アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > バイトは複数応募してもいい!?応募の是非や辞退方法をご紹介

バイトは複数応募してもいい!?応募の是非や辞退方法をご紹介

  • シェア:

バイトを始めるために求人を探したときに、自分の条件に合う求人がいくつか見つかることがあります。人気のバイト先であればすぐに募集人数に達してしまう可能性もあり、気になる求人が複数ある場合は、同時に複数の求人に応募したくなりますよね。

そこで今回は、バイトの複数応募についてのメリット・デメリットや、応募する際の注意点などを詳しくご説明します。

ぜひ、複数の求人へ応募する際の参考にしてください。

バイトの複数応募について

自分の希望する条件に合うバイトの求人が複数見つかったとき、複数の求人に同時に応募しても大丈夫なのでしょうか?そして、複数応募した場合に気を付けなければいけない点はあるのでしょうか。

バイトに複数応募してもいいのか?

正社員の仕事を探すときに複数の企業に応募するように、バイトでも複数の求人に応募することは可能です。複数応募することは決して悪いことではありませんが、社会人として守らなければいけないマナーがいくつかあります。バイトの応募とはいえ、社会人として働くことには代わりありませんので、採用担当者とのやり取りや、期日までの連絡を必ず守ることなど、失礼のないように気を付けなければいけません。

逆に言えば、社会人としてのマナーさえ守っていれば、複数の求人に応募しても何も問題はないということになります。気になる求人が複数見つかった場合でも、安心して複数の求人に応募することができます。

もしバイトを探すのであれば、ぜひWorkinをご利用してみてください。Workinでは、条件検索から自分にぴったりのバイトを検索することができますよ。

面接で複数応募していることは伝えるべき?

応募する際や面接の際に、複数の求人に応募していることを伝えるべきか迷うことがあるかもしれません。しかし、基本的には自分から複数応募していることを伝えなくても大丈夫です。

ただし、採用担当者から複数応募しているかを聞かれたときは、正直に答えた方がいいでしょう。もし、他の応募先で採用が決まり、辞退の連絡をしなければならなくなったときに、事前に話しておいた方がスムーズに話が進みます。採用担当者側も、採用の連絡を急がなければと気を付けてくれるでしょう。

しかし、どこが第一志望かまでは正直に話さなくても大丈夫です。「なるべく早くバイトを始めたいため」など簡単な理由を添えて、複数の求人に応募していることだけを伝えましょう。

複数応募のメリット・デメリット

社会人としてのマナーを守った上であれば、バイトに複数応募することは問題がないことはわかりましたが、複数応募することでのメリットやデメリットはあるのでしょうか。

メリット

・採用の確率が高くなる
複数の求人に応募することで、1つの求人だけに応募するよりも採用の確率は確実に上がります。人気のバイト先などであれば、募集してくる人数も多いので、複数の求人に応募しておいた方が安心と言えます。

・バイトを素早く始めることができる
バイト先によっては、採用担当者のスケジュールなどにより、面接の日時が遅くなったり、採用の連絡が遅れたりする場合があります。採用の連絡をもらったとしても、職場の受け入れ態勢が整わず、バイトを始める日にちが遅れることもよくあります。今すぐにでも働きたいと思っている場合、複数の求人に応募することで、対応の早い会社に出会える確率は高くなります。

デメリット

・スケジュールを組むのが大変
複数の求人に応募することで、それぞれの応募先の採用担当者とのやり取りや、面接日の決定など、スケジュールを組むのが大変な一面があります。履歴書もそれぞれの応募先に合わせて作成しなければならず、多少手間がかかります。

・面接の日が重なるダブルこともある
面接の候補日は、採用担当者から伝えられることがほとんどです。採用担当者のスケジュールもありますから、面接の日がかぶってしまうこともあります。たとえ同じ日であっても、午前と午後であれば十分に対応は可能だと思いますが、先に受けた面接の時間が伸びてしまう可能性もありますので、面接の時間があまり近くならないようにスケジュールの調整に気を付けましょう。

・いくつか採用が出たときの場合も考えておく必要がある
複数のバイトを掛け持ちする予定であれば、複数の応募先から採用が出ても問題はありません。しかしが、バイト先をひとつに絞るのであれば1つだけバイト先を考えているのであれば、他の応募先へ辞退の連絡を入れなければいけません。面接がまだの場合は、面接のキャンセルの連絡をしましょう。採用の連絡をもらっているのであれば、辞退の連絡をなるべく早くしなければいけません。

受かったバイトを辞退したい場合

せっかく採用されたバイトを様々な理由で辞退しなければいけないときがあります。辞退の連絡をするのは心苦しいものがありますが、社会人として丁寧に対応することが大切です。ここでは、辞退するポイントや辞退するときの例文をいくつかご紹介します。

辞退するポイント

辞退することを決めたら、すぐ応募先に連絡をしましょう。連絡する方法は電話で大丈夫です。連絡する時間帯ですが、飲食店などの場合、ランチやディナーなどの忙しい時間帯は避けて連絡した方がおすすめです良いでしょう。電話の際は、辞退しなければいけなくなった理由と一緒に、時間を取ってもらったことへの感謝の気持ちも忘れず伝えるようにしてください。面接が決まっていた場合も同様に、電話でキャンセルの連絡をしましょう。

辞退の例

・他で採用が決まった場合
「〇月〇日の〇時に面接をお願いしておりました、○○と申します。じつは他で採用が決まってしまい、今回の面接を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。貴重なお時間をいただいておりましたのに、大変申し訳ありません。」

・たまたま他の事情で辞退しなければいけなくなった場合
「先日採用の連絡をいただきました、○○と申します。じつは急な事情により働けなくなってしまいました。せっかく採用していただきましたのに大変申し訳ありません。」

どんな事情があっても、失礼のないようにお断りの連絡をするのが社会人としてのマナーとなります。感謝の気持ちとともに、丁寧に対応することを忘れないようにしましょう。

まとめ

バイトの求人に複数応募する際に気を付けること、複数応募するメリットやデメリットをご説明しました。複数応募することは決して悪いことではありません。一つずつ応募していくよりも非常に効率のいい求職活動と言えます。

社会人としてのマナーに気を付けて応募し、ぜひご自身の希望する条件に合うバイトを見つけてください!

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop