アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > スタイリストとは|仕事内容や種類、魅力について

スタイリストとは|仕事内容や種類、魅力について

  • シェア:

テレビや舞台、雑誌など、華やかな業界で活躍しているスタイリストですが、かっこいいイメージや、センスが必要な仕事だという認識を持っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな素敵な仕事という印象の強いスタイリストについて、具体的な仕事内容や魅力についてまとめました。これからスタイリストを目指したい、スタイリストの仕事に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スタイリストは多くの業界で活躍できる仕事

ファッショナブルなイメージのあるスタイリストですが、実際はどのような仕事をしているのでしょうか。ここでは、スタイリストの仕事内容についてご紹介していきましょう。

魅力を引き出すスタイリスト

スタイリストは、ファッション業界で活躍する職業のひとつです。モデルや芸能人、俳優など、表舞台で活躍する人たちのファッションコーディネートを担当します。

活躍する場所は、テレビ業界だけではありません。ファッション雑誌を中心とした雑誌制作や、映画撮影の現場、CMやポスターなどの広告づくりの場などでも、スタイリストは活躍しています。

表に出ることがないので、一般の人が直接スタイリストの姿を目にすることは多くありませんが、さまざまな業界で活躍することができる仕事です。

その他のスタイリストの種類

ファッション業界以外にも、「スタイリスト」と呼ばれる職業があります。その代表的な職業が、美容院で働くスタイリストです。美容師にもいくつか肩書きがあり、通常、カットなどを担当してくれる人がスタイリストと呼ばれています。

美容院で働くスタイリストは、実力や人気が上がってくれば、「トップスタイリスト」や「マネージャー」といった肩書きになっていきます。ファッション業界のスタイリストと同様に、実力で勝負することができる仕事です。

スタイリストの主な仕事内容・やりがい

ここからは、スタイリストが主に行っている仕事の内容や、やりがいについて見ていきましょう。スタイリストが活躍する業界は多くありますが、ここではテレビや映画業界を例にご紹介していきます。

仕事内容と主な流れ

まずは、スタイリストの主な仕事の内容と流れについて見ていきましょう。

全体のコンセプトを確認する

スタイリストの仕事は、まずはコンセプト全体を把握することからが始まりです。実際の撮影の前に行われる打ち合わせに参加し、撮影の詳細について確認します。ヘアメイクやカメラマンといった、他のスタッフに関する情報収集もこのタイミングで行います。

事前準備

全体のコンセプトが把握できたら、企画に沿った衣装やアイテムを揃えていきます。撮影の内容はもちろん、スポンサーや芸能人の方ご本人、所属事務所などの意向も、アイテム選定の際に参考にします。

スポンサーにとっては商品のイメージが大事だったり、芸能人の方ご本人や所属事務所は、売っていきたい方向性を重視したりすることも少なくありません。その意向に沿ったアイテム探しをすることも、スタイリストにとっては重要なポイントです。

使う衣装やアイテムはどこから借りたのか、担当者や返却日など、すぐにわかるように管理しておくこともスタイリストの仕事です。

現場へ同行する

撮影当日は現場へ同行して、衣装やアイテム着用の様子などを確認します。が合わない場合は微調整をしたり、シワが出ないようアイロンがけをしたりすることも必要です。

そのような仕事をしている際に、自分のメイクが衣装についてしまう可能性があります。そうなると、モデルや芸能人の方が衣装を着用することができなくなり、撮影に支障をきたしてしまうかもしれません。そのような事態を避けるために、スタイリスト自身のメイクは控えることがポイントです。

返却作業と最終確認

撮影が終わったら、借用した衣装やアイテムを担当者に返却します。映像作品の場合、エンドロールに協力会社やブランドが掲載されますので、それに漏れがないかを確認することも大切な仕事です。

魅力ややりがい

スタイリストのやりがいは、自分の仕事の反響を目で見て感じられる点にあります。実際に着用したモデルや芸能人の方や、現場の方に喜んでもらえた瞬間が、成果を感じられる瞬間です。

それを見た視聴者が、自分がスタイリングした衣装について話題にしていたり、実際に売れたりといった大きな反響が得られることもあります。そうした瞬間には、大きな達成感を得られるでしょう。

スタイリストは華やかなキャリアの仕事ではありますが、常に地道な努力が必要です。スタイリングについて学び続けることはもちろん、求められる仕事に常に応えていく実力も求められます。

しかし、大変ではありますが、その努力次第で活躍の場を大きく広げたり、キャリアアップしたりすることが可能です。売れるようになれば、ひとつの仕事あたりの報酬が上がったり、さまざまな現場で仕事をしたりすることもあります。そうした実力が認められる環境で働けるのも、スタイリストの魅力でしょう。

今からスタイリストを目指す方法

スタイリストの仕事は、かなり下積みが必要とのイメージがある方もいるかもしれません。果たして、未経験でもスタイリストを目指すことは可能なのでしょうか。

スタイリストに必要な経験や資格

スタイリストの仕事は特殊なように見えますが、基本的に経験や資格は不問です。スタイリストになるために、必ず持っていなくてはならない資格などはありません。

ただ、ファッション業界での仕事なので、服飾系の学校を卒業している人や、ファッション系の資格や実務経験がある人は、就職の際に有利となることがあります。

スタイリストになる方法

スタイリストの求人は少ないため、行動力が重要です。希望する条件の求人を見つけたら、できる限り早くアクションを取るようにしましょう。

求人を探すだけでなく、すでに活躍しているスタイリストに弟子入りするという方法もあります。スタイリングに伴う雑務などをこなしながら勉強し、独立するチャンスを目指すというものです。

スタイリストではなく、アシスタントの求人が出ていることもあります。それに応募して、アシスタントとして働きながら、将来的にスタイリストを目指すという方法もひとつの選択肢です。

芸能人やモデルなどのスタイリストではなく、一般の方を対象としたスタイリストの仕事もあります。アパレルショップなどで、お客様のスタイリングをする仕事です。華やかなスタイリストのイメージからは少し離れてしまうかもしれませんが、きちんと雇用されることで安定して働くことができます。

求人を探しているのであれば、Workinがおすすめです。希望する条件を細かく設定して検索する機能があるので、よりご自身にあった求人を探すことができます。検索した時点で求人がなかったとしても、新たに掲載されたらお知らせしてくれる「ありますよメール」という機能もあるので、珍しい条件の求人も逃しません。スタイリストの仕事を探している方もぜひ一度、試してみてください。

まとめ

さまざまな場で活躍できる、スタイリストという仕事は、自身の努力やセンスが成果として見えやすく、やりがいのある仕事です。未経験から目指すには、やや狭き門かもしれませんが、不可能ではありません。今回ご紹介した情報も参考にしながら、スタイリストになる道を探してみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop