アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 介護職の種類と必要な資格は?資格がなくても働ける仕事も紹介

介護職の種類と必要な資格は?資格がなくても働ける仕事も紹介

タグ:
  • シェア:

高齢化に伴って、介護職のニーズは高まり続けています。安定して働ける職業として、関心を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、介護職の種類や必要な資格について分かりやすくまとめました。無資格で働ける職種もご紹介していますので、参考にしてください。

介護・福祉業界の主な職種

介護・福祉業界ではさまざまな職種が活躍しています。その中でも主な職種とその概要をご紹介しましょう。

介護職員・ホームヘルパー

介護業界で多く活躍しているのが、介護職員やホームヘルパーです。訪問介護に携わる介護職員がホームヘルパーとも呼ばれます。未経験から介護職として働くのであれば、まずは介護職員を目指すと良いでしょう。

仕事内容はさまざまで、部屋の清掃や洗濯、買い物代行、食事や入浴の介助、車椅子やベッドなどへの移動介助、施設でのレクリエーションなどを行います。どのような仕事を行うかは、働く施設や介助をする利用者の状態によって異なります。

介護職員そのものは無資格でもなれますが、訪問介護においては無資格で食事や入浴、移動など直接身体に触れる介助を行うことはできません。介護職員初任者研修または介護福祉士実務者研修を受講したり、介護福祉士の資格を取得したりする必要があります。

施設で働く介護職員であれば、無資格でも身体介護に携わることが可能です。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー、通称ケアマネ)は、要介護者や要支援者が適切なサービスを受けられるように、適切なケアプランを立てたり関係各所との連絡調整を行ったりする職種です。

ケアマネジャーになるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、その上で介護支援専門員実務研修を修了する必要があります。国家資格ではなく、都道府県知事が認定する資格です。

希望すれば誰でもなれるわけではなく、医師や看護師、社会福祉士、介護福祉士などの国家資格を持つ人、あるいは生活相談員などの業務に従事していた人で、「通算5年間かつ900日以上の実務経験」が必要です。

介護福祉士の資格を取得した後、キャリアアップの選択肢としてケアマネジャーになることを考える方も多くいます。

生活相談員・支援相談員

生活相談員は、介護施設で利用者やそのご家族から相談を受けたり、入所時や退所時に必要な手続きなどを行ったりする職種です。介護老人保健施設では支援相談員と呼ばれますが、業務内容に違いはありません。

生活相談員自体は資格ではないため、特に試験などは必要ありません。ただし専門的な知識が必要とされ、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などの資格を保有していることが求められます。

自治体によっては、これらの資格保有者以外でも生活相談員になることが可能な場合があります。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは障害福祉分野で活躍する職種で、正式には移動介護従事者と呼ばれます。心身の障害のため一人での移動が難しい方に付き添って、外出のサポートを行うことが仕事です。

ガイドヘルパーが支援を行う対象となる障害は「全身性障害」「視覚障害」「知的・精神障害」の3種類で、それぞれ研修を受講する必要があります。

生活支援員

生活支援員は、障害のある方が自立した生活を送れるよう支援する職種です。障害者福祉施設で利用者の食事や入浴、排泄など日常生活の支援を行ったり、就労支援を行ったりします。

仕事内容は働く事業所によって異なります。生活支援員になるために必要な資格や研修などはありませんが、社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士などの資格保有者は歓迎されることが多いです。

資格がなくても働ける介護職

常に人手不足が課題となっている介護業界では、資格がなくても働ける職種もあります。ここからは、無資格でも働ける主な職種についてご紹介します。初めて介護業界で働く方は、これらの職種から始めてみるのもおすすめです。

介護助手・介護補助

介護助手や介護補助は、介護福祉士などの介護職員が仕事に専念できるようサポートする職種です。身体介護など直接的な介助業務は行わず、食事の配膳や部屋の清掃、ベッドメイキング、施設内での見守りなどを行います。

無資格、未経験で介護の仕事を始める場合、介護助手や介護補助から始めて経験を積んでいくことが多いです。経験を積みながら介護職員初任者研修などを受講したり、介護福祉士の資格取得を目指したりする方も珍しくありません。

調理スタッフ

調理スタッフは、入所施設などで調理や配膳などを行う仕事です。調理は管理栄養士が作成した献立をもとに行います。

介護施設では利用者それぞれで状況が異なるため、それに合わせてきざみ食やミキサー食など食べやすくするための加工も行います。

運転手

デイサービスなどの通所施設では、自宅から施設へ通うための送迎が行われています。専用車を運転して利用者を送迎するのが、運転手の仕事です。

運転手は介護職員が兼任する場合と、専任で雇用している場合があります。ただし運転手の仕事は朝と夕の送迎時間しかないため、バイトなどの非常勤職員で採用されることが多いです。

正社員としての採用を目指すのであれば、介護業務や事務作業などと兼務する可能性があります。

介護職への転職を目指すならWorkinがおすすめ

介護職へ転職を考えているのであれば、Workinがおすすめです。Workinなら、お住まいの地域内にある介護職の仕事を簡単に見つけることができます。

検索機能も充実しており、こだわり検索で「未経験者歓迎」や「正社員」「アルバイト」といった働き方など詳しい条件を絞って求人を探すことも可能です。

まずは求人を見てみたい、どんな条件の求人があるか知りたいという方は、ぜひ一度ご覧ください。

まとめ

介護業界はまだまだ人手が不足しており、介護職のニーズは右肩上がりに上昇しています。求人も常に多く出されているので、職を失う心配もありません。将来的にも安定して働ける仕事のひとつです。

未経験・無資格で採用している施設や、資格取得を支援している施設も多くあります。キャリアアップの選択肢も複数あるので、介護職に関心のある方はまず仕事の詳細や求人を調べてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2022 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop