アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 変化が激しいWeb業界の仕事で生き残るためのスキルアップ術

変化が激しいWeb業界の仕事で生き残るためのスキルアップ術

  • シェア:

Web業界は変化が激しい業界なので、常にアンテナを張りながら生き残るためにスキルアップを重ねていくべきです。
変化のスピードに負けないようにスキルアップを続ける必要があるので大変に思うかもしれませんが、それだけ刺激が多い業界だと言えます。

Web業界には、WebプロデューサーやWebデザイナー、フロントエンジニアなど様々な業種があります。
ここで、主なWeb業界の仕事のスキルアップ術をご紹介します。

Webプロデューサーに必要なスキルとスキルアップ術

Webプロデューサーは、プロジェクト(以下PJ)全体などを進めていく際のまとめ役であり、PJの責任者です。

Webプロデューサーに必要なスキルは?

Webプロデューサーは、サイト内外の事象に対して、広く浅く幅広い知識を有している必要があります。
なおかつ、サイト制作に関わる人をまとめたり、クライアントとコミュニケーションをとったりなどもあるので、次のようなスキルが必要とされます。

Webプロデューサーのスキルアップ術

Webプロデューサーとして、さらにスキルアップを目指したいのなら、次のような資格取得がおすすめです。

Webプロデューサー試験は、サイトを制作する側だけではなく、経営者側に立った視点で企画や演出、集客などのプロデュースができる能力を持っていることを証明する資格です。

Webクリエイター能力認定試験は、サイト制作の際のデザイン能力とコーディング能力を認定する資格で、初級と上級が用意されています。

ネットで通用するマーケティング知識があることを証明する資格です。

Webディレクターに必要なスキルとスキルアップ術

Webディレクターはサイト制作における開発部門の監督です。
開発に関わるのは、WebデザイナーやWebプログラマー、コーダーなどで、それらのスタッフをまとめて、クライアントが要望しているサイトを制作します。

Webディレクターに必要なスキル

クライアントの要望を聞いた上で企画を提案し、予算などの交渉、スケジュール管理をするのが一連の流れです。
その上で、Webディレクターには次のようなスキルが必要です。

Webディレクターのスキルアップ術

Webディレクターはサイト制作に必要な知識を深めていくことが一番のスキルアップになります。
Webデザインやコーディング、プログラミング、SEOなどの知識を積み重ねていくと、知識を持った上でWeb開発者をまとめられます。

Webデザイナーに必要なスキルとスキルアップ術

WebデザイナーはWebサイトのレイアウトや配色、フォント、パーツデザインなどを考えて、実際にWebサイトのデザインを作成する人です。

Webデザイナーに必要なスキル

Webサイトをデザインする上で、最低限必要なスキルは次の3つです。

Webサイトのデザインの基礎を作るために必要なのがHTML、CSSのスキルです。
フレームやテキストを書くために必要なのがHTMLで、作ったフレームやテキストに装飾をするために必要なのがCSSです。

Webサイトに使う写真や画像の加工はPhotoshop、イラストやバナー、ボタンなどの作成はIllustratorを使うのが一般的です。

HTMLとCSSで作成したWebサイトの基礎デザインに動きを加えたい時にプラスできる言語です。

Webデザイナーのスキルアップ術

Webデザイナーとして、さらにスキルアップしたいのであればデザインばかりではなくWebマーケティング力もつけるべきです。
クライアントの意向にもよりますが、集客できるWebサイトを作れるWebデザイナーがWeb業界では好まれているからです。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとスキルアップ術

フロントエンドエンジニアは、Webサイト制作の中のHTMLやCSS、JavaScript、そしてPHPの設計や実装を管理する人です。
Webデザイナーのデザインを元に、これらを管理します。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアに必要なスキルは、主にHTMLやCSS、JavaScriptのコーディングと設計能力です。
Webサイトを運営する上での状況の変化にも対応できるだけの応用力も必要とされます。

フロントエンドエンジニアのスキルアップ術

フロントエンドエンジニアは、今使われているHTMLやCSS、JavaScript、PHPなどを常に理解しておくべきです。
これらの文書は数年で変化しやすいため、新しい知識を習得しておくことがスキルアップへとつながります。

パソコン向けのWebサイトだけではなく、スマホやタブレットに対応したレスポンシブデザインのサイトの設計法もチェックしておくべきです。

ネットワークエンジニアに必要なスキルとスキルアップ術

ネットワークエンジニアは、Web上ではなくコンピューターのネットワーク場での設計や構築、保守、運用などを管理するエンジニアです。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに必要なスキルは、主に設計、構築、保守、運用の4つです。

クライアントのネットワーク環境を把握し、要望をヒアリングした上で改善点を見出し、設計するスキルです。

決定した設計を基に、実際にコンピューターネットワークを構築していくスキルです。

構築したコンピューターネットワークに不具合やトラブルが起こった際に、クライアントの元へ行って対処するスキルです。

構築したコンピューターネットワークを日々監視しながら、何事もなく運用していけるように務めるスキルです。

ネットワークエンジニアのスキルアップ術

ネットワーク構築の技術を磨き、その技術力を証明するためにも、次の2つの資格取得をおすすめします。

シスコシステムズが展開している資格試験です。
エントリーからアーキテクトレベルまで、難易度別に多様な種類の認定資格があります。

あらゆるネットワーク構築に対応でき、運用できる知識と技術力を証明する国家資格です。

SEに必要なスキルとスキルアップ術

SEとは、クライアントの要望に基づき、情報システムの開発を担当する人です。

クライアントの要望をヒアリングして、予算内で現実化できるシステム案を提案します。
提案後にクライアントの同意の上で、システムの基本設計をしていきます。
基本設計をクライアントに確認してもらった後に詳細設計へと移り、設計通りに作動するかどうかのテストを行います。

SEに必要なスキル

SEはシステム設計をするだけではなく、クライアント要望のヒアリングや設計途中の報告もしなければいけないため、コミュニケーションスキルが必要とされます。

次に、クライアントの要望と予算内でシステム設計をする技術的なスキルと、システムを完成させるまでのプランを立てるマネージメントスキルも必要とされます。

SEのスキルアップ術

SEのスキルアップ方法は目標によって違いますが、基本的にはプログラマーとのコミュニケーションを円滑にするために、プログラミングの知識を深めることが大事です。

ブリッジSEとは、海外に向けてシステム開発をするオフショア開発において重要なSEを指します。
海外向けなので、SEとしての基本的なスキルの他に、語学力や海外の文化やビジネスを理解する能力も求められます。

まとめ

Web業界には、この他にもたくさんの職種があります。
働く現場によって、1人がいくつかの業務を担当することも多いので、枠を決めずにWeb業界で役に立つスキルを身につけておくと採用率が上がります。

今のポジションだけに満足するのではなく、次々に新しい知識を習得しようとする人に向いている業界です。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop