アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 求人広告で見るべきポイント・チェック項目とは?

求人広告で見るべきポイント・チェック項目とは?

タグ:
  • シェア:

求人広告には募集職種や勤務条件、必要資格など、様々な情報が掲載されています。
そのなかで特に重要なチェック項目はどこなのでしょうか?
ここでは、求人広告で見るべきポイント・チェック項目として、以下の5つを紹介します。

・仕事内容
・必要資格
・給与や福利厚生などの待遇面
・募集背景
・業界や会社の将来性

これらの項目は、入社後の満足度や安定性、仕事のやりがいなどに密接に関わります。
勤務地や勤務時間だけで決めるのではなく、「ここは自分が本当に納得して働ける環境なのか」という視点で、求人情報をチェックしていきましょう。

■仕事内容

同じ業界・職種でも、企業によって仕事内容は大きく異なる可能性があります。
たとえば求人情報の業種項目には「事務職」「営業職」「専門職」「販売業」「サービス業」と簡潔に記載されていても、実際の業務内容はさらに細分化されます。

販売業を例に挙げると、アパレル、宝石、食品、医薬品、医療機器など、取り扱う商品が違うだけで、同じ販売業でも仕事内容に大きな違いがあります。
店舗に来店するお客さんに対して接客・販売を行うのか、インターネット上のみで販売するのか……
形態によって、要求される知識やセールストーク、コミュニケーションスキルも違います。
販売に留まらず、商品の在庫管理、陳列、電話・メールでの対応なども行う可能性もあるでしょう。

また、近年では「○○エンジニア」「○○アドバイザー」「○○プランナー」と言ったカタカナ職種が増えています。
これらの職種は、求人情報に記載されていても仕事内容がイメージしづらく、自分が想像していた内容と、実際の業務が全く違う場合も少なくありません。
自分の想像に任せるのではなく、不明な点は詳細を企業に問い合わせることをおすすめします。

■必要な資格

求人条件に資格必須、もしくは有資格が望ましいと記載されている場合があります。
このような記載があると、その企業で働きたいと考えていても諦める場合がほとんどです。
しかし、有資格者かどうかは必ずしも採用を決定する要因とはなりません。

もちろん、法律的に資格を所有していないと従事できない職種も存在します。
しかしそれ以外の場合ですと、資格は応募者の仕事に対する適正能力を図る目安でしかありません。

資格を持っていても実務経験が全くない方と、反対に資格を持っていなくても経験と知識が豊富な方を審査で比べる場合、すぐに活躍できる人材が欲しい企業は後者を選ぶことも十分にあり得ます。

応募条件に資格が必須と記載されていなければ、実務経験やアピール次第によって無資格者でも採用される可能性を高められるのです。

■給与や福利厚生などの待遇面

企業がどれだけ優秀な人材を確保したいかどうかを図る目安として、簡単に判断できるのが給料や福利厚生などの待遇面です。
給与は多くの人が注目するポイントですが、意外と見落としがちなのが福利厚生の有無。
福利厚生の代表的なものと言えば、以下が挙げられます。

・健康診断
・食堂・食費補助
・スポーツジムなどの福利厚生施設利用
・交通費、住宅補助などの手当

特に手当は隠れ給料とも言える存在で、優良企業ほど内容も充実しています。
たとえば、月給が30万円で福利厚生が全くない企業と、月給が27万円でも扶養手当、住宅費補助、交通費等が加算される企業とを比べると、後者の方が最終的に金銭面で遥かに上回るケースが見られます。

そのため、働きたい企業を選ぶ際には、単純な給与の額面だけを見て判断するのではなく、福利厚生の内容も確認するといいでしょう。

■募集背景

求人情報を見る際に、多くの方が仕事内容や待遇面だけを重要視し、募集背景にはあまり関心を持たず、さらっと目を通すだけに留まる傾向にあります。
ですが、募集背景に隠された企業の情報を正しく理解することも、就職や転職を成功させる重要な鍵になるのです。
募集背景は、「増員募集」「欠員募集」の大きく2つに分類されます。

◇増員募集

新しくお店をオープンさせたり新しいプロジェクトを立ち上げたりといった事業拡大の背景があり、既存の従業員数では対応できないために増員を募集する場合です。

求人情報でよく見かける「オープニングスタッフ募集」など、5名以上の人員を募集する場合のメリットは、広く人材を募集するために未経験者でも採用される可能性が高いことと、同じタイミングで仕事をスタートする同期の存在が大きいでしょう。
今まで経験したことがない職種に挑戦してみたい方や、仲間と楽しく仕事をしたいと考える方に向いている募集です。

◇欠員募集

欠員募集は、文字通りそれまで勤務していた従業員が何かしらの事情により働けなくなった場合の募集です。

専門的な知識と経験が要求される重要ポジションや、処理する情報が多い事務職などは、早急に人材確保をする必要があります。
いわゆる即戦力を求めることが多く、経験年数や資格などの募集条件も細かく指定されている場合がほとんどです。
給与は高めですが、その分要求される仕事のレベルも高くなります。

そのほかの特徴として、求める人材が見つかり次第すぐに募集を締め切るという点です。
早期の入社を求められる場合が多いので、気になる企業があれば、早期応募と早期入社を念頭に置きましょう。

■業界や会社の将来性

人気企業にランクインしていた大手企業が買収されたり、赤字で倒産したりすることは珍しくない時代になりました。
職を失うまではいかなくとも、業績悪化から給料大幅カットなどの事態に陥ることもあり得ます。
一昔前と違い、入社イコール終身雇用は当たり前ではなくなり、10年先、20年先が保証されている職種は少なくなりました。

就職・転職する企業を選ぶ際には、「仕事内容」「給料」など、求人情報に表記された表面的な項目だけでなく、業界や会社の将来性を見据えることも重要です。

たとえば、時代の流れに合った商品やサービスを提供する企業の将来性は高く、高齢化や科学の発展が進む現代において、介護、医療、保険、IT、エネルギー、ロボットに関連する産業への期待と需要は増えることが予想されます。

■まとめ

会社に所属することは、人生においても重要なイベントです。
求人広告に記載されている一部の項目だけを見て応募すると、想像と違って後悔することも少なくありません。

福利厚生などの待遇面も重要ですが、必要資格や募集背景から求められている人材に自分が合っているかどうかを正確に判断し、そして企業や業界が持つ将来性を冷静に見極めることも大切です。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop