【小売業の課題】スーパーが人手不足になる原因と対策

スーパーが人手不足に悩む原因と解決策について紹介します。

スーパーが人手不足になってしまう主な原因

スーパーのような小売業は、パートやバイトなど、正規社員よりも非正規で働く人の多い業界です。柔軟性のある非正規での募集は人が集まりやすいように感じるかもしれませんが、実際にはなかなか人が集まらず人材不足に苦労している店舗も見られます。

スーパーで人手不足に陥る原因はさまざまですが、たとえば以下のような問題が原因です。

人間関係に関する問題

人間関係の問題はどの業界でも挙げられることですが、スーパーという限られた空間の中では、人間関係に少しでも問題があると、仕事を続けるのが難しくなります。

限られた空間の中だとグループなどができ、新しく入った人は意見がしづらいなどの、ぎくしゃくした雰囲気になる可能性もあります。

このような人間関係や職場内でのグループ意識は、人によっては退職の大きなきっかけとなることもあるでしょう。

さらに、グループ意識が強いと、グループ内の仲間が仕事を辞めることにつられて退職する人も出てきますので、人間関係が固まってしまっているスーパーは人手不足に陥りやすいです。

カレンダー通りの休みが取りにくい

一般的な会社員の働き方と違い、スーパーの多くは年中無休です。むしろ、会社員が休みであることの多い土日祝は、スーパーにとっては集客が見込める日ですので、セールを実施するなどいつもより人手がほしい日になるでしょう。

土日祝だけでなく、お盆や年末年始といった、一般的な会社員なら連休になるような日も、お店にとっては忙しい時期ですので、休みづらいかもしれません

スーパーが人手不足になりやすいのは、このように休みが不定期になりがちなことが理由のひとつです。

給料が安くなりがち

他業種と比較すると、スーパーの給料は高くはないことが多いです。もちろん、スキルやシフトによって給料は変わってきますが、地方を中心に最低賃金に近い給料のスーパーも多いです。

多くの人手が必要なため、他業種と比較するとあまり高い給料で雇えない事情もあるのですが、求職者からすると働くメリットが少なくなってしまいます。

ほかにスーパーのメリットといえば、繰り返しの作業が多く、未経験でも取り組みやすそうという点かもしれません。

しかし、レジでの長時間の立ち仕事、品出し作業での重い荷物の運搬など、体への負担もかかる仕事も多く、時給が割に合わないと感じる人も多いようです。

人手不足を解消するための対策

ここまで、スーパーで人手不足が起こる主な原因について説明してきました。

まずは原因を把握することが重要ですが、原因を知ったあと、どのような対策を店側としてとっていくのが良いのでしょうか。スーパーでの人手不足解消のための対策をふたつ紹介します。

労働環境を改善する

働き方改革関連法の施行により、労働環境の改善は急務となりました。特に重点的な対策が必要なのが、長時間労働の改善や休暇の取りやすさについてです。

いずれも、スーパーでの働き方の課題であり、人手不足の原因になるものですので、この機会にしっかり改善を図れるようにしましょう。

働き方改革関連法の中には、年次有給休暇の義務化など店側が柔軟に対応しなければならない部分もありますので、改善を図るには生産性向上の見直しが必須です。

ICTを導入して限られた人数でも仕事を回せるようにし、従業員には十分に休暇を取ってもらえるような環境を作る。あるいは、現状として行われている仕事を洗い出し、ムダな部分や非効率な部分を省いていくなどの、工夫と見直しを実施していきましょう。

労働環境の改善は、働き方改革関連法に対応できるようにするだけでなく、今いる従業員やこれから採用する従業員が働きやすいと感じられる職場にするための重要なポイントです。

求人募集はターゲットに合う媒体を利用する

人手不足を補うための求人募集は、どのような方法で実施していますか。店舗内に求人募集のポスターを貼る、従業員から知人を紹介してもらうなど、さまざまな募集方法があるでしょう。

既存の募集方法でなかなか人が集まらないのであれば、採用したいターゲットにあった募集方法に見直すべきです。

たとえば、若い世代のインターネットやスマートフォン普及率は高いので、高校生や大学生などにターゲットを絞るのであれば、Web求人サービスを利用するのが効果的でしょう。

若い層ではなく、中高年をターゲットにするなら、地域の求人雑誌に掲載するなど紙媒体の求人サービスを利用する方法もあります。

ただ、50代であっても7割以上はスマートフォンを利用している調査結果もありますので、基本的にはWebベースで考えるのが良いです。

幅広い世代がインターネットやスマートフォンを活用している時代ですので、Web求人サービスであれば、より多くのターゲットにアプローチできます。

出典:総務省「第1部特集人口減少時代のICTによる持続的成長

Talent Clipなら幅広い年齢層へ求人アピールできる

幅広い年齢層にアピールして人手不足を補いたいなら、オールインワン型の採用管理システム「TalentClip」の利用を考えてみてはいかがでしょう。

紙媒体のみの募集で、今後はWebでの採用活動もはじめていきたいスーパーにもおすすめです。スーパーは幅広い年齢層の人が活躍する職場なので、紙媒体とWebの両方を活用すれば、効率良く求人活動を進めることもできます。

求人票の作成などは、TalentClipで簡単に作成でき、以下のような機能でWeb上の採用活動も少ない工数で効率良く進められます。

・システム内で求人票を作成して効率よく求人を公開(外注の必要なし)
・タレントプールを活用して効果的なタイミングで必要なタレントにアプローチ
・採用活動終了後もタレント(人材)情報のキープが可能
・地域密着型の求人サイトとWorkin自動連携が可能

TalentClipの活用で、少ない手間で効率良く人材不足を解消しませんか。

まとめ

スーパーが人手不足に悩むのには原因があります。まずは原因を明らかにして、できるところから対策をはじめていきましょう。求人募集のやり方に問題があって人が集まらないなら、Talent Clipを活用するなど採用活動の効率化も図っていきたいところです。