アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣先とミスマッチを感じる原因と対策それぞれ3つ

派遣先とミスマッチを感じる原因と対策それぞれ3つ

  • シェア:

ミスマッチは、派遣で働く人から最もよく聞く悩みごとのひとつです。これが理由で、派遣の仕事をやめたり、変更したりする人も少なくありません。派遣で働き始める前には、希望する職種などのヒアリングが行われるはずなのに、どうしてこのようなミスマッチが起きてしまうのでしょうか。

今回は、派遣先とミスマッチだと感じてしまう原因や、そうならないための対策についてまとめました。これから派遣で働こうと思っている方や、ミスマッチに悩んでいるという方はぜひ、参考にしてみてください。

派遣先とのミスマッチを感じるとき

派遣先とのミスマッチを感じる場面は、いくつかあげられます。どのような場面でミスマッチを感じるのか、多くあげられるものをまとめました。

仕事内容が合わない

仕事の内容に関するミスマッチは、よく聞かれます。希望していた業務内容と実際が異なっていたり、持っている自分のスキルを発揮できる環境ではなかったり、という状況に出会うことは少なくありません。

派遣で働き始める上で、スキルアップやキャリアアップを望んでいた場合、仕事内容は重要です。予想していたよりも業務内容のレベルが低く、自分が持っているスキルに見合う環境ではなかった、あるいは身に付けたいスキルとは違う業務内容だった、などのミスマッチが起きてしまうと、希望を叶えることが難しくなってしまいます。

待遇がマッチしない

時給などの待遇に関しても、ミスマッチの原因としてよくあげられます。実際に働いていた方からは、業務内容の割には時給があまり良くなかったことや、想定していたよりも残業が多かった、という話があがることが珍しくありません。

待遇については働き始める前に書面や説明で知らされていますが、業務内容とのバランスなどについては、実際に働き始めてみないとわからないことも多いのです。

職場の雰囲気や人間関係が合わない

人間関係をはじめとした職場の雰囲気や環境も、よくあげられるミスマッチの原因です。直接指示をもらう上司や、同じ部署などで働く人との関係は、働きやすさに直結します。この部分でミスマッチが生じた場合、派遣先の変更を考える人も少なくないようです。

先にあげた仕事内容や待遇と違って、人間関係は事前に知ることは難しいため、ミスマッチも起こりやすいのでしょう。

派遣でのミスマッチはなぜ起きるのか

人間関係や職場の雰囲気など、実際に働き始めてみないとわからない部分は多いです。しかし、仕事内容や待遇など事前にわかるものについては、以下のような理由でミスマッチが起こる場合もあります。

担当者とのコミュニケーション不足

派遣で働き始める前には、派遣元の担当者と就労希望者との間で事前にヒアリングが行われます。そのときに業務内容や待遇などの希望についても確認されますが、そこでうまく希望が伝わっていなかったために、ミスマッチが起きてしまうことがあります。

就労希望者だけでなく、担当者と派遣先との間でコミュニケーション不足になっている場合もあります。派遣先がどのような会社なのか、どのような働き手を求めているのかなど、担当者が十分に確認できておらず、派遣元の希望に合った就労者を紹介できなかったことが、ミスマッチを招くこともあるのです。

担当者や派遣会社が合わない

そもそも、派遣元の担当者との相性が悪く、コミュニケーションがうまくいかないという場合もあります。担当者との関係がうまくいっていなければ、希望も十分に伝わりませんし、派遣先での仕事が始まってからも相談することが難しくなってしまいます。

また、派遣会社そのものの方針が自分の希望とは合っていない、ということも起こり得ます。派遣会社にもいろいろなタイプがありますので、どこを選ぶかで働きやすさが変わってくるという側面も否定できません。

ミスマッチにならないために

では、派遣で働く際にできる限りミスマッチを避けるためには、どうしたら良いのでしょうか。働く側にできる3つの対策をご紹介します。

派遣の相談窓口で相談してみる

派遣で働いている最中にミスマッチを感じた場合やトラブルが起きた場合は、まずは担当者に相談しなければなりません。派遣社員が派遣先に直接交渉することはできませんので、何かあれば必ず派遣元の窓口である担当者に通す必要があります。

しかし、担当者とのミスコミュニケーションが原因となっているときは、担当者に相談することが難しいです。しかし、担当者の変更を申し出ても、派遣会社に応じてもらえない可能性があります。もし何度もミスマッチが起きていたり、コミュニケーションをとることが難しいと感じたりするのであれば、派遣会社が設置している相談窓口などに状況を相談してみると良いでしょう。

派遣会社を変える

同じ派遣会社でミスマッチが続いているのであれば、派遣会社を変えるというのもひとつの選択肢です。担当者との相性や、自分の希望に沿った対応をしてくれそうな派遣会社を見つけて、そちらに変えてみてはいかがでしょうか。

ただし、派遣会社を変えたからといって、ミスマッチが起こらなくなるというわけではありません。実際に働いてみないとわからない部分もありますので、その点は注意しておいた方が良いでしょう。

働き方を変える

派遣という働き方にこだわるのではなく、派遣以外の働き方に目を向けてみるのも良い方法です。

たとえば正社員であれば、派遣と違って有期雇用ではないですし、待遇も安定した条件で働くことができます。正社員に対してはキャリアアップにも柔軟に対応していて、より責任のあるポジションを任されたり、自分のスキルを発揮しやすくなったりするメリットがあります。

Workin なら、検索条件にこだわって、自分の希望に合った仕事を簡単に探すことができます。自分に合った仕事を探したい、という方におすすめです。

まとめ

雇用期間に制限があったり、特定のポジションで働く人が望まれたりと、派遣は正社員と比べて、条件にやや制約がある働き方です。その分、ワークライフバランスを保ちやすいなどメリットはあるものの、ミスマッチが起こりやすい働き方であるともいえます。

しかし、派遣で働く上でのミスマッチは、派遣会社の選び方や事前のヒアリング次第で、防ぐことが可能な部分も多いです。今回ご紹介した情報を参考にしながら、派遣の特性を理解した上で、納得のいく仕事探しができるよう工夫してみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop