく、雇用契約を結んだ会社の契約先(請負は一部雇用された会社で作業することもあります)で仕事をするなど、働き方が似ています。しかし、目的や誰が指示命令をするかなど、働き方は大きく異なります。

募集している職種なども異なるため、自身の働く目的を明確にしたうえで、派遣か請負かを選択することが大切です。派遣も請負も、自分に合った仕事を探すなら、Workinを活用してみましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop