アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 履歴書で修正したいときにやってはいけないこととは

履歴書で修正したいときにやってはいけないこととは

タグ:
  • シェア:

バイトに応募するためにはじめて履歴書を書いたとき、履歴書を書くことに慣れていなくて文字や数字を間違えてしまうときがあります。

履歴書を間違えてしまったとき、新しく書きなおすのが面倒だったり、予備の履歴書がなかったりしたときなど、間違えた箇所を修正して提出しても良いのでしょうか。

この記事では、履歴書を修正したいときにやってはいけないことをご紹介します。履歴書を書くときに失敗しないためのコツもお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

履歴書で失敗したときの修正方法

せっかく書いた履歴書を間違えてしまったとき、新たに一から書きなおすのは大変ですよね。できるならば間違えてしまった箇所を修正して応募したいところですが、履歴書を修正する正しい方法はあるのでしょうか。

Q.どれがマナー違反の修正方法でしょうか

履歴書を修正する際にやってはいけない修正方法があります。以下の修正方法の中で、どれがマナー違反の修正方法だと思いますか。

1.失敗した部分に赤いペンで書き足す
2.修正ペン、修正テープを使う
3.黒ボールペンでわからないように上から隠す

答えは、すべてNGです。どの方法も履歴書を修正する際にやってはいけない方法なのです。しかし、それでは履歴書を修正する方法がなくなってしまいますよね。

そうです。実は履歴書を間違えたとき、よっぽどの理由がない限り、修正を行わないことがマナーなのです。

なぜ履歴書は基本的に修正してはいけないのか

履歴書を間違えてしまったとき、なぜ修正して提出してはいけないのでしょうか。
履歴書は個人情報やそのほかの経歴を直筆で証明する書類のため、修正した形跡があると、そのバイト先に対する志望度が低いとみられてしまう可能性があるからです。

応募先の採用担当者は、履歴書に書いてある内容や履歴書から伝わってくる雰囲気から、応募者の人柄や仕事に対する熱意を判断します。

いい加減に書いたような履歴書だったり、間違った箇所があったりする履歴書は、仕事もいい加減にする人という印象をあたえてしまいかねません。

実際は仕事に対する態度も真面目で、このバイト先で働きたいと真剣に考えていても、履歴書をいい加減に書いてしまった(修正を行ってはいけないと知らなかったなど)ことが原因で誤解されたら悔しいですよね。

あなたの人柄や仕事に対する熱意をしっかり届けるためにも、履歴書を間違えて書いてしまったら、新しく最初から書き直すのがマナーであり、履歴書をきれいに見せるための最善策といえるでしょう。

どうしても修正しなければというとき

しかし、提出期限がせまっているときや、どうしても新しい履歴書を買いに行く時間がないときなど、新しい履歴書に書きなおせないときがあります。

そこで、どうしても履歴書を修正しなければならないときの修正方法をご紹介しましょう。

訂正印を押す

どうしても履歴書を修正しなければならないときは、間違えたところに定規を使ってきれいに二重線を引き、その線上に印鑑を押しましょう。
正しい文章は二重線を引いた部分の1行上に書いていきます。

新たに訂正する文章は黒ボールペンで書いてください。間違えたからといって赤いボールペンで書いてしまう人もいるのですが、黒ボールペンで大丈夫です。

印鑑を押す際は、シャチハタではなく朱肉をつけた印鑑を押します。間違えた箇所を二重線で引いて印鑑を押す修正方法は「訂正印」といいます。この修正方法は、さまざまな公的書類を修正するときにも使用しますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

そのほかの注意点

修正方法以外で、履歴書を書くときの注意点をご紹介します。
応募先の担当者に良い印象を与えるために、ぜひやってみてください。

履歴書を書くときに使用する筆記用具は、黒のボールペンです。こすって消えるタイプのボールペンは履歴書を書く筆記用具として認められていませんので、使わないようにしましょう。もちろん、シャープペンシルや鉛筆もNGですので気をつけてください。

せっかくきれいに書けても、履歴書にシワや汚れがあると台無しになってしまいます。履歴書が曲がったり汚れたりしないように、ファイルに入れて持ち運ぶようにしましょう。

また、履歴書に香水や食品などの匂いが移ってしまうのもNGです。履歴書を書く際は匂いのこもっていない部屋で書くように気をつけてくださいね。

履歴書を書くときに失敗を防ぐコツ4つ

履歴書を間違えてしまうと新たに書き直さなければならず、とても大変です。履歴書を間違えないようにするために失敗しないコツを4つご紹介しましょう。

事前に履歴書の書き方などの知識を付けておく

履歴書は書き方や使う筆記用具が決められている書類です。決められたルールがあることを知らずに間違えてしまわないように、履歴書の書き方やマナーなどの基本的な知識を事前に身につけておきましょう。

Workinには、履歴書や就職、バイト応募に関する最新の情報がたくさん掲載されています。履歴書を書く前に、ルールやマナーを「お仕事探しマニュアル」で、
確認しておくことをおすすめします。

お仕事探しマニュアルには色々な業種のバイト情報も掲載されていますので、バイトの応募先を選ぶ参考にもなりますよ。

下書きをする

履歴書に書く際は、下書きをしてから本番の紙に清書しましょう。応募の動機などはあらかじめ、スマートフォンのメモやほかの紙に書いてまとめてから書くと失敗しにくくなります。

文字のサイズなど、実際に書いてみないとわからないこともあります。そういったときは、後で消せるように鉛筆などで下書きをして、その上から黒のボールペンで清書する方法がおすすめです。鉛筆で書いた文字をなぞるだけなので、間違える心配もなく落ち着いて書けますね。

ただし鉛筆で書いた下書きを消しゴムで消す際は、力を入れすぎてボールペンが滲んだり、履歴書が破れたりしてしまわないように気をつけてください。

焦りは禁物

履歴書は記入欄が多いため、早く書き終えてしまいたいと感じる人もいるでしょう。
しかし、焦りは文字にも表れるものです。急がずきちんと履歴書を書く時間をとって、ゆっくりと丁寧に書きましょう。

完成した履歴書はコピーや撮影をして残しておく

これから先、就職活動や転職活動をする際に何度も履歴書を書く機会があります。
学歴や職歴など、最近の出来事であれば年号を間違えることはあまりありませんが、学生時代から時間が経ってしまうと、うっかり間違えてしまうこともあるでしょう。

さらに所持している資格を記入する際は、取得した年号も書くこととなるため、履歴書を書くたびに調べなおすとなると意外に大変です。

履歴書は面接後返却されないことが一般的なので、この先、履歴書を書くときに参考にできるように、完成した履歴書はコピーや写真に撮って残しておくと役立ちますよ。

まとめ

履歴書はあなたの個人情報や応募の動機などを記入する大切な書類です。履歴書を間違えたとき、間違えた箇所を修正して提出したくなりますが、よっぽどの理由がない限りは新しい履歴書に書き直しましょう。

ぜひ、今回ご紹介した履歴書を失敗しないコツを実践して、採用担当者に良い印象を与えられる履歴書を作成してくださいね。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop