離職率の高い会社の特徴や改善策とは

離職率は、ある期間に会社を辞めた社員の率で、以下のように計算します。
(1年間の退職者数)÷(年初の従業員数)×100

離職者が多いと感じるなら、一度会社の離職率を出してみると良いかもしれません。社員数なども関係しますからどの程度が高いか一概にいえませんが、たとえば従業員が100人いて離職率が20%なら、5人に1人が1年間で辞めている計算になります。

割合として、5人に1人は多いかもしれません。この記事では、離職率がなぜ高くなるのか、離職率の高い会社の特徴をまとめました。改善策もあわせて、離職率の高い会社について説明します。

離職率が高い会社の「本当の」退職理由とは

社員の離職理由は、表向き家庭の事情であることが多いです。しかし、実際は家庭の事情という個人的な問題ばかりではありません。むしろ、会社や社内環境に不満があって離職するケースが本当の理由としては多いです。たとえば、以下のような理由で社員は会社を離れていきます。

・社内での人間関係に悩みがあった
・このまま会社にいても先が見えず将来が不安だった
・やりがいが感じられなかった
・残業が多くワークライフバランスが崩れてしまった

【思い当たりませんか?】離職率の高い会社の特徴

離職率の高い会社には共通点があります。

給料が低い

まず、給料が低いことです。やりがいがあれば仕事は辞めないということはありません。むしろ、多くの人は仕事の対価であるお金で動きます。同じ仕事内容なら、より待遇の良い会社で働きたいと思うのが普通の感情でしょう。

創業メンバーは会社に愛着があるかもしれませんが、社員が必ずしも創業メンバーのように会社に愛着をもっているとは限らないのです。給料が労働内容に見合わないと、人は離れていきやすくなります。

人材育成がおろそか

人材育成に力を入れていない会社も社員の離職率が高い傾向にあります。「自分で成長するもの」「仕事の問題は自分で解決するもの」と何もかも社員個人の力に委ねてはいないでしょうか。

人材育成ができていないと、社員は会社で得られるものが少ないと感じるようになります。将来の自分の成長をモチベーションとして働いている人ならなおさら、仕事にやりがいを感じられなくなるでしょう。このような心境になると、これ以上働いても仕方がないと社員に見切りをつけられてしまいます。

労働環境が悪い

残業時間が想像していたよりも多い、休暇がなかなか取れないなど、労働環境が悪いのも離職率が高くなる原因です。いくらやりがいがあったとしても、労働環境が良くないと社員の不満は募っていきます。

この先も労働環境が改善される兆しがなければ、ずっとこのままの環境で働くのかと、将来に不安を覚える社員も出てくるでしょう。結果、将来を案じて社員は転職を考えるようになります。

チームワークに対して対策をしていない

人は2人以上集まれば、人間関係のトラブルが起こる可能性があります。社内で派閥ができれば、派閥に対抗した人は標的にされ、会社に居づらくなってしまうでしょう。このような社内の人間関係について、対策をほとんどしていない会社も社員の離職率は高いです。

離職率の高い会社が今からできる改善策とは

離職率の高い会社の特徴に当てはまる部分があったなら、社員の離職をこれ以上増やさないよう、すぐにでも改善を図るべきでしょう。どのように見直しを図るべきか、この項では3つの改善策を紹介します。

働く理由を明確にする

社員が自社で働く理由を明確に棚卸しましょう。まずは、既存の社員が働く理由を説明できるように、会社で働くメリットを考えてみます。メリットとは、たとえば以下のようなものです。

・給料は高くないが勉強になる
・忙しいが給料は高い
・待遇は並みだが人間関係が良く働きやすい

自社で働く理由を明確にしたら、働き始めて日の浅い新入社員にも働く理由をもってもらえるように働きかけます。

人事制度を整備する

社員の待遇改善のためにも、人事制度の整備に取り組みましょう。たとえば、等級制度の整備、評価制度の整備、賃金制度の整備などがあります。

■等級制度
等級制度を設けて、正しく社員を評価できるようにします。等級制度を置くことによって、会社が理想とする人物像を明確にするのが目的です。

■評価制度
社員の仕事ぶりを適正に評価できるように、評価制度の整備を行います。評価制度は一律に決めるのではなく、職種や階層に応じて社員が納得のいくものにしていきましょう。

■賃金制度
同業他社と賃金を比較して、人事評価制度と照らし合わせながら、基本給や手当、賞与の見直しを図っていきます。賃金が明確になれば、社員の不平不満をある程度解消できるので、仕事へのモチベーションにつなげることができるでしょう。

採用方法を見直す

特に新入社員が、入社前と入社後のギャップで仕事を辞めてしまわないように、採用方法を見直します。採用後のギャップが少ない求人原稿にする、適切な求人媒体で人材募集をするのが採用方法見直しのポイントです。

離職率にお悩みだったら「Workin」

離職率を抑えるために、会社の制度などを見直すことは大切です。しかし、制度の見直しばかりでは、今後入社する社員に対して不十分といえるでしょう。

離職率の改善策を進めたあとは、採用活動に力を入れ、会社の魅力をうまくアピールしていくことが大切です。

さらに、新入社員が入社前に抱いていたイメージと入社後のイメージが異なるために会社を離れてしまわないよう、求める人材と求職者の求める条件をうまくマッチさせる必要もあります。離職率にお悩みでしたら、Workinをうまく活用してみましょう。

地方に特化した求人サイト

Workinでは、東京や大阪などの首都圏の求人も掲載していますが、特に地方に強みがあります。東北、北陸エリアに特化した求人サイトです。地方の企業様、地方へ転職される方、就職を希望される方に安心してご利用いただいています。

自社を求める人材に情報提供

離職率を抑えるには、自社をしっかりアピールすることが大切だと紹介しました。さらに詳しく情報提供をする為には、自社採用ホームページを作成する事により、求めていた人材を効率良く集めることができます。

そこで、採用ホームページが簡単に作成できる、オールインワン型採用管理システムの「Talent Clip」がおすすめです。

Talent Clipでできること

Talent Clipを導入することで何ができるのでしょうか。ここではTalent Clipの機能を紹介します。

■自社採用ホームページの作成
Talent Clipには、自社採用ホームページ作成の機能が備わっています。

採用ページ作成となると難しいイメージがあるかもしれませんが、Talent Clipなら難しい操作や知識は必要ありません。テキストの入力、直感的な画像の配置の簡単な操作で自社採用ホームページができます。

採用ホームページがあれば、より広い採用候補者に対して自社をアピールできますし、自社で作成することによってホームページ作成の外注費を削減することもできるでしょう。

■求人票の作成
Talent Clipでは、社員用、バイト用などのテンプレートを用意しており、テンプレートを埋めれば簡単に求人票を作成できるシステムになっています。テンプレートによって、求職者に有意義な情報を提供できるのもポイントです。

■応募者管理や採用プロセスなどの情報管理
応募者情報は、独自のタレントデータベースとしてTalent Clipの中に蓄積されていきます。蓄積された情報をもとに、採用プロセスなどまとめて管理することが可能です。

Talent Clipの詳しい情報は、Talent Clip公式サイトよりご覧ください。

離職防止と、ミスマッチの少ない採用をうまく組み合わせるために、TalentClipをご活用されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

社員がすぐに辞めてしまう離職率の高い会社には特徴があります。社員の定着が悪いと感じているなら、社員にとってマイナスな部分が多くないか、まずは会社の現状を把握することからはじめてみましょう。