アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 履歴書をパソコンで作成するか手書きで作成するか悩んだら

履歴書をパソコンで作成するか手書きで作成するか悩んだら

  • シェア:

エントリーシートの作成・提出や、応募先企業とのやり取りにいたるまで、オンラインで完了する企業が増えてきています。

履歴書の提出をデータで求められる場合もあるため、手書きとパソコン作成どちらにすべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

この記事では、履歴書を手書きもしくはパソコンで作成する場合のメリット・デメリットや、パソコンで作成する際のポイントについて紹介しています。

手書きの履歴書とパソコン作成の履歴書のメリット・デメリット

履歴書を手書きするかパソコンで作成するかで迷った際には、双方のメリットとデメリットを踏まえて選択することが大切です。

手書きの履歴書のメリット・デメリット

手書きで履歴書を作成するメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

■メリット
手書きで文字を書くため、書き方や文字のクセなどから個性が出ることが特徴です。人柄や熱意などが文字によって伝わりやすくなる可能性があります。

■デメリット
文字がきれいに書けていないなど、人によっては文字が読みづらくなる点がデメリットです。また、一度下書きをしてから清書に移る必要があるなど、作成に時間がかかることも挙げられます。

パソコン作成の履歴書のメリット・デメリット

パソコンで履歴書を作成するメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

■メリット
パソコンで作成したものは字の上手さが影響しないことから、誰にでも読みやすい長所があります。また、下書きの必要がないため、作成時間が大幅に短縮できるのも特徴です。

一度作成しておけば、複数の企業にデータを送付できるため、何度も書き直す必要がありません。

パソコンの基本操作ができるということのアピールにもなるため、企業によっては好まれる場合があります。

■デメリット
手書きを好む場合や、パソコンを導入していない企業の場合には、評価が得られないこともあります。

また、タイピングミスなどがあると、かえってチェック不足を指摘される恐れもあるでしょう。そのため、パソコンで作成する際にはしっかりと確認するなどの対策が必要になります。

手書きかパソコン作成か履歴書の好みは企業による

履歴書の提出方法は、企業の好みや業種によって異なります。ここでは、どのような企業で手書き、パソコン作成が求められる場合があるか、その傾向について見ていきましょう。

手書きが一般的

基本的には多くの企業で手書きの履歴書が求められています。

バイト・パートの応募なども含め広く採用されているため、応募者・企業双方が「慣れている」ことも理由のひとつではないでしょうか。

求人誌などの紙媒体で求人募集している企業や、老舗企業、家族経営を行っているような規模の小さいところでは、手書きで作成したものがベターです。

もちろん、企業によってさまざまであるため、業種が同じでも異なる可能性があります。求められている提出方法を確認し、それに見合う方法で作成することが大切です。

一部の企業ではパソコン作成が好まれることも

一部の企業では、パソコンで作成したものを好まれる場合があります。たとえば、インターネット上に求人募集を掲載している企業や外資系・ITベンチャー企業などの業種です。

とくに、履歴書と同時に職務経歴書やポートフォリオの提出が求められるようなケースでは、履歴書もパソコンでの作成を求められる傾向にあります。

その場合、企業側から履歴書用のフォーマットが送られてくる場合もあるため、手書きの場合同様に提出方法は確認しておきましょう。

パソコンで履歴書を作成するときのポイント

パソコンで履歴書を作成する際には、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。とくに重要なのは、企業が求めている作成方法に合致しているか、という点です。

たとえば「PDFで送付」を求められているにもかかわらず「Word・Excelのまま」添付するようなことは避けるべきでしょう。

基本的にパソコンで履歴書を作成する場合、履歴書用のフォーマットを使用します。

ネット上の無料でダウンロードできるものを使用する、もしくは企業側から提示されたフォーマットで作成する形になります。

また、フォントや文字サイズは読みやすいものになるように、統一することもポイントです。フォントはMS明朝やMSゴシックなどの、パソコンに標準搭載されているもので問題ありません。

パソコンで作成した履歴書をそのままオンライン上で提出する場合もあれば、印刷して提出することもあります。

印刷して提出する場合には、履歴書用の印刷紙もしくは上質紙などを使用することをおすすめします。

コピー用紙に印刷しないほうが良いということではなく、ほかの応募者との差別化ができるという利点があるためです。

また、パソコンで履歴書を作成する際には、書き方のコツや記載内容について意識すべきポイントがいくつもあります。

Workinの「お仕事探しマニュアル」では、履歴書の書き方や対策、作成における疑問などを解説しています。

そのほかにもお仕事探しマニュアルでは、面接対策やマナーなどについての情報も多数掲載しております。就職活動の一助に活用してみてはいかがでしょうか。

そして、 Workin には地域に密着したさまざまな業種の求人が多数掲載されています。「こだわり検索」の機能で自分の希望条件に絞って求人を探すことも可能です。

希望条件に合う求人が新たに掲載された際には「ありますよメール」で通知されるため、求人の見落としを防ぐこともできます。

さらに、履歴書の作成に役立つ自分の強みを分析可能な「らくらく自己診断」を活用すれば、約3分で自分のアピールポイントが見つけられます。

履歴書の作成から就職・転職・バイト探しなど、さまざまな場面で活用できるWorkinをぜひお役立てください。

まとめ

テレワークの推進や働き方の多様化により、履歴書の作成をパソコンで行うようにと求める企業は今後も増加してくることが予測されます。

パソコンで作成した履歴書では、手書きのように個性を文字で伝えることが難しいため、ポイントをおさえて「記載内容を濃く」していくべきでしょう。

文脈に違和感はないか、誤字脱字は見落としていないかなど、しっかりとチェックしながら、パソコン作成の強みを活かしてみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop