アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 主婦のダブルワークの注意点!社会保険や確定申告も

主婦のダブルワークの注意点!社会保険や確定申告も

  • シェア:

子どもの学費や生活費のために、ダブルワークを希望するパート主婦の方が増えています。しかし、ダブルワークにはどのような働き方のスタイルがあるのか、確定申告や税金はどうなるのかなど、わからないことが多くて迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、主婦がダブルワークをする際のおすすめの働き方や、注意すべき点などを紹介していきます。少しでも収入を増やしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

パート主婦のダブルワーク!働き方のスタイル

パートで働いている主婦がダブルワークをする場合、家事や育児をしながら、どのようにふたつの仕事を掛け持ちすれば良いのでしょうか。ここでは、パート主婦がダブルワークをする際の働き方の例を見ていきましょう。

日中と夕方で分ける!

ひとつ目は、日中と夕方で勤務先を分ける方法です。日中は事務やコールセンター、スーパーのレジなどで働き、夕方から夜にかけてコンビニや飲食店などで短時間働くといったやり方です。

この働き方なら、日中の仕事が終わってから夕方の仕事に行くまでの間に家事の時間を確保できます。しかし夕方から夜にかけて家を空けることになるため、小さなお子さんがいる家庭では、夫や両親に子どもの世話をお願いする必要があるでしょう。

また1日にふたつの仕事を掛け持ちするため、体力面だけでなく精神的にも負担がかかりやすくなります。無理なくダブルワークを続けるためには、働く日数を調整したり、体力を温存できるデスクワークを組み合わせたりすると良いでしょう。

平日と土日で分ける!

ふたつ目は、平日と土日で勤務先を分ける方法です。1日の中でふたつの仕事を掛け持ちできない場合に、休日を利用してダブルワークを行います

たとえば、平日は本業をフルタイムで働いて、土日にファミレスやコンビニなどで働くなどです。しかしフルタイムで働いている場合、休日は週1~2日しか取れないことが多いため、掛け持ちする仕事はスポットで入れるバイトなどを選択する必要があります。

この働き方なら、1日のライフサイクルが崩れにくいため、睡眠時間や休憩時間を確保しやすいでしょう。ただし、休日も仕事になってしまうため、家族で過ごす時間が減ってしまう可能性もあります。

長くダブルワークを続けるためには、オーバーワークになりすぎないように、体を休ませる時間や日にちをしっかりと確保するようにしましょう。

パート主婦のダブルワークは「確定申告」「税金」に注意!

扶養内で働いているパート主婦がダブルワークをする場合、収入が増えることで扶養から外れてしまう可能性があるため、注意が必要です。

扶養から外れてしまうと、確定申告や社会保険はどのように変わるのでしょうか。また、扶養内でダブルワークをするためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

確定申告が必要な条件3つ!

ひとつの企業に勤めている場合、年末調整があるため確定申告の必要はありません。ただし、以下の項目に当てはまる場合は、パートで働いていても確定申告が必要です。

1.年度の途中でやめたとき
2.ダブルワークをしているとき
3.本業のパート以外で基準以上の所得があるとき

複数の企業から給与を得ている場合、本業の企業で年末調整を受けている場合でも確定申告は必要です。また本業以外の所得が20万円を超えたときも、確定申告が必要ですので覚えておきましょう。

社会保険はどうなる…?加入できる条件

ダブルワークによって月収が88,000円(年収106万円)を超える場合、社会保険の加入が義務付けられ、夫の扶養から外れてしまう可能性があります。

以下の項目にすべて当てはまる場合、社会保険への加入義務が発生します。

1.1週間あたりの労働時間が20時間を超えるとき
2.1ヶ月あたりの賃金が88,000円を超えるとき
3.雇用期間が1年を超える見込みがあるとき
4.学生ではない
5.従業員数が501人以上の企業で働いている、もしくは社会保険への加入が労使で合意されている

月給が88,000円を超える場合であっても、上記項目をひとつでも満たしていない場合は社会保険に加入する義務はありません。

ただし、月収が108,334円(年収130万円)を超えてしまうと、夫の扶養から外れてしまうため、ご自身で国民健康保険や国民年金に加入する必要があります。

収入が増えると住民税や所得税などの支払いも出てくるため、夫の扶養内で働きたい場合は年収が130万円を超えないように気を付けましょう。

ダブルワークOKの企業を見つける方法

パートで働いている場合でも、企業によってはダブルワークを禁止しているところも少なくありません。では、ダブルワークを許可している企業を見つけるはどのような方法があるのでしょうか。

ダブルワークを許可している企業を探すには、雇用条件に「副業禁止」の項目がないかをチェックします。現在働いている職場が副業禁止かどうかを知りたいときは、人事担当者や総務部に確認してみてください。

これから仕事を探すなら、求人サイトで「副業OK」と記載された求人を探しましょう。もし気になる求人に副業についての記載がない場合は、採用担当者に聞いてみると教えてもらえますよ。

ダブルワークOKの企業を探すなら、Workinがおすすめです。

Workinなら、こだわり検索で「副業・WワークOK」「主婦・主夫歓迎」などの項目があるため、条件に合った求人を簡単に探すことができます。

またエリア検索も可能なため、自宅やパート先の近くで募集している求人をすぐに見つけることができます。通勤時間のかからない職場なら、家事や育児との両立もしやすいでしょう。

まとめ

今回は、主婦がダブルワークをするときのおすすめの働き方や、注意すべき点などを紹介してきました。主婦がダブルワークをする際におすすめの働き方は、日中と夕方で分けるスタイルと、平日と土日で分けるスタイルがあります。

また収入額によっては、確定申告をしたり社会保険に加入したりする必要もありますので、勤務時間や日数に気を付けてダブルワークを行いましょう。

ぜひこの記事を参考にして、WorkinでダブルワークOKの求人を探してみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2022 KOSAIDO HR SOLUTIONS Co.,Ltd. All Rights Reserved

pagetop