アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 事務職の仕事内容はどんなもの?事務職に必要なスキルや資格もご紹介

事務職の仕事内容はどんなもの?事務職に必要なスキルや資格もご紹介

  • シェア:

昨今は「働き方改革」や「ワークライフバランス」が唱えられるなど、官民一体で働きやすい社会作りが進められています。

「休みが取れる」「残業が少ない」といった労働条件は、まさにワークライフバランスの理想が叶うため、多くの人が憧れる働き方ではないでしょうか。

そのような働き方が最も叶いやすい職種の1つに「事務職」があります。

ここでは、事務職への転職を考えている人に向けて、事務職の仕事内容や持っていると転職に有利なスキル・資格などについて解説します。

事務職の仕事内容って?

事務職と一言でいっても、多くの職種に分かれており、仕事内容も多種多様です。一例を挙げると、事務職には次のような種類があります。

・一般事務
・営業事務
・経理事務
・人事事務
・総務事務
・法務事務
・貿易事務
・医療事務
・学校事務

さまざまな職種が混在する事務職ですが、多くの職種で共通する仕事内容もあります。

・書類作成・管理
契約書や見積書、納品書など、会社の事業に関わる書類全般を作成し、処理する業務です。日々の業務で書類は膨大な量に増えていくため、ファイリングや整理を行うことも事務職の仕事です。

・データ入力
会社はさまざまなデータを蓄積・活用しています。たとえば、顧客情報や売り上げ情報、在庫情報など、データの種類や利用目的はさまざまです。

これらのデータを表計算ソフトなどに入力し、管理しやすいようにまとめることも仕事の1つです。

・来客対応
多くの事業所では、訪問者がきたときに営業や人事の代わりに来客対応をするのも事務員の仕事です。担当者がいつも事務所にいるとは限らないため、ほとんどの時間を事務内で過ごす事務員が会議室や待合室に案内をします。

事務職のメリット・デメリット

比較的責任も少なく、プライベートとバランスを取りやすい事務職ですが、人によってはやりがいが少ないと感じる面もあります。

ここでは、事務職のメリットとデメリットを整理します。

メリット

多くの人が事務職に感じるメリットの1つに、ワークライフバランスが取りやすいことがあります。

事務職は総合職(幹部候補)と違って異動や転勤が少ないでしょう。また、営業職と違ってノルマもありません。そのため、業務時間内に仕事が終わらないことはそれほど多くなく、同じ場所で安定して働くことができます。

残業や休日出勤も少なく、多くの事業所では、営業所が休みの土日が公休日になります。プライベートと両立しやすいため、家族と過ごす時間や趣味を優先したい人に向いている職種です。

また、事務職は他の職種をサポートする「縁の下の力持ち」といわれています。そのため、他の社員との連携やサポートが上手くいくと、感謝されやすい職種といえるでしょう。

デメリット

事務職の場合、常に事務所で仕事をしていることから、事務所に関わる業務全般を担うことが多いでしょう。具体的には電話対応からお客様への飲み物の提供、掃除、備品の補充など、雑務といわれる業務です。

また、幅広く仕事を担う一方、業務そのものは変化に乏しいため、ルーティンワークになりがちです。そのため、人によってはやりがいが小さく感じられるかもしれません。

さらに、自分の働きが売り上げに直結する営業職や特別なスキルが必要な専門職と違い、事務職は裏方の仕事になるため、給与が低い傾向があります。

事務職に必要なスキルや資格は?

事務職ではどのような能力やスキルが必要とされるのでしょうか。ここでは、事務職に必要なスキルと資格を具体的に紹介します。

求められるスキル

・PCスキル
事務職の主な仕事は資料作成やデータ入力です。そのため、最低限WordやExcelなどのOfficeソフトを操作できなければ務まりません。また、業務の処理スピードに直結するブラインドタッチはできた方が好ましいでしょう。

・ホスピタリティ
事務職は社内すべてのスタッフに関わりのある職種です。事務職のサポート一つで成果が大きく変わることも多くあります。そのため「自ら他職種と連携し、会社に貢献したい」というホスピタリティの気持ちが重要になります。

・コミュニケーション能力
事務職は、事務所にこもってパソコンに向かうイメージとは裏腹に、社内のスタッフや社外のお客様と関わることが多い職種です。そのため、思いの外コミュニケーション能力が求められます。

また、お客様を迎える仕事も多々あるため、最低限のビジネスマナーも必要です。

持っていると有利な資格

・TOEIC
国内で最も有名な英語力を評価する試験です。外資系企業などでは海外との取引も多いため、ビジネスの表には立たない事務職でも高得点を取っていると重宝されます。

アピールとして履歴書に書くなら600点以上、外資系企業への就職を目指すなら700点以上を目安にしてください。

・簿記
経理や会計の実務的な能力を証明する資格が、簿記です。簿記にはいくつか種類がありますが「日商簿記検定」が有名です。日商簿記検定はレベル別に3級から1級があります。1級を取得すると、大きなアピールになります。

・社会保険労務士
社会保険労務士は、労働法や社会保険の専門知識を有することを証明する資格です。事務職では人事部門や総務部門で重宝されます。

・秘書検定
高いコミュニケーションスキルやビジネスマナーを持つことを証明する資格。これらの能力はどの種類の事務職でも重宝される能力です。

未経験でも事務職に転職するには?

事務職は特別なスキルや資格を必要としないため、未経験の人でも比較的転職しやすい職種といえます。

そのため、未経験歓迎の求人も多くあります。とりわけ一般事務やOA事務は未経験の人でも始めやすいため、求人を探してみましょう。

一方、未経験でもなれる事務職はハードルの低さが災いして、このところの売り手市場にも関わらず高い競争倍率を誇っています。そのため、事務職への応募を勝ち抜くには、工夫が必要です。

事務職への転職の成功率を高める方法の1つが、転職エージェントに登録することです。転職エージェントを利用すると専任のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれるため、希望の職場へ就職しやすくなります。

もう1つの方法は、地方の求人に応募することです。地方では人材不足が深刻であるため、たとえ人気職種であっても倍率が低く、狙い目です。求人サイトを利用するなら、地方に特化したサイトを使いましょう。

「Workin」は地域に密着した求人メディアです。地方求人の案件を多数掲載しており、未経験歓迎の事務職求人も豊富です。

地方で事務職の求人をお探しの方も、ぜひ「Workin」をご利用ください。

まとめ

事務職はワークライフバランスが取りやすく、プライベートを優先したい人にとっては非常に魅力的な職業です。しかも、事務職になるために特別なスキルや資格は必要なく、未経験でも応募ができる求人も豊富にあります。

しかし、その分競争倍率は高く、採用されるためには工夫が必要です。人よりスキルや資格を身につけることや、転職エージェントを利用することで、有利に転職活動を進められるでしょう。

また、地方の求人も狙い目です。地方で未経験可の事務職求人を探すなら、「Workin」の利用も検討してみましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2021 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop