アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 40代で初めての派遣・未経験でも紹介を受けやすくなるコツ

40代で初めての派遣・未経験でも紹介を受けやすくなるコツ

タグ:
  • シェア:

40代になってから希望通りの仕事を探すのは難しいものです。まして未経験だと、ますますハードルが高くなります。職種が限られたり、経験やスキルを重視されたりするからです。40代で初めて派遣で働く場合も同じなのでしょうか。この記事では、40代未経験で派遣で働くポイント、パートとの違いなどを解説します。

派遣会社って40代でも利用できるの?

質問者:
    子育てもひと段落ついたので、派遣で働きたいと思っています。
    ただ、もう40代ですし、仕事の経験もそこまでないので仕事が見つかるかどうか…。
    40代でも派遣で働くことはできますか?それともパートの方が良いのでしょうか?

回答者:
    就業経験があまりなく、仕事をするのが久しぶりだと不安な部分も多いかと思います。
    しかし、40代でも、派遣の方は多くいらっしゃいます。
    ここでは40代でも派遣で働ける理由と注意点を紹介していきますね。

40代でも派遣で働くのは可能

40代で仕事に就くことを考えるなら、派遣はおすすめです。これは、派遣会社が登録にあたって年齢制限をしていないことが理由のひとつに挙げられます。

つまり、40代であっても派遣会社に登録ができるということです。登録にあたって、スキルや資格の条件もないため、40代未経験でもまだまだチャンスはあります。

仕事の紹介も、年齢を理由に派遣先が就業を断ることはありません。これは、法律によって年齢を制限した採用や募集を禁止しているためです。

しかし、現実は違うのではと思われることもあります。この点については、一般社団法人日本人材派遣協会が2019年に派遣で働いている人を対象に調査したアンケートが参考になるでしょう。同アンケートによると、平均年齢は41.9歳で40代でも派遣で働く人は多いことが分かりました。つまり、40代でも派遣で働くことはできるといえます。

参考:一般社団法人 日本人材派遣協会 派遣社員WEBアンケート調査

ただし「年齢の壁」を感じる40代も多い

派遣の登録にも応募にも年齢制限はありませんが、採用されるかどうかは別問題です。年齢の上限は決められないものの、実際には若い人の方が派遣先に好まれる傾向にあるため、40代以降の紹介はどうしても少なくなってしまいます。そのため、35歳を過ぎて年齢の壁を感じる人も一定数存在することは事実です。

それでは、なぜ年齢が上がると派遣でも仕事に就くのが難しくなる傾向にあるのでしょうか。多くは40代になっても正社員でなく派遣で働いているという派遣先の担当者の偏見と、年上への指導のしにくさが理由です。

また、40代は、20代などと異なり、スキルや経験が重視される傾向にあることも理由にあります。

質問者:
    40代でも派遣で働ける可能性はあるということですが、
    現実は厳しそうですね。派遣ではなくて、パートならどうでしょうか。

回答者:
    パートで働く方法も一つですがパートだから必ずしも仕事に就けるとは限りません。
    むしろ、40代以降の人材を積極的に派遣先に紹介している派遣会社もありますので、
    どういった派遣会社を選ぶかも重要になるでしょう。
    派遣とパートで悩んでいらっしゃるということですので、改めて
    派遣とパートの違い、派遣のメリット、デメリットについて説明していきますね。

そもそも派遣とは?

そもそも派遣とはどういった働き方なのか、パートと何が違うのか解説していきます。

派遣とパートとでは雇用先が異なる

派遣会社とは「一般労働者派遣事業」を行うところで、派遣会社に登録した人は、派遣会社と雇用契約を結びます。しかし実際に労働する場所は派遣会社ではなく、派遣会社の紹介する派遣先です。

派遣で働く場合、勤務地や仕事の命令・指示は派遣先から受け、給与や福利厚生は派遣会社から受けます。対して、パート働く会社に直接雇用されて、指示も給与、福利厚生も同じ会社で受けますので、派遣とパートは異なる働き方であることが分かるでしょう。

派遣の給与は時間単位で計算されるのが基本で、派遣先の企業から派遣会社に支払われた後、派遣会社の取り分を差し引いて、スタッフに支払われます。雇用期間にも定めがあり、ひとつの派遣先で働けるのは、最長3年です。一方、パートの多くは雇用期間に決まりがありません。

・派遣の形態でも働き方は変わる
派遣の多くは、登録型派遣と呼ばれるもので、派遣会社に登録し紹介を受け採用の決まった派遣先で働きます。働いた時間分の給与が払われるしくみのため、登録中も、仕事がない期間は給与が発生しないのが特徴です。

ほかにも、仕事の有無にかかわらず無期限で雇用される「無期雇用派遣」や、派遣先の直接雇用を前提に一定期間派遣する「紹介予定派遣」などがあります。

派遣で働くメリット・デメリット

次に、派遣で働くメリットやデメリットをみていきましょう。

派遣で働くメリット

・自由度の高い働き方

派遣を利用するメリットは自由度の高さです。正社員であれば企業の命令には必ず従わなければならず、望まない配属や異動、転勤も受け入れなければいけません。その点、派遣であれば自分のやりたい仕事や働く期間・時間帯を自由に選べます。ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

・時給の良さ

派遣会社などでも変わってきますが、同じ仕事をするならパートやバイトよりも、派遣の方が時給は良いことが多いです。需要のあるスキル、経験を持ち合わせていれば時給アップも狙えます。

・スキルアップができる

派遣で働く人の中には、スキルアップや経験を増やすために、特定の職種だけに勤務するほか、複数の違う職種に勤務する人もいます。柔軟にスキルアップを図ることも可能です。

・職場トラブルにも対処してもらえる

契約内容と違うなど、派遣先でトラブルが起きた場合、派遣なら派遣会社が仲介に入り対処してくれます。これは、本来の雇用先が派遣会社だからです。トラブルなどで、派遣先で働き続けることが難しい場合は、派遣会社に相談することもできるため、安心して働ける点もメリットといえるでしょう。

派遣で働くデメリット

・雇用期間が限られる

ひとつの派遣先で働けるのは最長3年までとなっており、企業側の都合でそれより早く契約が終了するケースも珍しくありません。慣れた仕事が続けられないのはデメリットともいえるでしょう。

また、派遣が終了したあとにすぐ次の派遣先が決まらなければ、給与は途切れてしまいます。当然、空白期間はキャリアも中断しますので、安定した収入やキャリアの形成を求める人には不向きといえるでしょう。

・交通費などの支給がない

派遣は、バイトやパートより時給が高く設定される傾向にある分、交通費が支給されないケースが多く存在します。基本的には、手当やボーナスの支給もありません。

質問者:
    派遣とパート、同じように考えていましたけど、時給の違いだけではないのですね。
    トラブル時の対応だとか、派遣で働く魅力はよくわかりました。自由度も
    派遣の方が高そうなので、介護などで今後生活が変わるかもしれないことも考えると、
    派遣で働いてみたい思いはありますね。ただ、登録はできても派遣先が
    決まるかどうか…。不安も大きいです。

回答者:
    40代だと採用に壁を感じられる方もいらっしゃるとお話ししたので、
    不安は拭いきれないかもしれないですね。しかし、年齢であきらめるのはまだ早いかと
    思います。40代でも工夫をすれば仕事を得やすくなります。
    派遣で紹介をもらいやすくするためのポイントを次に説明していきますね。

年齢に関係なく派遣を紹介してもらいやすくするポイントって?

40代未経験であっても、派遣で働き続けることはできます。スキルや経験を積む以外で紹介の可能性を上げるコツは、派遣会社が紹介したいと思えるようなポイントを押さえることです。ここでは、派遣で紹介してもらえる可能性を上げる3つのコツを紹介します。

話しやすい雰囲気を作る

派遣先で受け入れやすい人物像に、笑顔で話しやすい人であるということが挙げられます。面接官や指導者が年下であっても、一緒に働きたいと感じられる雰囲気があれば、派遣先に受け入れられる可能性は高まるでしょう。

女性であれば、親しみやすさも強みにできます。面接官にポジティブな印象が残るよう、はきはきとした受け答えも心がけましょう。

謙虚な態度を示す

派遣先が若い人の採用を優先しやすい理由について、年上だと指導しにくいといった点を挙げました。反対に捉えれば、指導を真摯に受け入れてくれそう、あるいはどんな仕事でも取り組んでくれそうだと感じられるような人材なら、年齢に関係なく登用される可能性はあるということです。

派遣先にそうしたポジティブな印象を残すには、年齢で区別せず誠実に受け答えをすること、謙虚に対応することが重要といえます。誰の指示でも平等に受け入れる姿勢、コミュニケーションを円滑にとれる姿勢が他の応募者と差をつけるポイントです。

また、未経験であってもどんな仕事にも取り組む意思があるとチャレンジ精神を示せば、さらに仕事をもらえる可能性は広がります。

服装にも気を配る

人は、服装や髪型が変わるだけでも見た目の印象が変わります。くたびれた印象を面接官に抱かせないためにも、若々しい雰囲気を作ることは大切です。

ただし、若々しさは派手に着飾ることではありません。40代なら、品のある小ぎれいなファッションが理想です。身だしなみが整っていると、社会人としての常識を持っているしっかりした人だというポジティブな印象になります。

派遣で紹介を受ける際は、常に周りから見られている意識を持って、身だしなみを整える心がけも必要でしょう。

質問者:
    ちょっとした心がけ次第でも変わってくるものなのですね。40代だと
    スキルや経験がないとやはり派遣は厳しいのではと思っていましたけれど、
    こうした心がけであればすぐにできそうです。

回答者:
    経験やスキルを優先する会社もありますから、もちろんすべての派遣先で
    就業の可能性が上がるとは限りません。しかし、40代以降でも需要のある仕事は
    ありますから、面接時の対応など見直すことによって就業の可能性は上げられます。
    派遣で仕事をもらいやすくするコツとしては派遣会社選びも重要ですので、
    その点について詳しくお話ししていきましょう。

失敗しない派遣会社を選ぶコツって?/h2>

未経験の40代が初めて派遣で働くなら、派遣会社選びが大事です。その理由と選び方を紹介します。

派遣選びは複数登録がおすすめ

一口に派遣会社といっても、得意とする業種や職種は様々であり、求めているスタッフ像も異なります。せっかく登録しても、自分の希望と合っていなければ、なかなか仕事を紹介してもらえなかったり、紹介されても希望とは異なる職場だったりするかもしれません。まずは、どのような案件を扱っているのか調べることが大事です。

また、担当者の質も派遣会社によって異なり、親身になってくれる担当者もいれば、自分の実績を優先して望まない仕事を押し付けてくる担当者もいます。

こうした評判はインターネット上の口コミや体験談、ランキングでも見ることができますので、派遣会社選びの参考にしてみるのも良いでしょう。

ほかにも、1社だけでなく複数の派遣会社に登録する方法もあります。複数登録なら、相性や時給、待遇の良し悪しが比較しやすくなりますし、デメリットのひとつである仕事が途切れるリスクも軽減できるでしょう。

中高年向けの求人案件を紹介してくれる会社もある

未経験の40代が初めて派遣をするなら、この世代に特化した案件を豊富に持っている派遣会社が狙い目です。

リサーチして紹介してくれそうな派遣会社を探すのはもちろん、過去に他の雇用形態で働いたことがあれば、自分のスキルや経験を棚卸してみましょう。適性判断も参考になります。自分の強みが分かれば、より希望する職種にアプローチしやすくなるでしょう。

Workinでは、希望の職種はもちろん、「未経験者歓迎」というこだわりの条件で求人を検索できます。自分に合った派遣の求人も見つけやすいので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

40代で初めての派遣でも登録できますし、未経験でも仕事を紹介してもらえます。最初のうちはできるだけ仕事を引き受けて、実績を積み重ねると良いでしょう。あるいは、希望の職種や40代以上に特化した派遣会社に登録するのも狙い目です。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop