アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 転勤のない仕事を探そう|メリット・デメリットや探し方を解説

転勤のない仕事を探そう|メリット・デメリットや探し方を解説

  • シェア:

就職や転職を考えたときに気になることのひとつが、就職後に転勤することがあるかどうかという点です。

遠方への転勤は、家庭をもつ人にとっては家族全員で引っ越す必要が出てくる場合もあるため、就職を慎重に検討しましょう。

では、転勤のない仕事は、転勤のある仕事と比較してどのようなメリット・デメリットが見られるのでしょうか。

この記事では、転勤のない仕事のメリット・デメリットや具体的な職種、求人の探し方について紹介していきます。

転勤のない仕事のメリット・デメリット

転職のない仕事は、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあるため、比較検討しながら応募先を選ぶ必要があります。

ここからは、転勤のない仕事のメリット・デメリットの両方について見ていきましょう。

転勤のない仕事のメリット

転勤のない仕事のメリットは、そのエリアの顧客と長い付き合いができ、信頼関係を構築しやすい点にあります。

また、転職によって居住地を左右される心配がないため、定住先や家の購入を決断しやすいのも利点のひとつです。

引っ越しにともなう子どもの転校やパートナーの転職などの必要もないので、家族に影響しないのも魅力ではないでしょうか。

単身赴任などで家族と離れる心配もなく、住んでいる地域の人との面識や関係性も深くなると考えられます。

転勤のない仕事のデメリット

転勤のない仕事のデメリットは、一定の場所に住み続けることで人脈が増える機会がない点です。

転勤できるということは、スキルやキャリアアップのチャンスがあるという考え方もあります。

日本国内だけでなく海外支店などへの転勤は、語学力向上や海外の人と仕事することができる機会です。

転勤のない仕事の場合にはそのような大きな環境の変化もないため、心機一転新たな生活を送りたいという場合には適していません。

面接の段階で「転勤できるか」と尋ねられることもあるため、しっかりと自分のキャリアプランを検討しながら決定する必要があります。

絶対に転勤したくないという人は、転勤をする必要がない業種や企業を事前にリサーチしておきましょう。

転勤の少ない仕事はどのようなものがあるのか

転勤をしたくない人にとって、どのような仕事であれば転勤せずに済むのかは知っておきたい情報ではないでしょうか。

ここからは、転勤の少ない仕事にはどのような職種があるのかという点に加え、転勤のない仕事に共通することについて見ていきましょう。

転勤の少ない傾向にある仕事

転勤の少ない傾向にある仕事として、地方公務員などの地域サービスに関わる業種が挙げられます。

そのほかにも、遠隔で仕事をすることができるようなIT系の企業や、事務系の職種は比較的転勤が少ない傾向にあります。

同じ企業でも、事務系などの補助的な業務を行う一般職と、営業や販路拡大などを担っている総合職で異なる場合もあるため、確認しておきましょう。

また、インフラ系の職種である鉄道・ガス・電力・通信関係の仕事も、比較的転勤が少ない職業です。

一方で、上述した職業に当てはまらない金融・人材・建設・商社・国家公務員などは、転勤を指示される可能性が高い業界だといえるでしょう。

転勤のない仕事に共通する特徴

転勤のない仕事は、職種以外にも共通している特徴があります。たとえば、そもそも転勤先がないような会社の場合は、転勤する可能性がほとんどありません。

事業所や店舗が全国で1ヶ所のみの場合は、基本的にその場所で勤めることになるため転勤がないと考えられます。

また、中小企業で社員数が少ないところであれば、大企業で全国に複数の支社を抱えるようなところよりも転勤の可能性は低いでしょう。

転勤が多いとされる業種であっても、入社する企業の規模によっては転勤がないところもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

もし転勤がある企業であっても、家族がいるなどの都合によっては転勤しないことを選択させてもらえる場合もあります。

企業によって異なるため、入社する前に確認するなどして転勤の有無を把握しておきましょう。

転勤のない仕事を探そう

転勤のない仕事の種類や特徴について確認したところで、具体的にはどのようにして求人を探せば良いのでしょうか。

ここからは、転勤のない仕事を探す方法や、探す際に押さえておきたいポイントについて紹介します。

転勤のない仕事を探す方法

転勤のない仕事を探すには、いくつかの方法があります。

入社後に転勤できない旨を伝えるのは、転勤して欲しいと考えている企業にとって負担となるため、事前に確認しておかなければなりません。

求人を探す段階である程度転勤の有無を確認することができるため、しっかりと企業リサーチを行うことが大切です。

1.「転勤なし」の条件を選んだ上で仕事を探すこと
求人サイト・エージェントによっては「転勤なし」を選択できる場合があります。事前に転勤がない企業に絞って求人を探すことができるので、積極的に活用しましょう。

2.転勤の多い業界で仕事を探さないこと
転勤なしを希望しているのであれば、転勤の多い業界で仕事を探すのはできるだけ避けた方が良いでしょう。

もし、その業種で働くことを志望している場合は、転勤なしの働き方が可能かどうかをしっかりとリサーチしておく必要があります。

3.小規模な事業所の仕事を探すこと
全国に支店などがない小規模事業所に絞って求人を探すのもおすすめです。

ただし、社員数が少ない分、自分の専門分野に集中できる環境ではない仕事もあるため、業務内容はしっかり確認しておきましょう。

Workinであれば「こだわり検索機能」を使って「転勤なし」の求人を探すことができます。

地域密着型の求人サイトなので、住みたい街で仕事を探すことができるのも特徴です。

そのほかにも「土日祝休み」のような、細かな希望条件も指定することができます。

転勤のない仕事をお探しの際には、ぜひWorkinで希望条件に合う求人を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

転勤のない仕事は、転勤先の新しい住まいや転出・転入に関わる手続きの負担もなく、落ち着いて仕事ができる利点があります。

しかし、業種によっては企業規模が大きくなると、給与などの待遇が良くなる半面、転勤を求められることもあります。

どうしても転勤はできないが、その業界で働きたいと考えている場合には、応募段階で伝えておくようにしましょう。

また、テレワークなどの遠隔で働くことを希望できる場合もあるため、転勤しない場合の代替策として検討することをおすすめします。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop