アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣で着るべき服装は?オフィスカジュアルって何?

派遣で着るべき服装は?オフィスカジュアルって何?

タグ:
  • シェア:

派遣の登録会や派遣先での勤務で「服装自由」「オフィスカジュアル」といわれた場合、何を着ていけば良いのでしょうか。何事も最初が肝心ですので、きちんとした服装で派遣会社や派遣先の担当者に良い印象を与えたいところですよね。

この記事では、派遣の登録会や派遣先での勤務にふさわしい服装、そしてオフィスカジュアルについてご説明します。業種別におすすめの服装もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

派遣会社の登録会では何を着れば良いの?

派遣として働くためにまず始めに行うことは、派遣会社に登録することです。登録会では、派遣会社の担当者と初めて会うことになります。ここで良い印象を与えることで、自身の希望する業種や企業に紹介してもらえる確率が高くなります。

では、担当者に良い印象を持ってもらうために、派遣会社の登録会には何を着ていけば良いのでしょうか。

「服装自由」でもNGはある

派遣会社によっては「服装自由」といわれているところもありますが、ラフ過ぎたり、カジュアル過ぎたりする服装は避けましょう。派手な服装もNGです。

女性は、メイクやアクセサリーも控えめにしましょう。靴はヒールの高い靴やサンダルではなく、パンプスがおすすめです。

夏の場合は、クールビズを推進している企業が増えてきているため、スーツやジャケットを着用しなくても問題はありません。しかし、暑いからとはいえ上下ともに露出が高い服は避けましょう。

冬の場合は、コートやマフラーなどの防寒具は部屋の中で着用しなければ問題ありません。しかし、ムートンブーツのようなカジュアルなアイテムは避けた方が無難です。

スーツで参加しても良い

何を着ていくか迷ったら、オフィスカジュアルでもOKです。ただし、派遣先との面談があるわけではありませんので、リクルートスーツのようにかしこまらなくても問題ないでしょう。

もちろん、スーツで参加することも可能です。スーツで参加しても決して堅苦しいという印象はなく、むしろ派遣会社の好感度は高くなるでしょう。

登録会とはいえ、派遣会社との面接の場です。少しでも担当者に良い印象を与えることで、自身が希望する業種の仕事を優先して紹介してもらえるでしょう。

オフィスカジュアルってどんな服装?

さまざまなビジネスシーンで求められるオフィスカジュアルとは、一体どんな服装なのでしょうか。

ビジネスシーンに適した服装

オフィスカジュアルにはっきりとした定義はありません。スーツのようにかっちりした服装ではないけれども、ビジネスシーンにふさわしい少しだけカジュアルな服装のことをオフィスカジュアルと呼んでいます。

男性の主なオフィスカジュアルは、以下のような組み合わせになります。

・ジャケット
・襟付きのシャツ
・チノパンかスラックス

ジャケットのカラーは、落ち着いた色合いの紺色やベージュがおすすめです。シャツとパンツは、アイロンのかかった清潔感のあるものを着用しましょう。

ベルトは、黒や茶色のシンプルなデザインのものを着用してください。靴は革靴がおすすめです。毎日履くものですので、汚れていないかこまめに確認しましょう。

女性の主なオフィスカジュアルは、以下のような組み合わせになります。

・シャツやブラウス
・カットソー
・カーディガンかジャケット
・スカートや細身のパンツ

ジャケットは、派手な色合いは避けましょう。シャツやブラウスは白や淡いブルー、もしくはピンクなどの清潔感のあるものがおすすめです。スカートの丈も短すぎず、ひざ下くらいの長さにしましょう。

靴はヒールの低いパンプスが一般的です。サンダルやミュールはビジネスシーンには不向きですので気を付けましょう。

オフィスカジュアルで押さえるべきポイント

オフィスカジュアルで抑えるべきポイントは、以下の3点です。

1.清潔感
2.相手に不快感を与えない
3.動きやすい服装

清潔感は何よりも大切です。スーツは定期的にクリーニングに出し、シャツやパンツにはアイロンをかけましょう。

職場の同僚やお客さまに不快感を与えないように、身につける服の色はモノトーンを中心に、落ち着いたものを選択してください。男性はベルト、女性はストッキングを必ず着用しましょう。

仕事がしやすく動きやすいように、女性は高いヒールの靴は避けましょう。大ぶりなアクセサリーも職場には似つかわしくありません。

男性のオフィスカジュアルに関しての情報は、下記の記事で詳しく紹介しています。
メンズのオフィスカジュアルってどんな服装?定番スタイルやおすすめ小物をご紹介

派遣先で異なる勤務中の服装

派遣会社や派遣先の担当者に良い印象を与えるためには、オフィスカジュアルや職場にふさわしい服装がありますが、勤務中にふさわしい服装は派遣先によって異なります。

この職種にはこの服装で

こちらでは、職種別におすすめの服装をご紹介します。

オフィスワーク

オフィスワークでは、スーツかオフィスカジュアルが良いでしょう。外回りなどの営業の場合はスーツ着用になりますが、事務所内での業務の場合は、必ずしも「スーツでなければならない」というわけではありません。

しかし、事務所にお客様や取引先の方が来客する場合もあります。来客するお客様は、誰が正社員で誰が派遣なのかどうかはわかりません。社内にいる人すべてがその会社の人だと認識します。

派遣先の会社のイメージが悪くならないように、カジュアルな服装になりすぎないオフィスカジュアルを心がけましょう。

工場や作業系

工場や作業系の仕事では、肌を露出しすぎない動きやすい服装にしましょう。

スーツやオフィスカジュアルでは作業がしづらいので、以下のような服装がおすすめです。

・Tシャツ
・ズボン、チノパン
・ジャージ
・スニーカー

工場内の作業では、機械を操作したり高いところに登ったりと、危険がともなう場合も多いです。半袖半ズボンは避け、上下ともに長袖を着用するようにしましょう。

派遣会社や派遣先が作業服を支給してくれる場合も多いです。その場合は、着崩さずにきちんと着用するようにしましょう。

アパレル

アパレルの仕事では、派遣先ブランドのイメージに合った服装を求められる場合が多いです。派遣先ブランドの服を購入して着用することもあります。

すべての派遣先で共通する基本

どの業種に派遣されたとしても、派遣会社の担当者や派遣先の指示に従いましょう。

制服があるときは、必ず制服を着用します。その際は自己流に着崩したりせず、きちんと着用しましょう。

自由な服装で働きたい場合は、Workinであれば、こだわり検索で、「服装自由」「髪型・髪色自由」などの条件で求人を探せます。

まとめ

派遣の登録会などで「服装自由」といわれても、カジュアル過ぎる服装はNGです。派遣先へ勤務する際の服装も、その職種に合った服装を心がけましょう。

きちんとした服装をしていると、社会人としての評価が高くなったり、任せてもらえる仕事が増えるきっかけになったりする可能性もあります。スキルアップのためにも、身だしなみに気をつけて働きましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop