アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 転職して年収をアップしたい!年収を上げるためのコツをご紹介!

転職して年収をアップしたい!年収を上げるためのコツをご紹介!

  • シェア:

転職をすると給与を上げることはできるのか、それとも下がってしまうのか、とても気になるポイントです。

やりたい仕事に就くことや興味のある企業に入社することは、転職をする魅力の1つです。しかし、年収アップが目的で転職を考えている場合、実現ができるのかを最初に確認をしておかなければなりません。

これまでのキャリアを活かすことができれば、収入を上げることは可能なのでしょうか。対して未経験の分野の場合、評価はどうなるのでしょうか。

新しい職場で活躍をするためにも、年収をアップさせる方法について、給与交渉と企業選びのポイントから解説します。

転職して年収アップはできるのか?

経験のある業種へ転職する場合と、未経験分野へ転職をする場合では事情が異なります。経験がない分野でも、所得を上げることは可能です。年収アップはできるのかを説明します。

同業種への転職は年収アップしやすい

年収アップがしやすいのは、同業種へ転職をすることです。金融業界での経験があれば、金融業界へ転職をすることで、年収が上がりやすくなります。

なぜなら今までの業界知識や、培ってきたスキル・ノウハウがあると評価されるからです。とくに売上に貢献するような成果をあげた場合は、収入に反映されやすくなります。

また異業種であっても、今までのキャリアが活かせる企業でも可能性はあります。例えば、業界を問わず通用する職種であれば、年収アップにつながるでしょう。

営業や経理、マーケティングなど、どの業種でも発揮できる職能で転職をすることで、より高所得を狙うことが可能です。

未経験への転職は実力次第でアップしていく

経験がない業種や職種への転職は、実力が問われます。新卒採用で職能については、ほとんど問われません。しかし中途採用では、実務経験が重視されます。未経験の分野であっても、実績を上げることができれば、年収アップが見込めるでしょう。

しかし、入社直後は前職よりも年収が下がる傾向があります。即戦力として活躍できる企業もあれば、一定期間の研修期間がある企業もあります。ほかにも考えうるのは、試用期間中に減額されて給与が支給されるケースです。

未経験分野への転職で、前職からの年収アップを狙うのであれば、年齢給・能力給の賃金テーブルを確認しましょう。入社後、スキルを磨いて実力が評価されたら、結果的に昇給していくことになります。

年収アップのために上手く給与交渉するには?

年収アップをするために、給与交渉がカギを握っています。どうやって給与交渉をすれば良いのか、その方法を紹介します。

自分の市場価値を知ったうえでアピールする

給与交渉の基準になるのは、自分の市場価値です。市場価値とは、専門的なスキルやノウハウ、保有資格、マネジメント経験、人脈の広さ・多さ、社会的な評価・実績などの要素によって決定されます。

今までの経験を振り返って、自分の市場価値を考えてみましょう。給与交渉をする前に、希望をまとめておく必要があります。市場価値から外れるような年収を希望することは、現実的ではありません。

書類・面接選考でも年収アップを伝えられますが、最終的に決定するのは給与交渉の場です。現職・前職での業績やスキルをアピールしたうえで、転職先にどれだけ貢献できるかを伝えましょう。

希望年収額を適切に伝える

給与交渉をするのは、最終面接や内定受諾後のフェーズです。こちらから給与交渉を切り出すと印象が良くありません。とくに面接をはじまって間もない段階ではご法度です。

面接官から質問されたタイミングで、自分の意思を答えましょう。給与に関して、質問がない場合も想定されます。

給与について曖昧にしておくと、入社後にトラブルとなる可能性があります。面接の終盤あたりを見計らって、話を切り出すと良いでしょう。希望年収額は、必ず根拠をつけて話すことが重要です。

転職で年収アップを成功するためのコツ

給与交渉をすることは欠かせませんが、転職先を選ぶ際に年収アップしやすい企業を探すことも有効です。

企業の選び方を間違えれば、給与交渉をしても昇給に失敗してしまいます。転職によって年収アップするためのコツを紹介します。

実力で評価する企業を選ぶ

実力で評価する企業、成果報酬型・歩合制の企業を選ぶことで、給与は上がりやすくなります。

年功序列制では、昇給をするのに時間がかかります。実力主義を重んじる企業の場合、年齢や勤続年数に左右されず、結果次第で年収アップが可能です。

転職者には、即戦力として活躍することが期待されています。実績が収入に直結することは、転職先と転職者どちらにとってもメリットがあるでしょう。

インセンティブ制度を採用している企業でも、数値目標を達成すれば固定給以外にもボーナスが支給されます。いずれにしても成果を評価する企業を選ぶことで、年収アップが目指せるでしょう。

給与以外の福利厚生をチェックする

基本給が前職より下がったとしても、諸手当や福利厚生を合算すると年収アップになる可能性があります。

諸手当は、扶養手当や資格手当、役職手当、時間外手当、住居手当などが該当します。福利厚生とは、賃金や給与にプラスされる非金銭報酬のことです。例えば、社会保険や介護保険、勤労者財産形成貯蓄、社員旅行、社員食堂、社員寮、通勤補助などが挙げられます。

諸手当や福利厚生が充実している企業であれば、事実上の年収アップになる可能性があります。求人内容を詳しくチェックしてみましょう。

一方で年収の額が高くても、固定残業代が含まれているケースも少なくありません。手取り額が少なくなることもあるので注意しましょう。

まとめ

転職して年収をアップさせることができるのか、給与交渉や給与アップのコツとともに説明しました。年収アップをするためには、まず自分の市場価値をよく把握することです。

転職先に、どのような活躍をしたいのか伝えることも大切。成果を上げられる根拠がなければ、希望する給与を実現することはできません。実力を評価してくれる企業を選んだうえで、転職活動に臨みましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop