アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 50代でパートが決まらない理由と対策とは?

50代でパートが決まらない理由と対策とは?

  • シェア:

50代の専業主婦の方でも、子どもが大学に進学したり一人暮らしをはじめたりして時間に余裕ができてくると、将来のためにパートで働きたいと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、これまで専業主婦をしていた方がパートの求人に応募したとき、なかなか仕事が決まらなくて悩むというケースがあります。

この記事では、仕事が決まらなくて悩んでいる方のために、面接を受ける際に気をつけるポイントと、50代主婦の方におすすめの仕事をご紹介します。

50代主婦のパート探しに不安な理由と対策

50代で専業主婦をしている方がパート探しをはじめたとき、ブランクや年齢のせいで採用してもらえるか不安になることがありますよね。

しかし、これまで専業主婦だった方でも自分に合った仕事を見つけて働いている人はたくさんいます。ブランクや年齢のせいで仕事が決まらないことはありませんので、ご安心ください。

ブランクの長さが気になる人は、未経験者向けの求人を探してみましょう。仕事内容が比較的簡単でマニュアルや研修制度がしっかりしている会社は、未経験者の方を積極的に採用していますよ。

求人情報に「未経験者歓迎」「必要な経験 不問」と記載してあれば、その職種に経験がない人でも応募できる求人ですので、ぜひ応募してみてください。

年齢に関しては、残念ながら求人情報に「年齢不問」と書いてあっても、若い世代の人を希望している求人はたくさんあります。

年齢を理由にした不採用を防ぐために、応募する前に年齢的に問題はないか問い合わせてみてください。飲食店やスーパーなどの店舗であれば、お客様として訪れてみて、スタッフの年齢層をチェックするのもおすすめです。

50代主婦がパートの面接に受からない理由と対策

求人に応募して面接を受けても、必ず採用してもらえるとは限りません。面接は会社とあなたのマッチング度合いを図る機会です。もし不採用になったとしても、その会社との相性が悪かっただけですので、気にせずにほかの求人に応募しましょう。

しかし、2~3件応募して面接を受けても不採用になってしまったら、もしかするとあなたのビジネスマナーに問題があるかもしれません。

これまで専業主婦として子育てと家庭の両立を立派にこなしてきた方でも、仕事からしばらく離れてしまうと、ビジネスマナーを忘れている可能性があります。

ここでは、50代主婦の方が面接に受からない理由と対策をご説明します。ご自身に当てはまる部分はないか、チェックしてみてください。

不適切な格好で面接に来る

「パートの面接だから」と、普段着のままで面接に挑んでしまうと、仕事に対する意欲を十分に理解してもらえない可能性があります。

仕事用のスーツを持っていない場合は、カジュアルすぎない「清潔感」を感じられる服装を選びましょう。女性の方であれば、白やブルーなどの無地のシャツに黒やグレーのパンツやスカートがおすすめです。

自分の要望ばかり述べる

面接では勤務時間や日数など、どのくらい働けるかをたずねられます。その際、自分の要望ばかりを述べてしまうと、採用される確率が低くなってしまいます。

なぜなら、会社側にも働いて欲しい時間帯や日数などの要望があるからです。そのため、会社の要望と働ける条件が大きく離れている人は採用されにくくなります。

もちろん、働く側にも家庭の都合がありますので、無理をする必要はありません。ただ、自分の要望ばかりを述べるのではなく、少し譲歩する姿勢やできることを提案すると、好印象を与えられるでしょう。

対応がカジュアルになっている

面接官とのやり取りで、敬語が使えなかったり、相槌が「うんうん」となってしまったりなど、プライベート感覚が抜けない方も多いです。

どのような職種でも、会社では社会人としての振る舞いが求められます。質問された内容に対する受け答えははっきりと話し、失礼な言い方にならないように気をつけましょう。

面接の場では、きちんとした身だしなみや振る舞いが、仕事に対する意欲の表れと受け取られやすいです。働く意欲はあるのにビジネスマナーが適切でないために不採用になってしまうのは、非常にもったいないことですよね。

ビジネスマナーは面接時だけでなく、働くようになってからも必要なものです。知らないうちにお客様や上司、同僚に不快な思いをさせないためにも、忘れてしまっているビジネスマナーがないか確認しておきましょう。

なかなか決まらない50代主婦におすすめのパート

仕事が思うように決まらない方は、同じ世代の主婦の方たちが活躍している職種を選んでみてはいかがでしょうか。

すでに同じ世代の方たちが活躍している職種は、主婦の強みを活かせる仕事が多く、長く働き続けられる環境が整っています。

ここでは50代主婦の方におすすめの仕事をご紹介しますので、パート探しの参考にしてみてください。

一般事務・コールセンター

一般事務やコールセンターは土日休みの会社が多く、家庭との両立がしやすい職種です。

仕事は座って行う作業がほとんどなので、体力的にも無理なく続けられるでしょう。しかし、パソコンスキルが求められる場合が多いため、パソコンの簡単な操作を覚えておくと仕事が決まりやすくなります。

コンビニやスーパーのレジ

コンビニやスーパーのレジは、24時間営業のお店もあるため、時間の融通が利きやすい職種です。

小さなお子様がいる主婦の方は平日昼間のシフトを希望する人が多いため、土日祝日に勤務できる人は重宝されるでしょう。

コンビニやスーパーは店舗数が多いため、自宅近くで働きたい人にもおすすめです。

軽作業スタッフ

軽作業スタッフは単純な作業がほとんどで、マニュアルなども整備されている傾向があります。特別な経験や資格を求められることも少なく、ブランクが長い人でも気軽にはじめられる職種のひとつです。

職場は工場や倉庫の中で、大人数で働く場合が多いので、少人数の職場よりも休みが取りやすいでしょう。

50代主婦の方におすすめの仕事についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

50代の主婦が長く続けられるパートを紹介

なかなかパートが決まらない50代主婦におすすめの仕事探しサイトWorkin

なかなかパートが決まらない方は、自分に合っている仕事にまだ出会っていない可能性があります。

Workinは地方に特化した求人サイトです。お住いの地域によっては、ほかの求人サイトにはないような求人を見つけられるかもしれませんよ。ぜひ情報をチェックしてみてください。

求人を検索する際は、「こだわり検索」を使うと細かく条件を設定できます。希望する条件を入力して検索することで、応募後に「こんな仕事先だと思わなかった」などのミスマッチの防止につながりますよ。

まとめ

今回はパートに応募してもなかなか仕事が決まらない50代主婦の方に向けて、面接で気をつけるポイントとおすすめの仕事をご紹介しました。

面接を受けても仕事が決まらないと不安になりますが、ビジネスマナーを見直したり、すでに50代主婦の方が活躍している職種を選んだりすると、仕事が決まりやすくなります。

ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にして、年齢にとらわれずに、自分の求めるパート先を見つけてくださいね。

Workin.jpで50歳以上活躍中のパートの求人を探す

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2020 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop