アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 転職におけるキャリアプランのアピール文の書き方と回答例

転職におけるキャリアプランのアピール文の書き方と回答例

  • シェア:

転職活動の中で『キャリアプラン』は重要な位置を占めています。
キャリアプランとは、数年から10数年後の自分の働き方や経歴の見通しを立てることです。
採用面接では、この会社でどのような仕事や働き方をしていきたいのかといった目標を尋ねられます。

働き方は今後の人生設計にも関わる大事なことです。
人生を豊かにするために、採用者にアピールできる具体的なキャリアプランを作成しましょう。

キャリアプランが重視される理由

採用担当者は、その人のキャリアプランの内容から会社の業務を遂行するのにふさわしい人材かどうかを判断します。
しっかりとしたキャリアプランを持った人物なら、少々嫌なことがあってもすぐには仕事を投げ出さないと判断し、評価する会社もあります。
これは転職活動においては重要な意味を持つでしょう。

転職を成功させるためには、その会社で実現できる説得力のあるキャリアプランを考えておかなければなりません。
自社のキャリアパスを紹介している会社もあるので、興味のある会社のホームページはチェックしておきましょう。
応募先のキャリアパスがわかれば、効果的なキャリアプラン作成の参考にすることができます。

キャリアプランの作成方法

効果的なキャリアプランを作成するための手順を以下に示します。
これまでのキャリアを振り返りつつ、どのような未来を目指していくのか、できるだけ具体的に思い描くことで、自分が目指すこれからのキャリアが見えてきます。

厚生労働省のホームページで紹介されているジョブ・カードの活用を参考にしてもいいでしょう。
http://jobcard.mhlw.go.jp/katuyo/careerplan.html

これまでのキャリアを振り返る

転職の採用試験では、これまでの職業で培った経験が注目されます。
採用担当者は会社で役立つキャリアを持っているかに興味を持ちます。

今後のキャリアプランについて語る場合でも、今までの仕事や人生で培ってきたこと、実際に業務を通じて感じたことなどを振り返り、自分の得意なことや価値観を確認することはとても大切です。
これから全くのゼロからのスタートとなるのか、それとも相当の実績を蓄積しているのか、まずはそこから確認しましょう。

5年後、10年後の理想の未来を考える

5年後、10年後に自分がどのような生活をしたいのかを考えましょう。
収入の目標やプライベートの充実、役職の希望など、自分の理想の生活を具体的に整理していきます。

理想のライフプラン達成に必要なことを考える

キャリアを振り返って将来の理想のライフプランを思い描いたら、次は実現するための方法を考える番です。
理想の実現に必要な時間や、今やらなければいけないことを具体的に書き出し、すぐにスタートできることを選んで始める準備をしましょう。

こうすることで、自分のこれまでのキャリアをどう活かして理想を実現するのか、必要なことが見えてきます。
自分のキャリアや経験を会社の業務の中で活かしていく方法も考えやすくなるでしょう。

キャリアプランについての回答例

キャリアプランは自分の夢を語るだけでなく、その夢が会社にとっても有益なものであることを理解してもらわなければいけません。
自分都合の夢や理想を語るのではなく、キャリアプランと会社の利益とを結びつけることが必要です。

効果的なアピール文の例

効果的なキャリアプランのアピール文のサンプルをご紹介します。
ご自分の業界に合わせて、アレンジして使ってみましょう。

【サンプル:アパレル関連の転職におけるキャリアプランの回答例】
これまでは店舗での販売業務を主に担当していました。販売で培った知識やノウハウを活かし、今後はバイヤーとしてお客様が御社に対してイメージする商品の仕入れに携わりたいと考えています。
将来的には御社のイメージを活かしたオリジナル商品のデザインや企画なども手がけ、御社のブランド拡大に貢献していきたいと思っています。
社内の新ブランドを育て、新たな客層を取り込むことが狙いです。御社の服の良さを多くのお客様に伝え、売り上げに貢献していくことが目標です
そのためにも、与えられた仕事を高いレベルでこなしていくのはもちろんですが、受身の作業に終始せず、常に新しい目標とアイデアを持ち続けたいと考えています。

NGなキャリアプランの回答例

・話が自己中心的(会社はボランティアではありません。会社の事を考慮せず、自分の事しか考えていないキャリアプランでは見向きもされません)
例)将来は起業したい、いずれ海外で活躍したいなど

・キャリアプランと会社が募集する業務の方向性が合っていない
例)営業の募集なのに技術を磨いていきたいなど

・具体性に欠けるキャリアプラン
例)将来はリーダーとして営業部を発展させ、受注を倍増させたいなど

キャリアプランの作成について専門家のアドバイスを受けたい場合は、キャリアコンサルティングを受けてみるのもいいでしょう。
厚生労働省のホームページでも、キャリアコンサルティングの利用方法を紹介しています。
http://jobcard.mhlw.go.jp/carrerconsulting.html

まとめ

キャリアプランの作成は、働く企業とのマッチングを図る上でとても有効です。
自分のこれまでの経歴や、真にやりたいことを振り返る良い機会にもなるでしょう。
働きたい企業のキャリアパスをよく理解し、何が求められているかを正確に分析することが効果的なキャリアプラン作成のカギです。
まずは、数年後のなりたい自分を具体的に思い描いてみましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop