人仕事通信
Workin.jp >  >  >  宮城県が移住先におすすめな理由とは?自然豊かで充実した生活環境!

宮城県が移住先におすすめな理由とは?自然豊かで充実した生活環境!

宮城県は東北6県の中でも人口が多く、豊かな自然にも囲まれており、移住に適した環境が備わっている場所です。

この記事では、宮城県の移住先としての魅力を食や環境だけでなく、子育て・教育支援制度や移住支援の取り組みなど、幅広い情報を紹介しています。

宮城県への移住を検討している方は、ぜひ最後まで目を通し、情報をご活用いただければと思います。

宮城県ってどんな場所?

「宮城県のイメージは?」と問われて、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。ここでは、宮城県の基本情報と食や風土など、宮城県が持つ魅力について紹介します。

基本情報

宮城県の人口は「約232万3千人(平成29年度)」で、東北6県の中でも1,2を争っています。

出典:総務省統計局ホームページ
https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

仙台・県北・県南・三陸の4つのエリアに分かれ、1982年に開通した東北新幹線により、主要都市からアクセスしやすいのも特徴です。

食・風土

海に面している宮城県は、世界三大漁場の1つとして有名な「三陸沖」に隣接しているため、新鮮な海産物が豊富にとれます。サンマやホヤ、戻りガツオに加え、牡蠣の養殖も盛んに行われており、加工品では「笹かまぼこ」も有名です。

その他にも戦国武将で有名な伊達政宗公が製造に力を入れたとされる「仙台みそ」や宮城豚・仙台牛といったブランド肉、「ひとめぼれ」「ささにしき」などのお米が知られています。

食だけでなく、温泉地としても有名で、約1,500年の伝統を誇る「秋保温泉」は、伊達政宗公も愛したと伝わるほど、長い歴史があります。

その他にも、鳴子温泉や作並温泉など、各地に温泉地が多数あり、日帰り入浴ができる場所も豊富にあります。

温泉で体を癒やし、新鮮な海産物を味わえる。このような特徴も、宮城県の大きな魅力ではないでしょうか。

宮城県の生活環境

宮城県の魅力について知ったうえで、生活する環境についても気になるのではないでしょうか。ここでは、宮城県の気候や暮らしに関わる住居・交通アクセスについて紹介します。

気候

東北地方の太平洋側に位置する宮城県ですが、比較的温暖な気候の地域です。山沿いでは降雪も多くなりますが、仙台市内などの太平洋側の地域では比較的少ないという特徴があります。梅雨の時期は蒸し暑くなることはあまり少なく、ちょうど良い気候で過ごすことができます。

西には奥羽山脈があり、四季折々の姿を楽しめます。奥羽山脈から流れる川は海へ繋がり、山・川・海・平野などの自然にも恵まれ、海産物のみならず米や農作物も豊富で、暮らしやすい環境です。

暮らし

宮城県の地価は、都心部の約10分の1程度ともいわれています。住宅購入する場合の平均価格は、3万8,600円/㎡(平成30年度)です。

出典:宮城県ホームページ「 市(区)町村別・用途別集計表(平均価格・平均変動率)
https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/704007.pdf

東京都の平均が約42万円であることと比較すると、宮城県の方が住宅を購入しやすい地価であることがわかります。

出典:東京都財務局「平成31年地価公示 区市町村別用途別平均価格表」https://www.zaimu.metro.tokyo.lg.jp/kijunchi/31kouji/05heikin.pdf

交通アクセスに関しては、仙台市において2015年に東西線が開通したため、南北のみならず県内の東西への移動も便利になりつつあります。

宮城県の子育て・教育環境

宮城県の気候や暮らしに関わる環境について確認したところで、気になる子育て・教育環境についても見ていきます。

保育から小学校の支援が手厚い

宮城県は、保育園・幼稚園から小学校時期の支援が手厚い点に特徴があります。

■県の取り組み
・小学校準備支援業

小学校に入学する児童一人につき、各市町村が定めた祝い金や入学用品が支給されます。市町村ごとに内容に違いはありますが、宮城県内全てで行われている制度です。

・子育て支援パスポート

18歳以下の養育をしている子育て世帯に対し、配布されているカードで、登録すると提携先の企業や店舗でさまざまなサービスが受けられます。

■仙台市の取り組み

・子ども・子育て支援新制度

平成27年4月に導入された制度で、市区町村を実施主体とし、幼児期の保育や子育てニーズに応えるための活動を行っています。

○認定こども園の設置手続きの簡素化や財源の確保
○保育の量的拡大と質的充実を図る
○地域の子育て支援・交流施設の充実

上記3つを中心に、仙台市子ども・子育て会議などで事業計画の審議を続け、より良い支援の実現に向けて取り組んでいます。

・仙台すくすくサポート事業(ファミリー・サポートセンター事業)

子どもを預かって欲しい方(利用会員)が預かることができる方(協力会員)に、1時間700円から預けることができるサービスです。

協力会員は事務局が行う面接や講習の受講を行った方のみで構成され、保育園や習い事の送迎などにも対応しています。

・仙台市第3子以降小学校入学祝金

仙台市内に在住の第三子以降が入学する際に、入学準備資金として3万円が支給される制度です。

ICT活用による児童の学力向上

子育て支援だけでなく、子ども一人ひとりの学力向上へ向けた取り組みも積極的に行われています。

・MIYAGI Style

宮城県内での教科指導におけるICTの積極的な活用を促すため「MIYAGI Style」と名付け、導入促進を行っています。

一斉学習から協働学習さらに個人学習へ、段階的にタブレット端末などのICT活用を進める方針で、教師用としてiPad約1,000台が導入されました。いずれは児童生徒一人につき1台導入することを目指しています。

遠隔による出張授業のほか、学級で学習困難な児童・生徒が、それぞれの学習ペースに合わせて学べる「個別学習教材」としての活用も期待されています。

宮城県の移住支援

宮城県では、移住支援も積極的に行っています。

・移住金支援制度
東京23区から、宮城県へ転入すると支援金が受け取れる制度です。世帯移住で100万円、単身移住で60万円が支給されます。

制度を利用するには「みやぎ移住ガイド」に掲載の企業へ就業する、などの条件を満たす必要があります。宮城県で起業する場合は、みやぎUIJターン起業支援補助金の活用が可能です。

東京の有楽町には「みやぎ移住サポートセンター」が設置されており、移住を検討している方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

宮城県は、東北地方ながら比較的積雪も少なく、食や環境なども良好で、移住先として魅力ある場所です。子育て支援制度も豊富にあり、全国的にもICTをいち早く授業に取り入れるなど、教育の面にも力を注いでいます。

都心を離れ、落ち着いた場所でのびのびと子育てをしたい、実家の近くに移り住みたい、などの理由で移住を検討している方は、移住支援制度も積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

そして、宮城県での就職先探しには、Workinをぜひご活用ください。東北、北陸エリアに特化したWorkinでは、宮城県の求人情報も豊富に掲載しています。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS